2019/02/08 1

お寿司屋さんで、なぜご飯のことをシャリって言うの?

 

廻るお寿司屋さんもいいけど、たまには、板前さんとカウンター越しに向き合って、ウニくださいとか、トロくださいとか注文してみたいわ。でも、いまはガマンよ、ストレッチしたり、ウォーキングに出かけて、体を絞って目標値を達成するまでは。そうしたら、お父さんと一緒に存分にいただきます。(お財布の中身を気にしながら)

 

さて、今日の疑問は、お寿司屋さんのこと。お寿司屋さんでは握り寿司の握り(すし飯のことですね)のことを「シャリ」と言いますよね。どうしてシャリと呼ばれるようになったのでしょうか?(食べてもシャリシャリ音はしません)気になったので早速調べてみました~。

 

まず、シャリの由来については大きく2つのいわれがあります。

 

ひとつ目は、東京都世田谷区砧にある成城山 耕雲寺さんのブログ「仏教から生まれた日常の言葉」第63話舎利(シャリ)が参考になります。

 

シャリの語源はお釈迦さまの遺骨「仏舎利(ぶっしゃり)」に由来しているとのこと。その理由として、仏舎利は非常に微細でその形が米粒に似ているからだそうで、お米のことをシャリというようになったというのです。ちなみに、仏舎利は、現在東南アジアの仏教国に散在しています。お釈迦さまの遺体は古代インドで火葬され、その遺骨は細分化され、インド各地に運ばれて仏舎利塔が建てられました。(日本の五重塔も仏舎利なんですよ!)

 

さらにもう一つのシャリの由来を見ていきましょう。『ふしぎな雑学読本(坪内忠太著)』によると、サンスクリット語で米という意味の仏教用語「シャーリ」からきているという話が紹介されていました。

 

どちらの説が正しいのかはわかりませんが、どちらであったとしても仏教に由来すること、お米を大切に扱ってきたということがわかりますね。

 

米粒ひとつも残さないオンナと呼ばれているワタシですが(笑)、日々食事ができることに感謝しているからなのです。(そういうとカッコイイですけど、単なる食いしん坊)

 

参照:成城山 耕雲寺のHPより

   All AboutNEWSより 寿司用語の由来あれこれ

【参考文献】

ふしぎな雑学読本(著者:坪内忠太 ゴマブックス)

 

シャーリ=お米のほうが美味しくいただけそう

 

イラスト:飛田冬子 

 


知っているようで実は知らない?素朴な疑問ランキング

 

水の飲み過ぎはいけないって本当?
しゃっくりの上手な止め方とは?     
ヒジキは食べ過ぎると体に良くないの?
お賽銭の金額はいくらがいちばんいいの?     
お祝い事があるとなぜ紅白饅頭が配られるの?     
日本人の身長が低くなってるって本当?
園遊会に、私も参加することはできるの?
親知らずって抜歯したほうがいいの?     
銀行口座を10年以上使っていないと下ろせなくなる?
家電寿命10年説の真実に迫る!

 

素朴な疑問TOPはこちら

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ