2019/08/06 0

スーパーフードの「スピルリナ」って何?

スーパーフードのスピルリナって何?

 

夏の献立は、あっさりしたメニューをリクエストされることが多くて、家族のスタミナが心配なワタシです。とは言え、スタミナばかり気にすれば、今度は胸やけと胃もたれが心配だし……。

 

健康食品やサプリメントで栄養の不足分を補おうかしら? なんて考えることもあるのですが、種類が豊富過ぎて、どれにすればいいのやら。悩んでいると友人があるスーパーフードを紹介してくれました。

 

スーパーフード!? 名前は聞いたことがあるけれど、本当に効くのかしら。気になったので調べてみました。一般社団法人日本スーパーフード協会によると、スーパーフードには次のような定義が定められています。

 

・栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品であること。 あるいは、ある一部の栄養・健康成分が突出して多く含まれる食品であること。
・一般的な食品とサプリメントの中間にくるような存在で、料理の食材としての用途と健康食品としての用途を併せ持つ。

 

食卓にスーパーフードを取り入れれば、サプリメントを何種類も飲んだり、がんばって食材の品数を増やしたりしなくても、土台から栄養バランスを整えてくれそう。ワタシとお父さん世代にはピッタリじゃないかしら? 

 

代表的なスーパーフード(クコの実やアサイーなど)10種類が「プライマリースーパーフード」と呼ばれています。その中でも「スーパーフードの王様」と称されるのが「スピルリナ」という食用藻です。

 

スピルリナの語源はラテン語で「ねじれたもの」「らせん」を意味するspira。その名の通りクルッとした形状の藻類(そうるい)で、30億年も昔から存在しているといいます。

 

藻類ということは、おなじみのユーグレナやクロレラの仲間ですが、その栄養の豊富さから、美と健康の「藻活」に励む人たちの注目を集め、美容や健康業界では、今まさにトレンドなのだそう。

 

スピルリナには、たんぱく質やミネラルといった6大栄養素が含まれており、その他にも核酸や酵素など、なんと50種類以上の栄養があるとされています。味は海苔やわかめのような味や香りがするそうです。

 

スピルリナが自生していたアフリカやメキシコの先住民は、パンやスープにして食べていたそうです。他にはどのようなレシピがあるのでしょう? 

 

調べてみると、粉末のスピルリナが市販されていました(これは便利!)。パウダー状になっているので、パンや麺類はもちろん、スムージーやケーキの生地といったデザートにも、簡単に利用できますね。

 

スーパーフードといえば、オーガニックレストランや海外セレブ御用達といったおしゃれなイメージだったのですが、実はアイスの「ガリガリ君ソーダ味」のブルーが、「スピルリナ青色素/リナブルー」なのだそうです。一気にスーパーフードが身近なものに思えますね。

 

■人気記事はこちら!

知ってるようで実は知らない? 

素朴な疑問ランキング

 


 

参照:一般社団法人日本スーパーフード協会

   DICライフテック株式会社

 

スーパーフードで夏バテも乗り越えよう!
スーパーフードで夏バテも乗り越えよう!

 

イラスト:飛田冬子

 


人に話したくなる面白雑学「素朴な疑問」

 

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ