その色ムラ、メイクで無かったことに

かんたん!シミ・クマ隠しテクニック

公開日:2024.02.24

更新日:2024.05.10

50歳以降の方で、シミもクマもゼロ!一切悩んでいないし隠す必要もない!なんて方はいないはず。そのお悩み、メイクで隠しませんか?ファンデーションはできるだけ薄く塗り、コントロールカラーとコンシーラーで“悩みだけ”隠すのがおすすめです。

教えてくれたのは、フェイシャルデザイナー NoLiさん

■教えてくれたのは、フェイシャルデザイナー NoLiさん
フェイシャルデザイナー NoLi (AshGrey)
https://ashgreynoli.com/

海外のコレクションやファッション撮影、CM広告などに加え、メイクレッスンや出張ヘアメイク等、幅広く活躍。“上品さ”と“その人らしさ”を大切にしたメイクアップに定評があり、松任谷由実、桃井かおり、草笛光子(敬称略)をはじめ、国内外の芸能人やセレブから絶大なる支持を得ている。

コンシーラーはお悩み別に使い分ける

コンシーラーはお悩み別に使い分ける

クマもシミもなにもかも、1本の同じコンシーラーで隠そうとしていませんか?お悩み別にカバーへ適した色や質感は違うので、トラブルに応じてアイテムを使い分けましょう。

完璧に隠したい一心で、厚くカバーしてしまうと逆にお悩みが目立ってしまうので、“消す”のではなく“目立ちにくくする”ことを目指してくださいね。

目の下のクマ隠しHOW TO

目の下のクマ隠しHOW TO

  1. 最初にコントロールカラーでカバーする
  2. ファンデーションを薄く塗る
  3. コンシーラーを重ねる

クマを隠す場合、どうしても隠したいからといって量を多く使うとシワに入り込んでしまうので、少ない量で隠していきましょう。

コンシーラーだけではキレイに隠せないので、最初にコントロールカラーでカバーします。コントロールカラーの色は、クマが濃い方はオレンジ、薄い方はピンクがおすすめです。塗る範囲は「クマの上」だけ。広げすぎないように注意して。

次にファンデーションを薄く伸ばし、その上からコンシーラーを重ねます。コンシーラーは、コントロールカラーよりやや広めに入れてOKです。

シミ・肝斑隠しHOW TO

  1. ベージュのコントロールカラーを塗る
  2. ファンデーション後、硬めのコンシーラーでカバーする

シミカバーに使うコンシーラーは、スティックタイプや硬めの物を使うことが重要です。

まずはシミ・肝斑の気になる頬に、ベージュのコントロールカラーを塗ります。気になる色ムラの量や範囲が広い方は「面」で。そしてピンポントにお悩みがある方は「点」で隠しましょう。

その後ファンデーションをつけ、さらに硬めのコンシーラーを指に取り、気になる悩みに重ねます。

目元・頬ともに、薄付きのファンデーションを使用する場合は、ファンデーション後にコントロールカラーとコンシーラーをしてもOKです。

※本記事で紹介した『#NoLiメイク』の方法は、動画配信もしています。

取材・文=橘美波(ハルメク365編集部)

■もっと知りたい■

  1. 肌年齢-5歳見えするファンデーションテクニック
  2. かんたん!シミ・クマ隠しテクニック
  3. プロ直伝!今日から実践できるかんたん眉メイクとは
  4. プロ直伝!崩れにくい“若見え”アイシャドウ
  5. 瞬時に気分が上がる!アイラインの簡単な入れ方
  6. “目力アップ”をナチュラルに叶えるメイクテク
  7. 目元を引き上げて見せる“ハイライト&チーク”テク
  8. 50代からのパーツメイクのコツ5選【プロ伝授】
  9. >>【動画で見る】NoLiメイク特集TOPへ

よりメイクがわかりやすい!動画チェック

▶厚塗り感ゼロで若返る!かんたんシミ・クマ隠し術

目の下のクマ隠しHOW TO

動画なら、本記事で紹介したメイクがもっとわかりやすく簡単に習得できます!
スマホで見やすい縦動画のため、メイクしながら、「一時停止」や「巻き戻し」を繰り返し、実践してみてください。

>>【NoLiメイクTOP】「今」が輝く!かんたん上品#NoLiメイク

ハルメク365編集部

女性誌No.1「ハルメク」の公式サイト。50代からの女性の毎日を応援する「観る・聴く・学ぶ・つながる」体験型コンテンツをお届けします。
会員登録をすれば、会員限定動画を始めさまざまな特典が楽しめます!

マイページに保存

\ この記事をみんなに伝えよう /

いまあなたにおすすめ

注目の記事 注目の記事