公開日:2018/09/04

9

素朴な疑問

みかんの白い筋は食べたほうがいいの?

みかんの白い筋は食べたほうがいいの?

 

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

 

みかんの白い筋って、気にせずそのまま食べますか? それともキレイにツルツルにしてから食べますか? みかんの食べ方というのは人それぞれ個性が出ると思うんだけど、なかでも分かれるのはみかんのあの白い筋の処理だと思うんです。
 

え? ワタシ? ワタシの小さい頃は、「白い筋も栄養なんだから食べなさい」なんて母に言われて、なんとなく納得しちゃってそのままン十年、白い筋も食べてました。(そんな人多いでしょ?)

 

でもみかんの白い筋を食べると、栄養になるというのは本当かしら? この年になってちゃんと説明できないのは恥ずかしいので、ちゃんと調べてみました!(遅すぎ?)
 

そうしたら、ワタシたち世代にはとっても大事な栄養がたっぷり入っていました! 

 

まず、みかんのあの白い筋は「食物繊維」で、食べることでお通じが良くなるのです。みかんを食べ過ぎるとなんだかお腹が緩くなるのはこういう理由からなのかもしれません。
 

でも普段便秘に苦しんでいるワタシには、かなりの朗報! だから野菜嫌いの人でも、みかんなら食べられるって人は白い筋も食べる方がいいです。

 

もうひとつの白い筋の栄養は「ヘスペリジン」という、ポリフェノールの一種でもあり、ビタミンPとも呼ばれている成分なんです。このヘスペリジンはみかんと一緒に食べることで、みかんに含まれているビタミンCの吸収が良くなるんです!(いいわね~♪)

 

それだけじゃなく、ヘスペリジンは毛細血管の通りを良くし、血管の健康を保つ働きをしてくれるので、コレステロール値や血圧を下げ、正常値に近づけてくれるんですって。コレステロール値や血圧が高いことを注意されている人は、ちょっと意識して食べたいですね。
 

そしてあの白い筋は、本当は「維管束」(いかんそく)という名前がちゃんとあるんですって……。ワタシ、名前を知らなくてずっと「白い筋」って呼んでました。(涙)
 

それから、そのみかんの白い筋「維管束」の正体って、人間でいうところの「血管」だったんです! 白い筋は栄養を実に送り届ける役割を持ってたんですね。(ただの筋ではなかった)

 

母が言っていた「全部食べなさい」っていうのは、あながち間違いではなかったですね。

 

これからは「白い筋には栄養がたくさん詰まってるんだから、全部食べなさい」って胸を張って言えそうです(胸を張るほどでもない?)。

 

 

■人気記事はこちら!

 


 

顔が黄色くなるまで、みかん食べたことあるひとー? は~い!
顔が黄色くなるまで、みかん食べたことあるひとー? は~い!

 

イラスト:飛田冬子

 


この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ