簡単!おしゃれなDIYグッズも

初心者にもおすすめ!ベランダガーデニングの楽しみ方

公開日:2020/05/27

27

「ハルメク片づけ大賞」準大賞・遠藤亜紀さんの趣味は、ベランダガーデニング。楽しく暮らす「生き活」がモットーの遠藤さんに、初心者でもおしゃれに見える植物のレイアウトや、簡単に作れる手作りDIYグッズ、グリーンカーテン作りのコツを伺いました。

ベランダガーデニング

庭がなくても大丈夫!「生き活式ベランダガーデニング」

部屋の窓からふと外に目をやると、そこにみずみずしい植物たちの世界が……。グリーンに囲まれた暮らしは、穏やかで温かな幸せを与えてくれます。

ベランダガーデニング

「でも、うちには庭がないから…」と、はなから諦めていませんか? でも大丈夫! お庭がなくても、バルコニーやベランダがあればガーデニングはできます。ベランダが狭い? お金をかけたくない? 全部了解です! そこは工夫で乗り切っていきましょう。

今回はそんなアイデア満載の「生き活式ベランダガーデニング」をご紹介します♪

 

狭いベランダでも、おしゃれなガーデニングは楽しめる

ベランダガーデニングを始める場所としてベストなのは、部屋からよく見える位置。ただ、植物を育てるには、日光や適度な風通しが必要です。熱風が吹き出すエアコンの室外機前に置くわけにもいきません。

そこは植物優先に考え、適切な場所を見つけましょう。日当たりの悪い場所には、日陰を好む植物を選んで置くという手もあります。

ベランダガーデニング

そしてもう一つ、場所を決める上で悩ましいのが、物干し場とのせめぎ合いです。洗濯物を干すためだけに設計されたベランダも多く、物干し竿がベストポジションを堂々と陣取っていたりしますよね。でも、狭いベランダだって、工夫次第でおしゃれに見せることはできます。

我が家のベランダも、ダイニングの窓から見えていたのは、ズラリと干された洗濯物。その先には、たいそう立派な電柱までがそびえ立っていました。その味気ない景色を変えたくて、物干し台のあった場所に植物を配置。窓際にはハンギングプランターを下げて、電柱も気にならない程度に隠すことができました。

ベランダガーデニング

物干し台は、突っ張り棒タイプや折り畳み式に変更し、部屋から見えにくい死角へと移動。特に、折り畳み式の物干し台は使用時以外しまっておけるので、狭いベランダにはもってこいです。

洗濯物を眺めながらの食事と、植物を愛でながらの食事。どちらがおいしく感じるか……なんて、言うまでもないことですね。

 

初心者にもおすすめ!植物は種類ごとにレイアウト

ひと言にグリーンといっても、その種類はさまざま。かわいい系もあれば、かっこいい系もあり、色も、鮮やかなものから淡い色合いのものまで。それらを無計画に並べると、統一感のない仕上がりになってしまいます。

とはいえ、できればいろいろな植物を楽しみたい。そこでおすすめなのが、テーマごとにコーナーを作り、系統の似ている植物をまとめてレイアウトする方法です。

「ポップコーナー」には、サボテンや個性的なグリーンを。

ベランダガーデニング

アロエやランなど、渋い系の植物は「男前コーナー」に。

ベランダガーデニング

「乙女コーナー」は、淡い色合いの多肉植物たちでまとめてみました。

ベランダガーデニング

このように、コーナーごとに植物のタイプを変えてみれば 、狭いベランダでもいろいろなグリーンをおしゃれに楽しめますよ!

 

手作りDIYグッズで、節約ベランダガーデニングを♪

ガーデン作りに欠かせないのが、おしゃれなプランター棚や鉢。ですが、素敵なモノはお値段もそれなりに高く、すべてをそろえるのは大変です。

そこで、リメイクやハンドメイドでお金をかけずにデコレート。ベランダガーデニングには、ちょっと不格好だったり古めかしかったりするグッズが、意外と似合うもの。DIYグッズの手作り感こそが、最高のエッセンスになります。
 

DIYグッズ1:板と鉢植えで即席のプランター棚に

DIYグッズ

一見すると、プランター専用の棚のようですが、実はこれ、逆さまにした鉢の上に板を乗せて、ベンチの下に置いただけ。ベンチと同じ色にペイントすれば、即席プランター棚の完成です。
 

DIYグッズ2:カバーリングでプランターをおしゃれに!

DIYグッズ

趣味の合わないプランターも、リメイクして活用。金具を取り付けた板をふちにひっかけ、プランターを丸ごとカバー。個性的に生まれ変わります。
 

DIYグッズ3:素焼きの鉢はペイントしてリメイク!

DIYグッズ

安価な素焼きの鉢を、好きな色にペイントしてリメイク。カラフルな鉢は、ただ並べて置いておくだけでも、かわいいですね。
 

DIYグッズ4:割れた鉢も素敵なインテリアに

DIYグッズ

割れてしまった鉢も捨てないで。横にして植物を挿せば、かえってナチュラルな雰囲気に♪
 

その他のおすすめDIYインテリアグッズ

アクセントになる雑貨も、ラフな雰囲気が似合うガーデニング用なら、気負うことなく手作りが楽しめます。

DIYグッズ

DIYグッズ

DIYグッズ

100均で購入したナンバープレートをねじ止めした木材(上)、端材をくっつけて作ったアルファベット(中央)、100均のすのことポストカードフレームを利用したドア(下)など、簡単に作れて製作費の安いものばかり。手作りDIYで、お金をかけなくても、おしゃれなベランダガーデニングを楽しめます!

 

鉢の配置は、無造作っぽく見せておしゃれに!

さて、いよいよ鉢を配置していきましょう。と、ここで注意! 間違っても、鉢を横一列に整列させたりしないでくださいね。それでは、「ただベランダに鉢を並べて置いただけ」になってしまいます。作りたいのは、あくまでもおしゃれな「ガーデン」。お庭のナチュラルな雰囲気に近づける工夫をしましょう。

鉢の配置

好き勝手に置いているように見えて、実は、ここには隠れたルールがあるんです。

おしゃれなベランダガーデニングのコツ

  • 高さの同じ鉢は隣同士にしない
  • 素材やデザインの異なる鉢を組み合わせる
  • 植木鉢の間にすき間を作る

これらに気を付けることで、ナチュラルかつバランスのいい配置になります。

また、高さの違う台を組み合わせて大きく高低差をつけると、狭いスペースにメリハリの利いたコーナーを作ることができますよ。

ベランダガーデニング

そして、鉢と一緒に雑貨もしつらえていきましょう。

ベランダガーデニング

茶色い小瓶は、ただのウィスキーの瓶。植物の横に置くだけでアンティークに見えるなんて、これぞグリーンマジックです(笑)。ペイントした小さな鉢たちは、転がして置けば動きが出るし、カゴに入れて枝に吊るせば立体感を出すことができます。

ベランダガーデニング

 

野菜作りもベランダで!グリーンカーテンもおすすめ

我が家のベランダにはもう一つ、いろいろな野菜が植えられた家庭菜園のコーナーがあります。

ベランダガーデニング

夏にグリーンカーテンとして活躍予定の、インゲンやゴーヤの蔓を這わせるネットはハンドメイド。天然素材でできたネットが手に入らなかったので、家にある麻ひもで作ってみました。

幅1mの大型プランターでは、隣りでトマトやオクラも一緒に育てています。野菜たちの間に植えられているネギや香菜などは、食べた後に残った根っこを植えたもの。根付かせるのが楽しくて、最近はできるだけ根付き野菜を選ぶようになりました。

植えられている野菜は、しおれないから食品ロスが防げるし、いつでも採れたての無農薬野菜が食べられます。節約にもつながり、いいこと尽くしです!

 

台風のときはちょっと大変と心得て!

最後に、一つだけベランダガーデニングのデメリットのお話を。

それは、台風時の対策。地植えされているお庭の植物と違って、鉢植えは強風に備え、一時非難させる必要があります。鉢の数が多ければ多いほど大変になりますし、大きな鉢は動かすのにひと苦労です。そのあたりを鑑みて、鉢の大きさ、種類、数などを決めていくようにしましょう。

私は、台風が過ぎ去った直後を「ベランダ大掃除の日」と決めています。何も置かれていない湿ったベランダは、掃除するのに打ってつけだからです。なので、台風当たり年の我が家のベランダは、かなりピカピカ(笑)。簡単で楽しい『生き活式ベランダガーデニング』は、マイナスだって活用です!

手間もかかるけれど、癒やしと、喜びと、フレッシュな野菜たちを与えてくれるベランダガーデニング。自分の裁量にあった方法で、ステキなガーデニングライフを楽しんでくださいね!
 


連載「遠藤亜紀の生き活片づけ」もチェック!

「ハルメク片づけ大賞」で準大賞を受賞した遠藤亜紀さんは、お母さんの介護の経験から「終活」ならぬ「生き活」に目覚めたといいます。これからをラクに楽しく生きるために、住み慣れた我が家を整える「生き活片づけ」のアイデアを連載形式で紹介します。

※毎月5日頃の更新予定です

■もっと知りたい■


 

遠藤 亜紀

えんどう・あき 2019年「ハルメク片づけ大賞」で準大賞を受賞。元JAL国際線客室乗務員の2児の母で、現在は「収納工房 CozyStyle 神戸」にて、片づけコンサルタントとして活躍中。お気に入りの座右の銘は「足らぬ足らぬは工夫が足らぬ」。家にあるものを生かした片づけ・収納が得意。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ