公開日:2021/01/25

3

素朴な疑問

ニットとセーターの違いとは?

 

ニットとセーターの違いとは?
ニットとセーターの違いとは?

 

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

 

セーターの毛玉を取っていたら、ふと疑問が浮かびました。そういえば、ニットとセーターの違いって何? ニットの方が、おしゃれな響きだけれど……。早速調べてみましょう。

 

ニットとセーターの違い

ニットとは、よった1本、もしくは2本の糸で、ループを作りながら編まれた生地です。縦や横によく伸びるのが特徴とされています。

 

ニットで作られた衣類には、セーターやカーディガン、ベストなどがあります。手袋、マフラーといったアイテムも、ニットと総称されます。つまり、ニットは生地の名称で、セーターは衣類の形状のことです。

 

ニットは使われる繊維によって分類される

ニットにする糸の繊維は、動物性天然繊維、植物性天然繊維、化学繊維に分類できます。

 

動物性天然繊維

軽く暖かく、吸湿性と保温性に優れていますが、縮みやすく、害虫に好まれるのが特徴。動物の生育環境、職人の技術などで品質が決まり、着心地で値段がランク付けされます。

 

  • 絹(シルク)

蚕(かいこ)の繭から作られます。動物性天然素材の中では、最も細い繊維。しなやかで光沢があり、肌触りがよいです。注意点は、色落ちしやすく、シミになりやすいこと。

 

  • ウール

羊の産毛から作られます。シワになりにくく、長持ちしますが、毛玉ができやすいのが弱点。コットンに次いで大量生産されている素材です。

 

  • カシミヤ

カシミヤゴートという山羊の産毛から作られます。型崩れしにくく光沢があり、肌触りがよいです。こちらも毛玉ができやすいのが弱点。

 

  • アルパカ

ラクダ科のアルパカの産毛から作られます。柔らかい肌触りで、保温性に優れ、熱くなると余分な熱を発散します。また、毛玉ができにくく、繊維に油を含んでいるため防水性に優れています。

 

植物性天然繊維

シワになりやすく、防寒性は動物性の天然繊維に劣りますが、吸湿性が高く、素肌に優しい柔らかな着心地が特徴です。

 

  • 綿

カットソーなど、ニット以外にもよく使われます。吸水性・通気性に優れ、肌触りがいいのが特徴です。

 

植物から採取されます。通気性が高いため、サマーニットによく使用されます。繊維は硬く太く、摩擦でけば立ちやすいです。

 

化学繊維

人工的に作られるのが化学繊維。天然繊維と変わらない品質で、手頃な値段です。レーヨン、アクリル、ポリエステルなどがあります。

 

ニットを長く使うためのお手入れの仕方

  • 一日着たら数日休ませる

ニットに毛玉ができる主な原因は、繊維の摩擦です。連続して着ると、摩擦を受ける機会も増えるため、一日着たら数日休ませるようにしましょう。

 

  • 脱いだらブラシをかける

脱いだら、洋服ブラシをかけましょう。繊維をほぐして、毛並みをそろえると、毛玉ができにくくなります。ブラッシングのコツは、こすらずに払うこと。

 

  • すぐに収納しない

脱いだニットは、一度ハンガーに吊るして、体温や湿気を取ってから収納しましょう。ただし、長時間吊るすと型崩れするので、注意が必要です。

 

  • 毛玉は小まめに取る

毛玉が目立ったら、繊維が絡まっている部分から切り離しましょう。手で毛玉を引っ張らず、ガムテープを使って優しく毛玉を引っ張って、切る部分を見つけてカットしましょう。

 

ニットのことがよくわかってスッキリしました。お気に入りのニットはケアしながら、長く大切に着たいと思います。

 

 

■人気記事はこちら!

 


 

参照:Cashbianco

   キナリノ

   CodeFile

   rolca

 

お気に入りのニットを着ると、心まで温まるような気がします。
お気に入りのニットを着ると、心まで温まるような気がします。

 

イラスト:飛田冬子

 


この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ