横森美奈子の目からウロコのおしゃれ塾・5

大人のコートコーデ!おしゃれな着こなしのポイント

公開日:2020/11/09

13

ファッションデザイナー・横森美奈子さんが、50代・60代女性におしゃれのコツをアドバイスする連載企画。今回のテーマは「大人のコートコーデ」。地味&マンネリ化しやすい冬コートをおしゃれに見せる、着こなしのポイントを教えてもらいました。

大人のコートコーデのポイントは?
大人のコートコーデのポイントは?

地味な色でもおしゃれに見える!おすすめのスタイルは?

黒・グレー・ベージュなど、冬コートは地味な色が多いものです。いろいろな服に合わせるというコートの性格上、致し方ないことですが、ベーシックな色のコートをただ普通に着ても、あまりおしゃれには見えませんね。

コート選びで一番大切なのは、デザイン。同じようなカラーのコートでも、デザインが変わるだけでグンとおしゃれに見えるようになります。

それを感じてもらうために、インナーはそのままアウターだけを変えて、見た目がどのくらい変化するのかを確認してみましょう。まずは、黒のダウンのピーコートです。

NGコーデ:黒のダウンコート
NGコーデ:黒のダウンコートは、温かいけれどおしゃれ度は……?

そもそも、ダウンコートは兵士や猟師たちの作業着を発祥とする実用着。ピーコートも原形は男性服なので、無造作に着てしまっては、全然しゃれっ気は出ないわけです。

50代・60代の女性は、“コートは値が張る”という時代を経てきたので、ついずっと昔のものを着てしまう、ということもあるかもしれません。

でも今は、安くおしゃれなコートが買える時代です。例えば、下の写真で私が着ているフェイクスエードのコートは、ZARAで1万円以下で購入したもの。

OKコーデ:フェイクスエードのコート
OKコーデ:フェイクスエードのコートでおしゃれ度アップ!

上の写真と同じ、ボーダーシャツにワイドパンツというカジュアルな普段着でも、一枚羽織れば、それだけでおしゃれなコートコーデの完成です。

フェイクスエードのコートは、しなやかで着心地よく、雨風も気にせず、ほとんど手入れも必要ないのがうれしいところ。意外と暖かいので、インナーダウンを活用すれば真冬まで着られます。

形やデザインが今の自分に似合わないと感じるなら、“コート=高い”という思い込みを捨てて、新しい服でコートコーデに挑戦してみるのもおすすめですよ。

続いては、大人女性にありがちなコートコーデのお悩みを解決する方法を紹介します。

お悩み1:カジュアルスタイルなのに地味で重たい印象に

NGコーデ:カジュアルな黒コート&黒パンツ
NGコーデ:全身がグレー&黒だと、地味で重たい印象に

今回、大人のコートコーデに挑戦するのは、読者モデルの内藤輝美さん (60歳)。

「コートは値が張るので、カジュアルスタイルが基本。何にでも合わせやすいグレーや黒など、大人しい色ばかり選ぶので、着こなしが暗くなるのが悩みです」という内藤さん。

そんな内藤さんに「カジュアルなコートこそ、無難にコーデするのはNG!」と横森さん。

カジュアルなコートの原形は、ほぼ男性服。無造作に着ては“オジサン化”するので要注意! ストールやマフラーなど、顔まわりに明るい色を持ってきて、アクセントをつけましょう。

OKコーデ:カジュアルスタイルのコート
OKコーデ:きれい色のストールで顔を明るく。足首丈の白ワイドパンツがアクセントに!

▼おしゃれなコートコーデのポイント

「重いコーデになりがちな冬こそ、パンツは足首丈がおすすめ。“足首を出すのは寒そう”と思うかもしれませんが、膝下ストッキングを重ねばきすれば、防寒も万全です。靴はスニーカーやショートブーツでもOK! きれいめカジュアルを目指しましょう」
 

お悩み2:たんすの肥やし状態のコートは手放すべき?

「値段の高かったコートは、ほとんど着ていなくても、なかなか手放せません」と内藤さん。そこで、手持ちのコートを横森さんに診断してもらいました。

NGコーデ:老け見えするグレーのコート
10年以上前に買ったアルパカのコート。肩のラインやデザインが老け見えの原因に

「デザインが古いコートは手放す決断を。実際に着て見て、老け見えするようなら手放すが正解です」と横森さん。

次にチェックしたのは、10年間で数回しか着ていないという、濃いグレーのコートです。

フォーマルコート:冠婚葬祭用ならOK
「葬祭用」と割り切るのなら、残すのもアリ

こちらは今でも着られるデザインですが、日常的に着回すのは難しそうです。

「高価でも普段使いが難しいコートは、葬祭用と割り切って」と横森さん。

▼おしゃれなコートコーデのポイント

「コートに限らず、長年着ていない服は今でも似合うのか、実際に着てみて判断を。カジュアルとフォーマルなど、場面に合わせてアイテムを使い分けるのも、おしゃれな着こなしのコツです」

お悩み3:ダウンコート=防寒着? おしゃれに見えない

「ダウンコートを着るともっさりして、ただの“寒がりさん”に見えてしまう」という内藤さん。

 

NGコーデ:ダウン&黒パンツで全体的に重い印象
NGコーデ:ダウンコート&パンツをブーツインしたスタイルは全体的に重たい感じ

横森さんは「ダウンコートにこそ、スカートやワンピース、カラータイツなどを合わせ、女性らしい軽やかなおしゃれ感を」とアドバイスします。

ダウンは太って見えると決めつけないで! コーデ次第で堂々とエレガントな雰囲気になります。さらに、ベルトでボリューム感にメリハリをつけるのもおすすめです。

OKコーデ:ダウン&ワンピースでおしゃれに
OKコーデ:細ベルトでメリハリをつけて、スタイルアップ! 薄手のワンピースで抜け感を演出。

▼おしゃれなコートコーデのポイント

「冬のおしゃれには抜け感も大事。重たいコートの中には、軽いワンピやスカートを合わせて。スカート=寒いは思い込みです。あったか素材のタイツや膝上丈のロングパンツなど、中にいくらでも重ねられるからです。足元の防寒はロングブーツがおすすめです」

お悩み4:カラーコートがあか抜けないのはなぜ?

新しい服に挑戦したくても「コートは高価なものだけに、思い切ったデザインに挑戦できない」という大人女性も多いよう。

内藤さんも「カラーコートが欲しくて昨年買った、『薄いグリーン』のコート。でも、なんだかおしゃれに見えないんです」といいます。
 

NGコーデ:薄いグリーンのコート
NGコーデ:薄いグリーンのカラーコート。はた目には「グレー」で、思い切りが足りず!

そんな内藤さんに「“コートを買うなら一生ものを”という考えは時代遅れ。今は1万円台のコートでもいいものがたくさんあります。ぜひきれい色のコートにチャレンジを!」と横森さん。

カラーコートを買うなら、新しい要素のあるものを手頃な価格で楽しむ方向がベストなようです。

OKコーデ:華やかなカラーコート
OKコーデ:華やかなフェイクスエードのきれい色コート。こちらはZARAで5990円!!

「自分では絶対に選ばないサーモンピンク。でも、何だか明るく若々しい気分になりますね! 今年こそ明るい色のコートに挑戦したいです」と内藤さんも満足そう。

おしゃれに年齢は関係ありません。みなさんも今年は新しいコートで「大人のコートコーデ」を楽しんでみませんか?

▼おしゃれなコートコーデのポイント

「薄手のコートでも、インナーダウンを下に着れば体温調節ができて便利。カラーコートの中は黒で統一し、縦長ラインでスタイルよく見せましょう。チラッと肌見えも抜け感につながり軽やかさがアップしますよ」

コートコーデの便利アイテム:インナーダウン
インナーダウンを活用して上手に体温調節を(写真のダウンはユニクロで2990円)

構成=五十嵐香奈(ハルメク編集部) 撮影=中村彰男 ヘアメイク=木村三喜

※この記事は雑誌「ハルメク」2019年12月号に掲載された内容を再編集しています。記事内の年齢は、掲載時のものです。


雑誌「ハルメク」で目からウロコのおしゃれ塾連載中!

目からウロコのおしゃれ塾

「横森美奈子の目からウロコのおしゃれ塾」は、雑誌「ハルメク」で毎月好評連載中! 最新情報もあわせてチェックしてくださいね。
 
※雑誌「ハルメク」は定期購読誌です。書店ではお買い求めいただけません。詳しくは雑誌ハルメクのサイトをご確認ください。

■もっと知りたい■

▼横森さんの記事はこちら!

横森 美奈子

よこもり・みなこ 1949(昭和24)年生まれ。BIGIで「MELROSE」等のチーフデザイナーを歴任。2002年「smart pink」ブランドディレクター、13年にはショップチャンネルで「MINAKO★YOKOMORI」を開始。おしゃれに関する本も多数出版。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ