初心者も簡単!ぼさぼさ眉毛もスッキリキレイ

【大人メイク】太眉さんのための眉毛の書き方講座

公開日:2021/04/26

2

初心者も簡単!太眉さんのための眉毛の書き方を動画で解説します。眉毛の薄くなってしまった部分を中心に、アイブロウペンシルとパウダーを使って書いていきます。多くの人気女優やモデルを手掛けるヘアメイクの福沢京子さんに教えてもらいましょう。

【大人メイク】太眉さんのための眉毛の書き方講座

大人のための眉毛の書き方を動画で見る

 

眉毛の書き方の手順

眉毛の書き方の手順

前回は、あまり手入れをせず、まばらに生えたまま太くなった眉毛の整え方をお伝えしました。今回は、アイブロウを使って眉毛を書いていきます。

眉毛を書くときは、基本的には薄くなったところだけ書き足していけばOKです。今回のモデルの加藤さんは全体的に眉毛が薄くなっていたので、全体を書いてもらいました。

  1. 眉毛全体をスクリューブラシでブラッシングした後に、眉山から眉尻を書く
  2. 徐々に眉頭を書き足していく
  3. アイブロウペンシルで書いた上からアイブロウパウダーを重ねる

眉毛を書くときにやってはいけないNGポイント

眉毛を書くときに失敗の元になる、やってはいけないポイントは以下3点です。

  1. 眉頭から書く
    眉頭の印象が強くなって失敗しやすくなります
     
  2. 強い筆圧で書く
    強く書くことで書いた部分をぼかしづらくなり、眉毛全体の印象が強くなり過ぎてしまいます。
     
  3. ストローク=ひと書きが長い
    眉毛を書くときに、ペンシルを長く引きずるように書くと、仕上がりが不自然な形になりがちです。ストロークは短く、ゆっくり丁寧に書きましょう。

太眉の書き方ステップ1:ブラッシング後に眉山から書き出す

太眉の書き方ステップ1:ブラッシング後に眉山から書き出す

では、各ステップを詳しく見ていきましょう。

まずは、スクリューブラシを使用してあらゆる方向にブラッシングします。その後、眉頭は下から上・眉尻の方は並行にとかし、きれいな眉の形に整えましょう。
眉をとかし終わったら、アイブロウペンシルを使って書いていきます。

眉頭から3分の2の眉山の部分から書き始めること

ポイントは、眉頭から3分の2の眉山の部分から書き始めること。理想の眉毛の形は、眉頭から眉尻にかけて3分割したときに、眉頭から3分の2の位置に眉山がある状態です。眉頭から書いてしまうと、眉頭の印象が強くなって失敗しやすいので、ご注意を。眉毛の特に薄くなっているところは、何回か重ねて書きます。

また、ひと書きを短くするのもポイント! 急がず、ゆっくり書いていきましょう。眉尻の方を書き終わったら、スクリューブラシでなじませます。

 

太眉の書き方ステップ2:徐々に眉頭を書き足していく

太眉の書き方ステップ2:徐々に眉頭を書き足していく

眉尻から、徐々に眉頭の方へ移っていきます。

筆圧はかけずに、薄く丁寧に何回も重ねて書くようにしましょう

このとき、筆圧はかけずに、薄く丁寧に何回も重ねて書くようにしましょう。つい力が入ってしまいがちですが、一度強く書いてしまうとぼかしづらくなり、淡く仕上げたい眉頭の印象が強くなってしまいます。

初心者は、眉頭の少し離れた内側から外側に(眉頭に)向かって書くようにしましょう

初心者は、眉頭の少し離れた内側から外側に(眉頭に)向かって書くようにしましょう。書き始めが一番濃く、書き終わりの力を抜くところは線が細くなっていくので、眉頭が濃くなり過ぎるのを防ぐことができます。このとき、ペンシルを縦に持つと失敗しづらくなるそうです。

太眉の書き方ステップ3:ペンシルで書いた上にパウダーを重ねる 

太眉の書き方ステップ3:ペンシルで書いた上にパウダーを重ねる 

アイブロウパウダーを使うことによって眉毛に濃淡がつき、立体感が出きれいな形になります。今回は、眉山を強調させるためにアイブロウパウダーをポイント使いしました。

旬な眉毛を作るアイブロウパウダーの使い方のポイント

眉山のトップよりも若干低いところにパウダーを乗せていくと、旬の直線的な眉毛を取り入れることができます。また、こうすることで目元がぼんやりせず、印象が引き締まります。

太眉さんのための眉毛の書き方ポイントまとめ

太眉さんのための眉毛の書き方ポイントまとめ

太眉さんのための眉毛の書き方には、以下6つのポイントがありました。

  • 眉頭から3分の2のところから書き始めると失敗しづらい
  • 眉尻から徐々に眉頭に移って書いていく
  • ひと書きは短く! ゆっくり丁寧に書く
  • 筆圧はかけず、薄く何回も重ねる
  • アイブロウペンシルを縦に持ち、眉頭の内側から外側に向かって書く
  • 眉山のトップよりも若干低いところにアイブロウパウダーを乗せ、キリっとした印象に!

ポイントを押さえて眉を書くことで、上品な太め眉に仕上がりましたね。モデルの加藤さんも、その出来栄えにまぶしい笑顔を見せてくださいました。大人ナチュラルな仕上がりなので、ぜひ普段のメイクに取り入れてみてくださいね!

その出来栄えにまぶしい笑顔を見せてくださいまし

動画で使用したアイブロウは、ハルメクの『ミネラルアイブロウEXP 04 ブラウンベージュ』でした。気になる方は、ハルメク通販サイトからチェックしてください。

 

▼福沢さんが使いやすい!とおすすめするアイブロウペンシルはこちら

ライトグレー

セリジエ ミネラルアイブロウEXP ※使用したカラーはブラウンベージュです。

チップ・ペンシル・ブラシ、1本3役でお得なミネラルアイブロウ。大人の眉毛のお悩みを解決します。

>>詳しくはハルメク通販サイトへ

 

教えてくれた人 福沢京子さん

福沢京子(ふくざわ・きょうこ)

ふくざわ・きょうこ ヘア&メイクアーティスト。資生堂に所属し広告、雑誌やパリ・NYコレクションに携わる。独立後も活躍の幅を広げ、有名モデル、女優から厚い支持を受けている


■もっと知りたい■

ハルメクWEB編集部

雑誌「ハルメク」の公式サイト。50代からも輝く女性の毎日を応援する、暮らしや美容に役立つ記事をお届けします。 無料会員登録をすれば、会員限定記事へのアクセスや豪華プレゼント応募などの特典も!

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ