素朴な疑問固定電話が2024年に廃止するって本当?

公開日:2023/05/21
固定電話が2024年に廃止するって本当?
固定電話が2024年に廃止するって本当?

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

 

TVで固定電話の回線が変わるというニュースを見たのだけれど、よく内容が理解できませんでした……。

 

固定電話が廃止になるということは、今使っている電話が使えなくなるということ? 携帯電話を使っているからほぼ固定電話は使っていないのだけれど、急に無くなると言われると困るような……。しっかり理解するために、調べてみました!

 

固定電話はそのまま使える!アナログ回線→IP網へ移行

固定電話はそのまま使える!アナログ回線→IP網へ移行

2024年1月に、NTTがアナログ回線をIP網に切り替えると発表したことで、「固定電話が廃止される」と勘違いしている人も多いのですが、実際は廃止されるわけではなく、回線が切り替わるだけ。手続きなども必要なく、今まで通り固定電話が使用できます。

 

固定電話には、アナログ回線とデジタル回線(ISDN)が使用されてきましたが、その回線には中継交換機や信号交換機といった設備が必須です。

 

しかし、これらの設備が2025年頃に維持限界を迎えることや、固定電話の需要が減少していることから、アナログ回線とデジタル回線は廃止され、IP網へ以降されるということです。

 

IP網に以降されると、交換機の代わりにルーターが用いられますが、利用する人が工事や特別な設定などをする必要はなく、今までの固定電話をそのまま利用できます。

 

ただし、以下のサービスは終了します。

 

  • INSネット(デジタル通信モード)
  • ビル電話
  • 支店代行電話
  • 着信用電話
  • 短縮ダイヤル
  • キャッチホン・ディスプレイ
  • ナンバー・アナウンス
  • でんわばん
  • トーキー案内
  • 発着信専用機能
  • ノーリンギング通信
  • 二重番号サービス
  • トリオホン
  • なりわけサービス
  • 114(お話中調べ)
  • 空いたらお知らせ159
  • ナンバーお知らせ136

 

さらに、IP電話は距離にかかわらず通話料が一定です。通話料は一律9.35円/3分となり、現在の県内通話の最安料金と同じ料金となるため、通信費を削減できると言われています。

 

固定電話の自宅での工事は不要!勧誘に注意しよう

固定電話の自宅での工事は不要!勧誘に注意しよう

前述した通り、2024年1月以降そのまま固定電話を利用したい人も、工事や切り替え作業は不要で、自動的に回線が切り替わります。

 

しかし、「このままでは固定電話が使えなくなる」という噂は、光回線契約を結ばせようとする業者によるものが大きく、実際に国民生活センターに寄せられている相談の中には、業者から「固定電話が使えなくなるから光回線を契約したほうがいい」などと言われ、無理やり光回線を契約させられたというような相談内容もあります。

 

あまりにもしつこい勧誘や、無理やり契約書が送られてきたなど、トラブルが生じた場合はすぐに近くの消費者センターへ相談することをおすすめします。

 

■人気記事はこちら!


参照:国民生活センター

   Voice

   NTT西日本

ハルメク子さん
無理やり契約させられるようなことが無いように、周りにも教えてあげなきゃ!

イラスト:飛田冬子


マイページに保存

\ この記事をみんなに伝えよう /

365会員特典

365会員に登録する
無料会員に登録する
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line

LINE友だち追加