公開日:2020/10/17

2

素朴な疑問

日本で一番人気がある移住先は?

 

日本で一番人気がある移住先は?
日本で一番人気がある移住先は

 

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。
 

最近、「田舎へ引っ越そうかと思って」なんて言葉をよく耳にするようになりました。定年を機に都会を離れて自然の中でゆったりしたセカンドライフを、と考えている人は少なくないようですね。東京で暮らしているワタシも田舎暮らしに対する憧れがあります(ダンナさんには話してないけど……)。思い立ったが吉日、早速、地方移住について調べてみました!

 

地方移住が増えている背景


地方への移住支援や情報提供を行っている認定NPO法人ふるさと回帰支援センターによると、2019年に同センターに寄せられた移住相談数は4万9401件で、前年より20%増えたのだとか。また、これまで移住相談に訪れる人は20~30代と若い層が多かったのが、2019年は40代から70代までの全世代で相談者が少しずつ増加したとのこと。中高年の人たちにも、移住を考えている人が増えてきているのね。
 

地方移住を希望する理由はさまざまですが、最近は地方自治体の移住支援策が充実していることも背景にあるようです。Uターンの人や移住する人に補助金を支給したり、就職・結婚・出産などに支援サービスを用意したりして、移住しやすい環境をつくっているそう。確かに、人生のターニングポイントを応援してくれると移住しやすくなるわね!
 

どんな地域が移住先として人気なのか気になるところ。ふるさと回帰支援センターが調査した「2019年移住希望地域ランキング」をチェックしてみました。

 

人気移住先TOP5

1位 長野県

30代から60代の各世代で1位を獲得し、3年連続でトップに輝いている全国一の人気移住地は長野県! 日本の屋根ともいわれる雄大な山々に囲まれ、軽井沢や蓼科(たてしな)など有名リゾートも多数。変化に富んだ多彩なエリアから、希望に合わせて移住先を選べるところが人気です。

77市町村それぞれが特徴ある移住支援を行っていて、世代ごとのニーズに合わせて手厚いサポートを受けられるのも高ポイント。長野県移住ポータルサイト「楽園信州」を見れば、移住に関するさまざまな情報を得ることができます。
 

2位 広島県

数ある移住先の中でも、特に人気が急上昇しているのが広島県。2014年の18位からジワジワとランクを上げ、2019年には初のTOP3にランクインを果たしました。

 

穏やかな瀬戸内海から内陸の豪雪地帯まで変化に富んだ自然が広がり、海暮らし、山暮らし、島暮らしと環境に合わせて移住先を選べる選択肢の多さが人気の秘密。

 

県が移住相談会を幅広い世代に対して開催し、広島の魅力や多様な暮らし方の提案を積極的に行っていることが、この結果につながったようです。広島カープファンが移り住む「カープ移住」も話題です。広島県移住情報は、ひろしま移住メディア「HIROBIRO.」をチェック。
 

3位 静岡県


5年連続で5位以内にランクインしている静岡県は、落ち着いた環境の中で穏やかに生活したい人に根強い人気を誇る移住地です。世界文化遺産の富士山をはじめ山、川、海と多彩な自然に恵まれ、1年を通じて気温差が少ない温暖な気候が特徴。

 

それでいて、東海道新幹線の停車駅が多く、また、新東名高速道路が開通したことで、車での移動もさらに便利に。東京と名古屋に挟まれ都市部へアクセスしやすいのも人気に理由の一つです。静岡県の移住情報は、移住・定住情報サイト「ゆとりすと静岡」を。

 

4位 北海道

北海道は、2016年までの20位以下から、18年~19年の2年間で一気にTOP5へ上り詰めた注目エリアです。全国トップクラスの人気観光地だけに、生活しながら道内旅行を楽しめるのが大きな魅力でしょう。また、何といってもおいしい食べ物がいろいろあることも魅力です。

 

2016年から首都圏で積極的に移住プロモーションを始めたことで、移住先としてグッと身近になったことも人気の理由のようです。北海道の移住情報は、北海道への移住・定住を応援する情報サイト「北海道で暮らそう!」をご覧ください。
 

5位 山梨県

静岡と並んで霊峰・富士を抱く山梨県も、移住地ランキング上位の常連県として根強い人気を獲得しています。東京と隣接していてアクセスがよいだけでなく、使われていない空き家を資源として、移住を希望する人に貸し出しをする「空き家バンク」制度や、移住セミナーなども充実。

 

休日ごとに首都圏から通って移住先を訪ね歩くことができ、移住先探しのしやすさも魅力でしょう。子育て環境の良さから最近では若い層が移住するケースが増えているそう。山梨県の移住情報は、「山梨県移住・定住総合ポータルサイト」をチェック。
 

こうして見ると、ランキングの上位エリアは移住者を積極的に受け入れていて、サポートも手厚いことがよくわかります。移住後、地元のコミュニティーにスムーズになじめるかどうかや、働ける場所や住む家はすぐに見つかるかなど、移住後の生活をサポートしてもらえるかが、移住先の検討に際に重要なポイントとなるということですね。移住はいろいろな情報をしっかりと調べて考えましょう。
 

 

■人気記事はこちら!

 


 

参照:認定NPO法人ふるさと回帰支援センター

   Fledge

 

移住するなら……やっぱり新鮮なお肉やお魚が手に入る町しかないわね!
移住するなら、食べ物がおいしい所がいいわねぇ♪

 

イラスト:飛田冬子

 


人に話したくなる面白雑学「素朴な疑問」

 

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ