公開日:2020/03/10

11

素朴な疑問

口を付けたペットボトルの飲み物、いつまで飲める?

口を付けたペットボトルの飲み物、いつまで飲める?

 

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

 

ペットボトルの飲み物を飲み切れないことってありますよね。見た目にはわからないけれど、もしかしたら、直接口を付けたペットボトルの中には細菌が入り込んで、飲み物が傷みやすくなっているかもしれないわよね? 飲み残した分はいつまで飲んで大丈夫なのでしょう。その日のうち? 冷蔵庫に入れたら2〜3日は大丈夫なの? 気になったので調べてみました!

 

まず、口を付けて飲んだペットボトルには、やはり口の中の細菌が移ってしまうそうです。入り込んだ細菌は、飲み物に含まれている糖分やたんぱく質などの栄養、そして、水分でどんどん増殖していきます。ある実験では「一晩で1個の細菌が10万個にまで増えた」という結果が出ているんですって(想像すると怖い……)。

 

飲み物は1mL当たり1000万個まで雑菌が増えると、臭いや色に「もう飲んじゃダメだな」と、わかるくらいの変化が見られます。でもそうなる前にも、雑菌はどんどん目に見えない形で増え続けているんです。

 

ペットボトルに入った雑菌がどれくらい増えるかは、飲み物によっても変わります。甘いジュースや乳酸菌飲料は、とても栄養が豊富なので、雑菌が増えやすくなります。緑茶はカテキンの作用によって雑菌の繁殖が抑えられ、増えにくいそうです。ミネラルウォーターは一番雑菌が増えにくい飲み物です。

 

さらに、雑菌の増殖は温度にも影響されます。雑菌が最も増殖しやすい温度は25〜35度。だから、夏場の暑い時期に長時間飲みかけのペットボトルを放置するのはとっても危険。もし飲みかけのペットボトルがあったら、少なくとも、なるべく涼しいところに置きましょう。できれば冷蔵庫に入れて保管しておけるといいですね。ちなみに冷蔵庫内の温度は、だいたい4〜10度くらいです。

 

口を付けたペットボトルの飲み物で食中毒にならないためには、その日のうちに飲み切るのが目安となります。また、暑い時期や、糖分・栄養分が多い飲み物の場合は、開封から9時間以内が安心の目安となるそう。目安の時間までに切りよく飲めそうな、小さめのサイズのペットボトルを選ぶのも、食中毒対策になるでしょう。

 

もしペットボトル飲料を開けるときに最初から「飲み切れなさそう」と思ったら、飲み物をコップに注いで、直接口を付けないようにするといいですね。ちなみに、口を付けない場合も、キャップを開栓すれば多少なりとも雑菌が入り込むので、冷蔵庫に入れたとしても、2〜3日を目安に飲み切るのが理想的です。

 

■人気記事はこちら!
知ってるようで実は知らない?
素朴な疑問ランキング

 


 

参照:ママテナ

   いこーよ

   MONO TRENDY

 

 知らないって怖い……
知らないって怖い……

 

イラスト:飛田冬子

 


人に話したくなる面白雑学「素朴な疑問」

 

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ