60代になって見えてきた景色(2)

「はじめてのメルカリ」ー出品するまでー

公開日:2022.03.06

2月から新しくハルトモライターになった「明るい弱虫あつこ」です。みなさんはメルカリに興味がありますか?わたしは出品を始めてちょうど2年、取引数は153点になります。ちょっとメルカリの世界をのぞいてみませんか。

きっかけは「もったいない」

ディズニーランドでお土産に買ってきたミッキーマウスのジグソーパズル。ところが娘はパズルに興味がありませんでした。新品未使用で、捨ててしまうのももったいない、使う予定もない。

そこですすめられたのがメルカリでした。

聞いたことはありましたが「知らない人に売るなんて怖い」「住所・氏名を教えるのがイヤ」「何をどうすればいいのかわからない」という漠然とした不安でいっぱいでした。

始める気になったのは

  1. 自宅にあるものが、誰かの役に立つ
  2. おこづかい稼ぎになる
  3. 手順はアプリの指示に従えばだいたい大丈夫

という3つの理由からでした。

きっかけは「もったいない」

アプリをダウンロードして自己紹介を入力

娘に教えてもらいながら、スマートフォンにアプリをダウンロードしました。ここからメルカリが始まります。家族でメルカリをやっている人がいたら、最初は一緒にやってもらいましょう。

  • まず自分の名前を設定します。本名でなくて大丈夫です。わたしは好きな花の名前にしました。
  • 自己紹介を入力します。なくてもかまいませんが、簡単な紹介があるほうが印象が良くなります。「自己紹介に何も書いていない出品者」と、「『初心者ですがよろしくお願いします』と書いてある出品者」とどちらから買いたいでしょうか。相手の人となりがわかった方が安心できますよね。
  • タバコのにおいやペットの毛が嫌われることから「喫煙者なし、ペットなし」と書く人も多いです。
  • 余裕があればアプリ内の「メルカリ初心者ガイド」に目を通しておくと流れがわかりやすくなります。

アプリをダウンロードして自己紹介を入力

品物の写真と説明文を用意する

  • 売る品物の写真を撮ります

1枚だけではなく複数枚あるほうが、商品の内容が伝わりやすくなります。

・ジグソーパズルの箱の上の部分(パズルの絵の全体像がわかる)

・横の部分(パズルの拡大部分が載っていた)

・裏の部分(商品説明書があった)

・外箱の小さなキズの部分

の4枚を撮りました。洋服の場合は、タグ部分を撮りましょう。

  • 品物の説明を書きましょう

・購入時期(1年前、3年前など)

・購入場所(東京ディズニーランド、近くの電器店、わかる範囲でOK)

・どの程度使用したか(新品未使用、2回ほど使用、半年使用) 

・型番や品番があれば明記

・洋服なら実際の大きさをはかって記入すると親切

などです。

自分が購入する側だったら知りたい」と思う部分が書かれていれば大丈夫です。 

  • キズやシミがあるとき

きちんと内容を書くとスムーズな取引になります。パズルの外箱に薄く傷があったので「箱の側面に2cmほどの薄いひっかき傷があります」と書き、その部分の写真も追加しました。

  • 便利な機能を活用

本や化粧品は、バーコードで内容を自動的に入力してくれるお助け機能があります。

 

品物の写真と説明文を用意する

配送方法を決める

イチオシは「メルカリ便」です。

メルカリ便は自分の住所や名前を明かす必要がありません。すべて匿名で取引ができます。わたしは全部の取引をメルカリ便にしています。送料は出品者負担ですが、通常のゆうパックやヤマト便より安い配送料になっています。

・ゆうゆうメルカリ便(郵便局)
・らくらくメルカリ便(ヤマト運輸)

の2種類があります。

さあ、出品

メルカリアプリに、写真と説明文、配送方法などをアップして「出品する」ボタンを押します。これで出品完了です。

アプリには下書き機能があり、撮った写真や書きかけの文章を「下書き」として保存しておくことができます。一度に全部を書く必要はありません。

あとは購入する人が現れるのを待つばかり。この後、どのように連絡が来るのか、どのように発送するのか、次回お話しいたします。

 

■もっと知りたい■

オートミールでゆるくダイエット その1

\ この記事をみんなに伝えよう /

定年夫が継続雇用を更新せずに主夫になりました。私がフルタイムで働きはじめ、夫が家に。結婚32年目にして夫と妻の立場が逆転。家事をめぐる夫とのでこぼこした関係、母の介護やお墓の移転、ちょっと疲れる孫の面倒など「60代になって見えてきた風景」をつづります。noteを毎日更新中。性格は明るいけど弱虫です。

365会員特典

365会員に登録する
お試し会員に登録する
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line

ハルメクのおすすめ記事がLINEに届く!LINE友だち追加