素朴な疑問グラニュー糖と白砂糖(上白糖)の違いって?

公開日:2022/05/27
グラニュー糖 砂糖 違い
見た目は似てるけど、違いはあるの?

 

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

 

先日、新しくできたスーパーに行ったときのことです。そういえば砂糖が切れそうだったわね、と思って砂糖売り場に行くと、あらゆる種類の砂糖がずらり!近所のスーパーの砂糖の品揃えはシンプルなので、「砂糖ってこんなにたくさんの種類があるの?」と驚いてしまいました。

 

「お菓子づくりにはグラニュー糖、料理には白砂糖(上白糖)がいい」なんて話を聞いたことがあるけど、具体的にどんな違いがあるのかまでは知らなかったワタシ。気になったので調べてみました!

 

グラニュー糖と白砂糖(上白糖)の違い

グラニュー糖と白砂糖(上白糖)の違い

どちらも真っ白で、料理やお菓子作りに欠かせないグラニュー糖と白砂糖(上白糖)。それぞれの違いを見てみましょう!

 

「グラニュー糖」は、甜菜(てんさい)やサトウキビなどの絞り汁を精製し、結晶化させたものです。精製してあるため純度が高く、淡白な甘みで、味にも癖がありません。

 

また、グラニュー糖はサラサラしていることも特徴です。普通のグラニュー糖の他にも、粒が細かく溶けやすい「細目グラニュー糖」もあり、口当たりよく仕上がるためお菓子作りに使われています。

 

「白砂糖(上白糖)」は、グラニュー糖と同じように甜菜やサトウキビから作られますが、製造過程の最後に転化糖(ブドウ糖と果糖の混合物)が加えられています。

 

コクと濃厚で強い甘みがあり、グラニュー糖に比べて高い吸湿性があるため、しっとりしています。粒が小さいため溶けやすく、無色透明で料理に色がつかないので、さまざまな料理に使われます。

 

グラニュー糖と白砂糖(上白糖)では甘みの感じ方が異なり、白砂糖(上白糖)の方が甘みが強く感じます。大さじ1の重さにも違いがあり「グラニュー糖は大さじ1で12g」「白砂糖(上白糖)は大さじ1で9g」です。

 

料理・お菓子作りでの使い分け方

料理・お菓子作りでの使い分け方

見た目は似ているグラニュー糖と白砂糖(上白糖)ですが、味わいや性質が異なるため、料理やお菓子では2つを使い分けるのがおすすめです。

 

【グラニュー糖】

  • 軽く仕上げたい焼き菓子(タルト、ビスケット、スポンジケーキなど)
  • 濃い焼き色をつけたくないお菓子(キャラメルなど)
  • ホイップクリーム、メレンゲ
  • 素材の味を邪魔せずに甘みを付けたい料理
  • コーヒーや紅茶などの飲み物 など

 

【白砂糖(上白糖)】

  • しっとり仕上げたいお菓子(カステラなど)
  • 焼き色を付けたいお菓子や料理
  • 甘みだけではなく、コクをプラスしたい料理

 

白砂糖(上白糖)には焦げやすい性質があるため、焼き色をつけたい場合には向いていますが、焼き色をつけたくない場合はグラニュー糖がいいでしょう。

 

せっかくだし、ワタシもこの機会に砂糖を使い分けてみようかしら♪

 

■人気記事はこちら!


参照:DELISH KITCHEN

   cookpad

   Sweeten the Future

 

ハルメク子さん
砂糖って奥が深いのね!

 

イラスト:飛田冬子


 

\ この記事をみんなに伝えよう /

365会員特典

365会員に登録する
お試し会員に登録する
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line

ハルメクのおすすめ記事がLINEに届く!LINE友だち追加