友人と一緒におうち時間を楽しみました

いい香りに幸せ感じる。ラベンダースティックの作り方

公開日:2020/08/04

2

好奇心旺盛で、いろいろなものを手作りするのが大好きなsachiさん。今回は、ラベンダースティック作りにチャレンジ。作り方を詳しくご紹介してくれました。

ラベンタースティック

ラベンダースティックの作り方

ラベンタースティックの作り方

私は、地元の「花いっぱい運動」というボランティア活動に近所のみなさんと参加しています。草取りをしたり、水をまいたり、肥料をあげたりと、お花の世話をしてます。その活動の一環でラベンダーが満開になったので、みんなでラベンダースティックを作りました。
 
今回は、ラベンダースティックの作り方をご紹介します。

ラベンダースティックの作り方

材料

  • ラベンダー(スティック1本につき、9本~11本を使用) 
  • 布テープ(または、リボン)※幅や色はお好みで
  • 糸 
  • はさみ  
  • 千枚通し

作り方 

みんなで作業を始めます
みんなで作業を始めます
  1. 1本のスティックを作るのに、ラベンダーを9本か11本という奇数本用意する。
  2. ラベンダーを束にして、葉を取ります。茎を手に持ってしごくように葉を落とします。
  3. ラベンダーの花の根元を糸で縛り、束ねます。茎の長過ぎるところは、はさみでカットします。
  4. 糸を巻き始めた根元のところで、茎を180度折り返して、茎で花を均等に包み込むようにします。
    花を包むように茎を折る
    花を包むように茎を折る
  5. リボン(または布テープ)を花の部分の10倍ほどで切る。折り返した根元部分からリボンを入れます。折り返した茎の上、下、上、下と交互にリボンで市松模様に編んでいきます。
    市松模様に編み込んでいく
    市松模様に編み込んでいく
  6. スティックの下まで編めたら、自由に飾りをつけて出来上がり。
それぞれ好みの布テープで編んで仕上げていきます
それぞれ好みの布テープで編んで仕上げていきます

部屋中にラベンダーの香りが立ち込めて、穏やかで平和な優しい気持ちで作業が進みました。作業中に花が落ちるので、ためておいて、袋を縫って匂い袋にします。3年くらいは香りが持つので楽しめます。花をお茶パックなどに入れてから匂い袋に詰めると、扱いやすいです。

出来上がったラベンダースティック。中央は匂い袋です
出来上がったラベンダースティック。中央は匂い袋です

3年前に作ったスティックを嗅いでみたら、まだ香りが残っていて、すごいなと思いました。

作業が終了して、片付けた後も、しばらく部屋中にいい匂いが残っていて、豊かで幸せな気分になりました。ラベンダースティックを作ってよかったです。
 

sachi

私は人にお誘いを受けると、余程の事がない限り受けてしまいます。それで現在サークル活動、ボランティア活動、趣味の活動という生活です。また気になるとすぐ動くたちで毎日楽しいことないかな、面白いことないかとワクワクしながら暮らしています。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ