公開日:2019/03/28

1

素朴な疑問

酒風呂にはどんな効果があるの?

酒風呂にはどんな効果があるの?

 

キッチンの戸棚の整理をしていたら、飲み忘れていた日本酒が見つかりました。ラッキー! 今夜は日本酒で晩酌ね、と思っていたら、製造日から2年ほど経っているものでした。開封はしていなかったのですが、おいしく飲める時期は過ぎています。

 

そこで、前から試してみたかった酒風呂を楽しんでみることに! いつも通りにお風呂を沸かして、日本酒を500ccほど入れてみます。お酒のいい香りが漂って、お湯もやわらかくまろやかな感じです。

 

じっくり浸かっていると、お肌はツルツル、身体はポカポカに! お風呂からあがったあとも、温かさがしばらく続くことにびっくり! 酒風呂って、もしかして肌や健康にいいのかも?

 

興味が出てきたので、酒風呂にはどんな効果があるのか調べてみることにしました。

 

酒風呂の効果のひとつめは、日本酒のアルコール成分により血行が促進され、身体が芯から温まるという点です。血行がよくなると、肩こりや疲労回復の効果があるだけではなく、発汗機能も高まるため、皮膚の老廃物や余分な皮脂も排出されるのだそう。身体が温まることでリンパの流れもよくなるので、冷えが改善されたりむくみがとれるのもうれしいポイントです。

 

酒風呂の効果のふたつめは、日本酒に含まれるアラニンやプロニン、アスパラギンなど20種類以上の天然のアミノ酸や、ミネラルなどの美容成分がもたらす美肌効果です。20種類のなかでも、セリンと呼ばれるアミノ酸は、人の肌にもともと含まれている天然保湿因子(NMF)の主成分と同じもので、肌を保湿し潤いをもたらすのだとか。

 

酒風呂に入ったときの肌のツルツルぐあいや、次の日のふっくらした感じは、気のせいだけではなかったのですね! では、酒風呂の効果的な入り方ってあるのでしょうか?

 

普段と同じようにお風呂を沸かし、日本酒2~5合(360~900cc)を入れ、しっかりかき混ぜて入浴します。身体が温まったら湯船から出て身体を洗います。その後、もう一度湯船に浸かってじっくり温まったらお風呂からあがります。

 

使用する日本酒は、安価なものでも大丈夫ですが、合成ではない清酒を利用しましょう。また、酒風呂は通常のお湯に比べて洗浄力が強めです。そのため、最初はお湯の汚れがひどくなることがありますが、何度か入っているうちに徐々に汚れが少なくなるそうですよ。

 

寒い時期によさそうな酒風呂ですが、じつは夏もおすすめ! ジメジメして憂鬱になりがちな梅雨時や、冷たい飲みもののせいで内臓が冷えがちな夏に入ると、夏バテせずに過ごせるのだそうです。暑い時期は、お湯をややぬるめにして入ってみてください。

 

 

■人気記事はこちら!

 


 

参照:こめから.jp

   湯や福ノ湯

   道家道学院

   日経ビジネス

 

酒風呂よりも、お風呂でちょっと一杯やりたくなっちゃいそう!
酒風呂よりも、お風呂でちょっと一杯やりたくなっちゃいそう!

 

イラスト:飛田冬子

 


この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ