公開日:2020/02/08

2

素朴な疑問

寺カフェって何?

 

寺カフェって何?

 

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

 

いつもセンスがいいお隣の奥さんからいただいた京都旅行のお土産。とってもおしゃれな雑貨だと思ったら、「寺カフェ」で手に入れたんですって。

 

「寺カフェ」って初めて聞いたけど、どんなカフェかと思ったら、お寺が経営しているカフェだそうです。なるほど、京都にはそんな素敵な所があるのですね。興味を引かれて、ちょっと調べてみました。

 

 そうしたら、なんと! うちの近くにもあるみたい♪ 「寺カフェ」は京都や鎌倉や金沢のような古都だけじゃなくて、東京のような都心部や地方にもあるんですね。今やちょっとしたブームのようで、寺のある所に寺カフェあり、といった感じです。

 

寺カフェは、お寺の境内にあるレトロな一軒家を生かしてカフェをオープンしていることもあるし、郊外にあるお寺から離れた市街地でカフェを経営していることも。いずれも、人が集まることで「ご縁」を結ぶこと、心穏やかに過ごすことなど、仏教の教えをベースにしているようです。いつもと違ったお茶の時間が過ごせそうですよね♪

 

気になるメニューをチェックしてみると、とある地方の寺カフェでは、日本茶、抹茶、かわいい甘味のセットを提供しています。お料理は精進料理とは限らず、松花堂弁当やその地方の郷土料理が食べられます。

 

また、都心にあるおしゃれな寺カフェでは、精進懐石コースや女子会用の飲み放題付きの宴会メニューまであります。寺カフェといっても形態は多岐にわたっているのですね。

 

中には、バリスタの資格を持つ住職さんが目の前でコーヒーを入れてくれたり、お坊さんに悩み事を聞いてもらえたりする(傾聴)カフェもあります。事前によく調べて、好みのサービスを提供してくれる寺カフェに行きたいですよね!

 

カフェやランチを楽しむだけじゃなくて、写経や法話のメニューに力を入れているお寺カフェも増えています。

 

訪れた方におもてなしのお菓子を用意している寺カフェもあります。この寺カフェでは、おもてなしのお茶やお菓子に明確な価格を設定してないそうです。これは普通のカフェとは違いますね! でも、感謝の意味を込めて、お布施としてお寺にお返ししたいものですよね。

 

他にも、寺カフェではさまざまなカルチャーイベントが開催されています。ヨガ教室、ジャズライブ、ギャラリーなどがあり、今までのお寺の硬いイメージとは違って、親しみやすい開かれた新しい形のお寺の活動が進んでいます。外国人の方の観光スポットとしてもいいですよね! 地域の新しいコミュニケーションの場として、これから注目したいスポットです。

 

お茶とお菓子の振る舞いの後、お寺の一室で僧侶に話を聞いてもらえる傾聴タイムがあって、本堂でお焼香までできるお寺カフェを見つけて気になっています。早速友人を誘って予約しようかしら。

 

 

■人気記事はこちら!

 


 

参照:

   寺カフェ代官山 

   赤門テラス「なゆた」

   神谷町オープンテラス

   周防大島 お寺カフェ

   お寺カフェまとめ

  

正座で足がしびれないか心配だったけど、椅子も用意されているみたい。ホッ……。
正座で足がしびれないか心配だったけど、椅子も用意されているみたい。ホッ……。

 

イラスト:飛田冬子

 


この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ