素朴な疑問すじこといくらの違いは?ほぐれてるだけじゃないの?

公開日:2022/06/10
すじこ いくら 違い
プチプチ食感がおいしい!

 

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

 

この間、スーパーに行ったときのことです。お魚コーナーで、おいしそうな「すじこ」を発見しました。隣に目を移してみると、同じくおいしそうな「いくら」も並んでいます。しかも、どちらも同じくらいのお値段……あ〜、迷っちゃうわ!

 

すじこといくら、どちらにしようかなと考えていたら、ふと疑問が浮かび上がりました。

 

そもそもすじこといくらって、何が違うのかしら?ほぐれてるか、ほぐれていないかの違いだけじゃないの?気になったので調べてみました!

 

すじこといくらの違い

すじこといくらは、どちらも同じ鮭(サケ)・鱒(マス)の魚卵です。卵巣膜に入ってつながった状態のものが「すじこ」、膜からほぐして卵を1粒ずつバラバラにしたものが「いくら」です。

 

ここまでは知っている人も多いと思いますが、実は「味わい」にも違いがありました!

 

すじこ:未熟な卵で柔らかな食感

すじこ:未熟な卵で柔らかな食感

すじこは、卵巣膜によってつながったままの鮭(サケ)・鱒(マス)の魚卵のことです。一般的に、塩漬けされたものが販売されており、加工前のものは「生筋子」と呼ばれます。

 

すじこといくらでは採卵する時期が異なるため、卵の成長状態も違います。すじこの方が未熟な卵を使うため、柔らかな食感をしていることが特徴です。

 

いくら:成熟した卵でプリプリした食感

いくら:成熟した卵でプリプリした食感

いくらは、すじこをほぐして卵を1粒ずつバラバラにしたものです。塩漬けや醤油漬けされて販売されています。ロシア語で「小さくてつぶつぶしたもの」「魚卵」を意味する「ikra」がいくらの語源です。

 

いくらには、産卵間近になり、卵殻がある程度硬くなり始めた卵(すじこ)が使われます。卵が成熟しているため、プリプリした食感になることが特徴。張りがあってプチッと弾けるので、食感も楽しめます。

 

すじこといくらはどっちが高級?

すじこといくらでは、どちらの方が高級なんでしょうか? 一般的には、いくらの方が高いイメージがありますが、値段設定はメーカーや販売店によっても異なるそうです。

 

すじこもいくらも同じ価格にしているところもあれば、値段設定を変えているところもあるみたい。値段にあまり違いがないなら、食感や見た目、使い方など好みに合わせて選べば良さそうね!

 

■人気記事はこちら!


参照:北海道ぎょれん

   たべごと

   オリーブオイルをひとまわし

 

ハルメク子さん
今夜はいくら丼にしようかしら♪

 

イラスト:飛田冬子


\ この記事をみんなに伝えよう /

365会員特典

365会員に登録する
お試し会員に登録する
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line

ハルメクのおすすめ記事がLINEに届く!LINE友だち追加