公開日:2021/07/24

0

素朴な疑問

ピラフとチャーハンの違いは?

 

ピラフとチャーハンの違いは?
ピラフとチャーハンの違いは?

 

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

 

先日、ピラフを夕飯に出したら、娘に「おいしそうなチャーハン!」と言われました。そういえば、ピラフとチャーハンの違いって何かしら? いい機会だから調べてみることにしました!

 

ピラフとチャーハンの違い

ピラフとチャーハンの違い

同じお米の料理ですが、ピラフとチャーハンはどう違うのでしょうか? それぞれの特徴をまとめてみました。

 

  • ピラフ

ピラフは、フランス発祥の料理で、生米と野菜などの具材を一緒に炒めてから、ブイヨンベースなどの洋風スープの中に入れて炊き上げます。

 

  • チャーハン

チャーハンは中国発祥の料理で、炊いたお米に肉類や野菜、卵などの食材を加えて醤油やごま油で炒めたもの。

 

ピラフとチャーハンの決定的な違いは「お米を生のまま使うか、炊いたものを使うか」という調理方法。ピラフは生米を使い、炊くときにスープをたっぷり含ませるので、仕上がりが炊き込みご飯のようにしっとりとやわらかくなります。一方、炊いたお米を使うチャーハンは、調理しながら水分を適度に飛ばしていくので、お米がパラパラしているんですね。

 

簡単なチャーハンの作り方

簡単なチャーハンの作り方

2つの違いがわかったところで、今度は上手に作るコツをマスターしてしまいましょう。まずはチャーハン。チャーハンといえば、おいしくパラパラに仕上げるのが意外と難しいわよね。そこで、簡単にできるチャーハンレシピをご紹介します。

 

材料(1人分)
玉子…1個
ご飯…お茶碗1杯分
サラダ油…大さじ1
塩コショウ…少々
鶏ガラスープの素…小さじ1〜2
ゴマ油…小さじ1

 

作り方

  1. フライパンに油を熱し、かき混ぜた卵を割り入れてそのままくずさずに焼く。
  2. ある程度卵が焼けたら炊き上がったご飯を投入する。
  3. ヘラなどで卵とご飯を混ぜ合わせながら中火で炒める。
  4. パラパラになったら塩コショウ、鶏ガラスープの素を入れて混ぜる。
  5. ゴマ油をひと回しする。

 

簡単なピラフの作り方

簡単なピラフの作り方

今度はピラフのおいしい作り方です。炊飯器を使えばとっても簡単にできるので、ぜひお試しあれ!

 

材料(4人分)
米…2合
むきエビ…150g
玉ネギ…1/2個
ニンジン…1/3本
有塩バター…20g
コンソメ…大さじ1
塩…小さじ2/3
コショウ…適量
水…適量

 

作り方

  1. お米を洗い水気を切っておく。
  2. 玉ネギとニンジンをみじん切りにする。
  3. 炊飯器に、米、コンソメ、塩コショウを入れ、2合目のメモリまで水を入れる。
  4. 米を平らにならした上にバター、むきエビ、2を入れて炊く。

 

ピラフとチャーハンの違いがわかった上に、簡単に作れて得した気分! 早速今夜は両方作って食べ比べしてみようかしら♪

 

 

■人気記事はこちら!

 


 

参照:京都調理師専門学校

   オリーブオイルをひとまわし

   cookpad

   DELISH KITCHEN

 

どちらもズボラなワタシにぴったりのレシピだわ♪
どちらもズボラなワタシにぴったりのレシピだわ♪

 

イラスト:飛田冬子

 


この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ