都心に近いパウダースノー「湯ノ丸山」へ

上り1時間半の雪山登山で北アルプスの大観!

公開日:2022.02.26

空気が澄んでいるから、冬晴れの山頂は眺望良好。上り1時間半で、標高2000m超の雪山へ。小説家で登山家の深田久弥(ふかだ・きゅうや)も称賛する「北アルプスの大観」が目の前に広がります。

登山でマインドフルネス!

山ガールという言葉がない頃から、山に登っています。

登り始めはいつだって、体が重くて、やめておけば良かったと、うじうじ思います。そのうち、息も上がってきて、次の一歩をどこに置くか? しか考えられなくなります。残してきた仕事のことも忘れて、頭の中は登山オンリー。それが気持ちいいのです。
※マインドフルネス:「今、この瞬間」を大切し、目の前のことに集中する状態

東京から日帰りOK!

群馬県嬬恋村の西端、長野県との県境にある「湯ノ丸山」に登ってきました。

中腹に広がる湯の丸スキー場のキャッチコピーは「長野県にある、首都圏に一番近い天然パウダースノーリゾート」。上信越道「東部・湯ノ丸」ICから登山口でもある同スキー場へは30分足らずでアクセスできるため、東京から日帰り登山も可能です。

東京から日帰りOK!

湯ノ丸山は標高2101m。登山口の地蔵峠で1732mあるため、標高差は400m足らずです。往復コースタイム3時間、危険個所なし。気温は氷点下なので、雪が靴や衣服についてもすぐには溶けません。尻もちをついても、濡れる心配はありません(笑)。

東京から日帰りOK!

葉を落としたカラマツの林は明るくて、ウサギの足跡があちこちに。

写真3点は、すべて下山時に撮影しています。いつも上りは一心不乱に、下りは、景色を楽しみながら。本当に、登山は人生のよう。50歳を過ぎて、ようやく周りを見る余裕ができたように思います。

東京から日帰りOK!

「北アルプス展望の屈指の位置であろう」深田久弥

『日本百名山』の著者・深田久弥(ふかだ・きゅうや)が『名もなき山へ』で、湯ノ丸山を「蜿々二十里に亘る北アルプスを視界一杯に眺めるのである。おそらく北アルプス展望の屈指の位置であろう」と紹介しています。

この日の山頂は360度の展望が開け、白馬岳や鹿島槍ヶ岳など後立山連峰~穂高連峰~乗鞍岳~御嶽山~中央アルプス~南アルプス~富士山~八ヶ岳~浅間山~志賀高原~妙高~北信五岳をぐるっと見晴らすことができました。

「北アルプス展望の屈指の位置であろう」深田久弥

ニュアンスカラーで、高機能&リーズナブル「SALOMON」

氷点下10度くらいだったでしょうか。晴天とはいえ、スキー用手袋の中で手がかじかんだので、翌日、新しいものを購入しました。

「SALOMON」は、落ち着いたニュアンスカラーの商品が多く、高機能。価格もノースフェイスよりかなりひかえめです。

ニュアンスカラーで、高機能&リーズナブル「SOLOMON」

湯ノ丸エリアから車で50分ほどの軽井沢のアウトレットにも店舗があります。定価よりびっくりするくらいお安くなっておりまして、手袋だけのつもりが、つい。やってもうた^^;

 

冬は、夏に比べて、登山客が少なく、後ろから急かされることがありません。積雪のおかげで、石や木の根っこにつまづくこともありません。オシャレなSALOMONウエアで、冬山デビューいかがでしょう?

 

 

■もっと知りたい■

「大人の休日倶楽部パス」で、お得に東北の旅!

\ この記事をみんなに伝えよう /

365会員特典

365会員に登録する
お試し会員に登録する
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line

ハルメクのおすすめ記事がLINEに届く!LINE友だち追加