絶景と温泉・讃岐〜伊予旅(前編)

絶景と温泉・讃岐〜伊予旅!寝台特急サンライズ

公開日:2018/09/15

63
会員限定

大の鉄道好きマンガ家・文筆家のYASCORN(やすこーん)さんが、食べて食べて、また食べる「鉄道ひとり旅」の楽しさをご紹介します。今回は、東京から寝台特急に乗り込んで、香川県・愛媛県を食べながら大移動。鉄道旅ならではの食と絶景をご堪能あれ。

YASCORNサンライズ鉄道旅

寝台特急サンライズで、東京駅から岡山へ!

私が鉄道好きになったきっかけは寝台列車(ブルートレイン)でした。

11年前に東京〜熊本間で乗車した「寝台特急はやぶさ」の個室が、まるで動くホテルのようですごく楽しかったのです。それ以降、寝台列車・夜行列車に乗る旅が増えましたが、ここ10年でほとんどが廃止されてしまい、現在定期運行している寝台列車は「寝台特急サンライズ」のみとなっています。


夜、ベッドに寝転がりながら月や星を眺め、お酒を飲んだり考えごとをしたりする楽しさは、何にも勝ります。

東京駅に停車中。前7両はサンライズ瀬戸、後ろ7両がサンライズ出雲


今回の旅はその寝台特急サンライズからの出発です。

東京駅を22時ちょうどに出発する寝台特急サンライズは、東京—高松を結ぶ「サンライズ瀬戸」と東京—出雲市を結ぶ「サンライズ出雲」が連結して14両編成で走ります。


途中の岡山駅で7両ずつに切り離され、それぞれの目的地に向かうのです。

窓際に並べたお酒とおつまみ


サンライズでは車内販売はありません。ソフトドリンクの自動販売機はありますが、食べ物やお酒は買ってから乗車しないと大変なことになります。初めて乗車した時は、心配で買い込みすぎていた私でしたが、最近はちゃんと食べ物・お酒ともに、食べきれずその後も旅先で持ち歩く……ということはなくなりました。

シングルツインの部屋を魚眼レンズで撮影


寝台特急サンライズは、基本2階建てで個室が中心。様々なタイプのお部屋があり、最も部屋数が多いのが、1階と2階にそれぞれ設定された「ソロ・シングル」です。

いつもその2階の個室を取っていましたが、サンライズへの乗車が10回を過ぎた頃から、1番のお気に入りになったのが「シングルツイン」。こちらが今日の私の部屋です。

シングルツインの部屋下段がリビング仕様になる


シングルツインは1人での利用でも、2人で利用しても可。(料金は変わります)

上下2段ベッド仕様になっていますが、なんと1階部分の布団やシーツ、真ん中のマットを取ると、このようなソファセットに早変わり!

2階に上がる階段は荷物収納場所にもなる。奥にコンセントも

シングルツインを1人で利用する際は、ソロ・シングルよりちょっとだけ割高ですが、差額は2000円足らず。1階でパソコンを広げつつ仕事したり、お弁当を広げてお酒を飲んだりできる上、眠くなったらそのまま2階に上がって寝られるという、面倒くさがりな私にはぴったり。

さて、明日は岡山で下車しないとならないので、今日は早めに寝ます。

実はこの日、サンライズ瀬戸は満席でした。しかしサンライズ出雲の方は、あと数席残っていたので、岡山駅までサンライズ出雲に乗車。快速マリンライナーに乗り換えて瀬戸大橋を渡り、四国に入ることにしたのです。

うどん県へ! うどん、そうめんを食べまくる

山下うどん店の外観


香川県に来たら、まずは讃岐うどんです。

...

この記事の続きはハルメクWEB会員(無料)に登録すると読むことができます。

YASCORN

駅弁・駅そばが好きな鉄道好き漫画家&文筆家。温泉ソムリエ。児童誌から鉄道誌まで幅広く活動中。著書に「おんな鉄道ひとり旅」(小学館・プチコミック増刊で連載中)、「メシ鉄!!!」電子書籍1〜3巻(集英社)他。「鉄道漫遊記」を東洋経済オンラインで連載中。HP: yascorn.com

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ