公開日:2021/08/14

3

素朴な疑問

おいしい桃の選び方は? 切り方は?

 

おいしい桃の選び方は? 切り方は?
おいしい桃の選び方は? 切り方は?

 

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

 

最近、スーパーで桃が並んでいるのを見かけました。山梨県産の有名なブランド桃だそう。夏はジューシーで甘い桃を食べるのって楽しみですよね。できることならおいしい桃を選んで買いたいところですが、桃の上手な選び方ってあるのかしら? さっそく調べてみました!

 

おいしい桃の選び方は?

おいしい桃の選び方は?

色や大きさなど、おいしい桃の選び方のポイントをご紹介します。

 

桃は、一般的に形がきれいな左右対称で、ふっくらとした丸みがあり、全体的に色づいているものを選びましょう。ですが、実が柔らかくなったものや皮が黒っぽくなっているものは、熟し過ぎや傷んでいる可能性があるので注意が必用です。桃の種類別の選び方のポイントは以下の通りです。

 

  • 赤い桃の品種

赤い種類の桃の場合は、全体的に鮮やかな赤色になっているものを選び、甘い香りがするものがいいでしょう。軸の周辺の果皮が黄緑色の桃は、未熟の場合があります。また、濃い色をした果皮の部分が白い斑点(果点)のようになっているのは、甘みが強いとされています。

 

  • 白い桃の品種

白い桃の場合も、果皮が黄緑色の場合はまだ熟していません。きれいなクリーム色のものを選びましょう。

 

  • 黄色い桃の品種

黄色い桃は、全体が鮮やかな黄色のものを選ぶのがいいでしょう。中には果皮が黄色ではなく、赤くなっているものもあります。これは袋がけをせずに育てられたもので、濃厚な味わいを楽しめます。

 

また、桃の皮にはうぶ毛のようなものがありますが、全体にしっかりうぶ毛があり、傷がない桃がおいしいそうです。

 

熟した桃は甘い香りがします。香りがあるかどうかもチェックしましょう。

 

一般的には、お店に並ぶ頃に熟した状態になるよう、完熟になる2~4日前に収穫されます。中にはまだ熟していない黄緑色が残った桃は、熟すまで常温でしばらく置いておき、食べる2~3時間前に冷蔵庫に冷やしておくのがおすすめです。

 

桃の切り方は?

桃の切り方は?

実が柔らかい桃は、包丁で切るとつぶれて果汁があふれてしまうことも……。そこで、上手に切る方法を調べてみました。

 

  1. モモの凹みに包丁を当てて種に沿うように半分に切り込みを入れます。
  2. 切り込みに沿って、手で優しく上下にひねり、半分に割ります。果肉が崩れないように少しずつひねるのがポイント!
  3. 半分の桃をさらに4~6等分に切ります。※種が付いている方は、手で持ったまま切り込みを入れ(まだ種はついたまま)、ついていない方はまな板の上でカットします。
  4. 種のある方の実は、種に沿って上下に動かすように包丁を入れて種を外します。
  5. まな板の上に桃を置き、包丁を果肉と皮の間に入れ、桃を回転させながら包丁を動かして皮をむきます。包丁を寝かせたままにすることできれいにむけます。

 

きれいに切り分けるには、ちょうど食べ頃の桃を選ぶのが大切です。ヘタの当たりを指で触ってみて、グレープフルーツやオレンジの皮程度の弾力があれば食べ頃のサインです。

 

 

■人気記事はこちら!

 


 

参照:山形 味の農園

   果物情報サイト 果物ナビ

   FOODIE

 

練習するためにたくさん桃を買わなくちゃ!
練習するためにたくさん桃を買わなくちゃ!

 

イラスト:飛田冬子

 


この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ