RARI YOSHIOさんの企画展示を拝見

続・夫婦でお出掛け!「日用美」で作品にうっとり

公開日:2022/03/24

3

ハルメクでもおなじみのモデル・青木沙織里さん(52歳)の連載です。前回に続き、夫婦でお出掛けしたお店についてご紹介します。今回は、神奈川県中郡にある雑貨店の「日用美(にちようび)」を訪れました。

続・夫婦でお出掛け!「日用美」で作品にうっとり

雑貨店「日用美」に行ってきました

「日用美」までの道のり

前回お伝えした「ブーランジェリーヤマシタ」からほど近いところにある「日用美」は、日常使いできそうな器や雑貨など日用品を扱う雑貨店です。

インスタグラムにアップされている写真は、どれも素敵なものばかり。写真から伝わる温かいお店の雰囲気に惹かれ、いつか行ってみたいと思いチェックしていました。

急坂を登り切ると、大きな木の下に洋風の古民家が。

日用美の外観

息を切らしながら木の扉を開けると、突然神秘的な空間が現れました。 

日用美の内装

インスタで見ていた雰囲気とはずいぶん違ったので一瞬躊躇していると、「どうぞ~」と店主さんが笑顔で招き入れてくれました。

RARI YOSHIOさんのポップアップショップが開催中でした

RARI YOSHIOさんのポップアップショップ

この日は常設ではなく、那須在住クリエイターで、ギャラリーショップ『JARDIN BLANC』の主催者でもあるRARI YOSHIOさんの、植物のアート作品「Flower Days exhibition」が開催されていたのです。

天井まで覆われたベールの中は静寂で白い世界。

日常とかけ離れた神聖な雰囲気に思わず、中に入って良いですか?とお尋ねしてしまいました。

庭で摘んだ花やハーブの作品は、息を呑むような美しさ。最初からここにあったかのように、この洋風な建物にもマッチしています。

RARI YOSHIOさんのポップアップショップ

ステンドグラスの窓から光が漏れて、教会にいるようにも感じられました。

日用美の窓ガラス

ふんわりと優しい空気にまとわれたような心地よさに無言の二人。

鳥の羽や箱の配置。

RARI YOSHIOさんのポップアップショップ

無造作だけど計算されて置かれたモノたち。どの角度から切り取っても絵になります。

RARI YOSHIOさん作品

よく見ると蝶々がたくさん。

RARI YOSHIOさん作品、蝶が飛んでいる

グラデーションに飾られた植物のラフさが好き。

RARI YOSHIOさんの素敵な作品たち

天井のベールから落ちたのでしょうか、植物に混ざって鳥の羽が。作品の一部のようにも見えます。

RARI YOSHIOさんの素敵な作品たち

RARIさんがご自身で描かれた植物のイラストの作品。

RARI YOSHIOさんの素敵なイラスト作品

クルミのお守り。昔からいろんな力があると信じられているクルミ。持ち歩くと自分の能力を最大限に発揮できるそう。

クルミのお守り

二つとして同じものがない、種で作られた小さなピアス。一つ一つ表情が違います。

RARI YOSHIOさんの種で作られたピアス

ガラスのサンキャッチャーをお土産に購入しました

RARI YOSHIOのガラスのサンキャッチャー

時折店内に柔らかい自然光が差し込んで、ガラスのサンキャッチャーがきらきら。

続・夫婦でお出RARI YOSHIOのガラスのサンキャッチャー!「日用美」で作品にうっとり

人が通るとしなやかにゆれるサンキャッチャー。窓辺に飾る用に購入しました。吊るすのが楽しみ。

香料など加えていない、ナチュラルなドライハーブをブレンドしたポプリ。

RARI YOSHIOのガラスのポプリ

白檀のようなとっても落ち着く香りです。

「香りは長持ちしますか?」とお尋ねしてみると、常に開けておくというより、ここぞ!というときに開けて嗅ぐのが良いそう。

旦那ちゃんも気に入って購入しました。

この日はRARIさんも在廊されていて、お話を伺えました。

300坪もある庭でハーブや草花を育てているRARIさん。那須のギャラリーショップでは、ドライフラワーやイラストの原画、オブジェも販売しているそうです。

四季を通していろんな植物で彩られる広大な庭を見に、実際に訪れてみたくなりました。

ドライフラワーやイラストの原画、オブジェ

素敵な作品で日常から解放された気分に

日日食堂の奥さまの作品ヒンメリの鳥

他にも……。レジカウンターにぶら下がってるヒンメリの鳥さんは、以前ご紹介した日日食堂の奥さまの作品だそうです。

同じくレジカウンターにぶら下がった猫ちゃん。こちらはオーダーできるそう。

日日食堂の奥さまの作品の猫

光と影と植物……。

ゆっくりと時が流れているように感じられる居心地の良さ。思いがけず素敵な作品に触れられて、日常から解放された気分になりました。

そしてちょうどいい距離感で対応してくださる店主さんは、インスタで見ていた通りのほんわか温かいお人柄でした。

今回は残念ながら日用品を見ることはできませんでしたが……。また次回のお楽しみ。

急遽決めたドライブ旅行は、心とお腹が満たされて大満足な一日になりました。

続・夫婦でお出掛け!「日用美」で作品にうっとり


■日用美(にちようび)
住所:神奈川県中郡二宮町二宮1022-2
営業日:日・月・火曜 11~17時
※企画展示の情報はホームページでご確認ください
https://nichiyobi365.wixsite.com/nichiyobi

 

■もっと知りたい■


青木沙織里さんの連載は毎月12日・24日に更新中!ハルメクWEB会員登録はこちらから

>>青木沙織里さんのコーディネートを見られるインスタグラム
>>青木沙織里さんの日常のインスタグラム

青木 沙織里

あおき・さをり カフェ巡りとあんこが大好き。19歳よりモデルを始め「nonno」などの雑誌、CM等を中心に活動。30代から「いきいき(現・ハルメク)」のモデルに。バッグ製作も行う。趣味はキックボクシング、ピラティス、陶芸など。現在、ホットフラッシュ真っ最中&グレイヘア育成中。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ