2019/04/16 0

アパートとマンションは何が違うの?

 

アパートとマンションは何が違うの?

 

先日、友人がお引越ししたとのことで、ケーキを持って遊びに行ってきました。10階建てマンションの8階にあるお宅ということもあり、テラスからの見晴らしもよくてとっても素敵でした! 晴れていると遠くの山なども見えるそうで、「マンションもいいわね~」と思いながら帰ってきました。

 

季節柄お引越し祝いを送る機会もあるんですけど、「○○レジデンス」とか「○○ヒルズ」、「コンフォート○○」など、本当にさまざまな名前がありますね。ちょっと懐かしい「コーポ○○」とか「○○ハイツ」なんていうのは、もう流行りじゃないのかしら。

 

ところで、マンションとアパートってどうやって区別しているんでしょう? なんとなく「高いのがマンション」「低いのがアパート」っていうイメージですけど、何か明確な違いがあるのかしら? ちょっと気になったので調べてみました。

 

住居や建物に関係する法律には、建築基準法や宅地建物取引業法などがありますが、これらにはマンションとアパートの区別についての明確な定義は定められていないんですって。複数の住居が集合している建物はすべて「共同住居」とされているそうです。つまり、法律上はマンションもアパートも同じってこと。えっ!? じゃあ、不動産屋さんのサイトに記載されているのは「テキトーに区別してる」ってことなの? 

 

もう少し詳しく調べてみましょう。不動産屋さんのサイトなどでは、一般的に木造や軽量鉄骨造(プレハブ工法)などで2階建て程度の共同住宅をアパート、鉄筋コンクリート造(RC造)や鉄筋鉄骨コンクリート造(SRC造)など堅固な造りで高層・住居数が多いものをマンションとしているそうです。ということは、やはりワタシのイメージ通りの区別の仕方だったというわけですね。

 

入居者募集の際のイメージも大きいそうです。例えば、マンションとしておくと「しっかりした造りの建物」とか「広い(であろう)からファミリーで住むのによさそう」などというイメージにつながりやすいですし、アパートだと「家賃がそんなに高くなさそう」「ひとり暮らしに向いていそう」などといった感じですね。これが入居応募者の増減にも影響するんですって。

 

ちなみに、「メゾン○○」(昔こんなアニメがあった……)とか「○○ハイツ」などのマンションやアパートの名前も、同じく明確な定義はないそう。物件管理会社や大家さんの好みでつけているそうですよ。

 


 

参照:不動産情報サイト事業者連絡協議会

   スーモ

 

タワーマンションもちょっと憧れちゃう
タワーマンションもちょっと憧れちゃう

 

イラスト:飛田冬子

 


知っているようで実は知らない?素朴な疑問ランキング 

 

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ