1話10分で教養が身につく動画講座~口腔ケア~

口腔内の汚さが肺炎・要介護になる分かれ道

公開日:2020/09/14

1

口腔内が汚いと、肺炎など重篤な病気のリスクが高まることを知っていますか? 病気だけでなく筋肉の萎縮や認知症にもつながります。歯科医師の河原英雄さんと上濱正さんが予防歯科と全身の健康の関係について語ります。(全4話中第2話)

口腔ケアを怠ると寝たきりにつながりやすい

口を清潔にすると肺炎を防げて、元気になる!


河原 誰もが綺麗な口を持っています。ところが、その口が汚れてくると、ばい菌だらけになります。そうすると、ばい菌が口の中でぶわっと広がって、それが血液を通して全身に広がることもあります。

そのときに一番の問題となるのが、肺炎です。肺炎を予防するためには、口を清潔にすることが一番大切です。1999年に米山武義先生が、「介護高齢者に対する口腔衛生の誤嚥性肺炎の予防効果に関する研究」を『ランセット(Lancet)』という雑誌に発表しました。そこで示されたのは、徹底的に口を清潔にすると、肺炎が半分に減ったということです。これは驚異的なことで、世界中が驚かされました。

口腔ケアで健康になり、海外旅行へ

口腔ケアと肺炎の関係性

河原 以上のような論文が1999年に出たのですが、その1年後の2000年には、次のような症例がありました。私のお友達のお母さんだったのですが、彼女は病院に入院していました。しかし、口の中がかなり汚れていたのですが、それでも当時は、何もせずに食事を食べさせていました。

しかしその後、口腔ケアをしてから食事を食べさせるようにしたところ、2週間くらいで、それまでできなかった運動ができるほど、元気になりました。次第に唾液も出てきて、最終的には海外旅行に行くまでになりました。

上濱  もはや何もしないで余命を待つという状況で入院している方も、口をきれいにして口から食事を食べさせるリハビリ治療に変えたところ、一週間後には非常に良い状態になったのです。

寝たきりは体の問題でなく、脳の健康も大事

上濱 このように、口の中をきれいにする口腔ケアを行うことで、サルコペニアという筋肉の萎縮が治り、普通に歩けるようになることもあります。

全身の筋肉に栄養をつけ、動くことももちろん重要なのですが、実はこの判断は脳で行われています。そのため、噛んで食べ、味わうことにより、脳にいろいろな情報を入れてあげることが重要です。脳はこれらを統合して処理することで、最終的には、寝たきりから歩けるようになります。

全身のフレイル(身体の衰え)をなくすためには、最初に口腔のフレイルをなくし、お口を元気にしていくことが重要なのです。われわれは、これを目標にしています。

自分の歯を保てなければ、インプラントや入れ歯になる

インプラントのイラストイメージ


河原 口の健康、つまり予防歯科は一番大切なものです。子どものときから大人になるまで、しっかりと予防し、自分の歯を丈夫に保てば、60~70歳まで自分の歯を維持することができます。しかし、これに失敗すると、入れ歯になってしまいます。

入れ歯になってしまった際には、例えばインプラントがあります。しかし、誰もがみなインプラントにできるわけではありません。できない人はやはり、昔ながらの総入れ歯になります。

一般に、総入れ歯とは噛む道具であり、普通に使えばしっかりと噛めると思われがちです。
ところが、数年前に介護支援専門員へのアンケートをとったところ、最も問題があるとみなされているのは、「入れ歯があっていない」「咬めていない」というものでした。

私は、入れ歯はしっかり噛めるものにしなければならないと思って、若い医療従事者たちにはその点を強調して伝えています。

入れ歯は、「よく噛めること」「よく喋れること」「ますます健康になること」「若返ること」「丈夫で長持ちできること」が重要です。

前歯で噛むと脳の血流がアップする

前歯で草を噛むパンダ

河原 動物は、当然ながら前歯で噛みます。動物に前歯がなくなると、当然命がなくなります。こうしたことを、私は40年以上前に総入れ歯についても同様に習いました。つまり、総入れ歯でも、前歯で噛めることが非常に重要なのです。

この実験でわかったのは、前歯で噛むと、脳の血流がすごくアップするということです。特に前頭前野です。こうしたことから、噛むことによって人の脳が目覚めるという点について、今後もたくさんの研究を行うと面白いのではないかと思っています。


1話10分で教養が身につく動画講座「口腔ケア」シリーズは、隔週ごとに公開予定です。更新のお知らせは、ハルメクWEBメールマガジンでお知らせします。ハルメクWEBメールマガジンの会員登録は、ページ下部のWEB会員特典<無料会員登録>からお願いいたします。

 

  1. 噛み合わせが大切!歯の病気は全身の病気につながる?
  2. 口腔内の汚さが肺炎・要介護になる分かれ道
  3. 入れ歯治療によって克服された4つの障害
  4. 健康長寿の究極は予防歯科である

 

テンミニッツTV

 

東京大学をはじめとする日本の大学教授や一流企業の経営者、特定分野の世界的権威である医師など、多分野の有識者が出演する教養メディア。1話10分で大人の教養を身につけられます。講義内容は動画だけでなくテキストでもご覧いただけます。https://10mtv.jp/

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ