素朴な疑問桜は満開から何日で散り始めるの?

公開日:2022/03/30
桜の花を見れば、散るタイミングがわかる!
桜の花を見れば、散るタイミングがわかる!

 

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

 

春といえば桜の季節! 小さな蕾(つぼみ)が少し開いているのを見ると、満開になる日が待ち遠しくてワクワクしてしまいます。でも、注意したいのが見頃の期間です。

 

「あら、きれいに咲いたわね♪」なんて思っていたら、あっという間に散ってしまうので、きれいに咲いたタイミングを逃さないようにしなくちゃいけません。

 

今年は絶対満開の桜を見るわよ! ということで、桜が散るタイミングについて調べてみました。

 

桜は満開から1週間ほどで花が散り始める

桜は満開から1週間ほどで花が散り始める

地域や気候によっても変わってきますが、桜が開花してから散り始めるまでの期間は、約10日〜2週間ほど。満開になってからだと、1週間ほどで少しずつ花が散り始めるそうです。

 

桜の時期は雨が降ることもあり、風や水滴によって花びらが早く散ってしまうこともあるため、天気予報をしっかりチェックしておきましょう。

 

ちなみに、桜の花を散らす雨は「桜流し(さくらながし)」や「桜雨(さくらあめ)」と呼ばれます。桜が散ってしまうのは寂しいけれど、とっても素敵な響きの名前です。ビニール傘を差して、雨の日のお花見もいいかもしれません。

 

桜の花が散るサインは「花の中心」をチェック!

「桜は満開から1週間ほどで花が散り始める」とはわかっていても、近所に咲いている桜がいつ満開になったのかわからないのであれば、桜の散り時がわかりませんよね。

 

そんなときは、「桜の花の中心」をチェックしましょう!

 

ソメイヨシノは、花を咲かせた後、花の中心部分の色が少しずつ変化していくという特徴があります。

 

  • 咲き始め(画像左)……花の中心部分がまだ白色もしくは緑色っぽい
  • 散り始め(画像右)……花の中心部分が赤く色づいてくる

桜の花の中心

 

桜の花を覗き込んで、中心部分が赤くなってきていたら、そろそろ散っていくというサイン。桜は散っていく姿も美しいので、散り時を見極めて、幻想的な桜吹雪を楽しみたいわね♪

 

■人気記事はこちら!


参照:ウェザーニュース

   ウェザーニュース

   弘前公園

 

今年は花より団子になってしまわないようにしよう
今年は花より団子になってしまわないようにしよう

 

イラスト:飛田冬子


\ この記事をみんなに伝えよう /

365会員特典

365会員に登録する
お試し会員に登録する
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line

ハルメクのおすすめ記事がLINEに届く!LINE友だち追加