2018/12/31 0

年越しそばの由来は? いつから始まったの?

 

今日は大晦日。「NHK紅白歌合戦」を観ながら年越しそばを食べるのが我が家の定番です。少し前までは格闘技とお笑い番組と紅白でチャンネル権を争ったりもしていたっけ……。だけど私は子供の頃から、「NHK紅白歌合戦」と年越しそばはセットだと思って育ってきました。

 

NHK紅白歌合戦は今年で69回目を迎えるそうだけど、年越しそばはいつから始まった文化なのかしら? そう思って調べてみると、年越しそばにはNHK紅白歌合戦以上になが~い歴史があることがわかりました。

 

なんと、年越しそばは江戸時代から続く日本の文化なんですって! 『大阪繁花風土記』という、1814年に書かれた書物にも「十二月三十一日 晦日そばとて、皆々そば切をくろふ。当月節分、年越蕎麦とて食す」という記述が残っているから、遅くても1814年には始まっていた文化みたいです。ということは、もうかれこれ200年以上は続いているんですね。

 

いつのまにか年越しそばの200周年を過ぎていたのね、と思っていたら、どうやら初めて書物ではっきりと「12月31日にそばを食べる」と書かれたのが1814年というだけで、年越しそばの歴史自体はもっと長いみたいなんです。

 

年越しそばの起源は、江戸時代の中期に商家で行われていた「三十日(みそか)そば」という習慣なのだとか。この「三十日そば」が徐々に形を変えていった結果、大みそかにだけ食べられる「年越しそば」に変わったんだそう。さらにその当時、江戸の人々の間では脚気が大流行。「そばを食べると脚気にならない」と言われたことで、江戸ではそばも一緒に大流行したことから、年越しそばが江戸っ子の間で定着したようです。実は、脚気の原因はビタミンB1の不足。そばにはビタミンB1が豊富に含まれているので、そばをよく食べていた人は脚気にならなかったのでしょう。

 

年越しそばには、同時にさまざまな呼び名もあります。具体的には、「そばが細く長いことから延命・長寿を願う」寿命そば、「鎌倉時代、博多のお寺が町人にそばを振舞ったところ、翌年から町人たちの運気が上がったことにあやかる」運気そば、「金細工の職人が、散らばった金粉を集めるのにそば粉を練った団子を使うことから、そばは金を集める縁起物とする」福そば、「そばは切れやすいことから、1年間の苦労を翌年に持ち越さないことを願う」縁切りそばなど、諸説あるとされています。(どれを選んでも縁起がいい!)

 

ちなみに、年越しそばには外せない薬味のねぎについても「労ぐ(ねぐ)」という言葉のもじりだという説もあります。1年間頑張った自分を「ねぎ」らうためにも、年越しそばにはぜひともねぎをセットで載せたいですね。

 

参照:日本麺類業団体連合会/全国麺類生活衛生同業組合連合会   

 

「来年はそばみたいに細いボディになるわ!」

 

イラスト:飛田冬子

 


知っているようで実は知らない?素朴な疑問ランキング 

 

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ