2019/10/13 0

フリマアプリの収入、確定申告は必要?

フリマアプリの収入、確定申告は必要?

 

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

 

今や大人気のフリマアプリ。メルカリをはじめ、ショッピーズ、ラクマなど多彩で便利なものが増えて、「私もやったことがある!」という人が周りにもいっぱい。2018年のフリマアプリの市場規模は6392億円(前年4835億円、前年比32.2%増)に激増し、フリマアプリが初めて登場した2012年からわずか6年で巨大市場に急成長したんですって。すごい勢いなのね!

 

それはそうよね、フリマアプリを使えば、お得にお買い物ができたり、いらなくなった物を売ってお金を稼いだり、その結果家の中がすっきりしたりと、いいこと尽くしなんですもの。いい値段で売れれば、思わずガッツポーズも出ちゃいそうですね。

 

でも、ちょっと待って! モノを売って「収入」があれば、所得税を納めなくちゃいけないの? つまり年度末に確定申告をするということかしら。手続きなどが大変そうなんですけど……。

 

確定申告はその年の1月1日から12月31日までの収入に対する税金の申告手続きです。自営業やフリーランスの人は毎年確定申告をしているのでしょうが、それ以外の人は収入が一定金額以上になると申告が必要です。ワタシたちの場合は大まかに次の2つのケースがあります。

 

1、正社員やパート、アルバイトなどで会社に勤務し、毎月お給料をもらっている人は、それ以外の副収入の所得合計額が20万円を超えた場合。
2、専業主婦や学生、定年退職をしているシニアなど無職の人は、収入が38万円を超えた場合。

 

では、フリマアプリでモノを売ったら、その金額は即収入にカウントされるのでしょうか。いえいえ、それもケースバイケースなんですって。

 

まず、洋服や生活用品などの不用品を売った場合の収入は、基本的に課税されません。それは、この収入は所得税ではなく譲渡所得になるからです。でも、1点30万円以上の貴金属、美術品やブランド品等の売買による収入は、所得税の課税対象となります。また、自分で作ったものを売る場合は、売上から材料費、送料などの諸経費をすべて差し引いた「純利益」が収入になります。購入したものをそれ以上の値段で売った場合は、その差額が収入です。つまり確定申告は、収入の状況によっては、確定申告をしなくてOKというわけです。

 

簡単に説明すると以上のようになりますが、これはあくまでも一般的な見解。当てはまらない場合や迷う場合もありますから、詳細は最寄りの税務署や税理士に確認しましょう。確定申告をする必要があるのに、面倒くさいとか、どうせバレないだろうとスルーするのは通用しないことも心得ておきましょうね。

 

■人気記事はこちら!

知ってるようで実は知らない? 

素朴な疑問ランキング

 


 

参照:株式会社メルカリ

   経済産業省

   国税庁

 

メルカリって、ラテン語で「商いをする」という意味だそうよ。
メルカリって、ラテン語で「商いをする」という意味だそうよ。

 

イラスト:飛田冬子

 


人に話したくなる面白雑学「素朴な疑問」

 

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ