公開日:2022/04/05

0

素朴な疑問

つつじとさつきの花の違いって?

つつじとさつきの花、どんな違いがある?
つつじとさつきの花、どんな違いがある?

 

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

 

春になって暖かくなってくるとうれしいのが、たくさんの花を見られること。ふっくら膨らんだ小さな芽を見つけると、いつきれいに咲くのかしらとワクワクしてしまいます。

 

この時期の花といえば、街路樹の下で色鮮やかにピンク色の花を咲かせる「つつじ」や「さつき」ですが、見た目がそっくりなこの花たちには一体どんな違いがあるんでしょう? 気になったので調べてみました!

 

つつじとさつきの違いって?見分け方は?

見た目も開花時期もそっくりなつつじとさつき、調べてみると「さつきはつつじの一種である」ということがわかりました。どうりでそっくりなのね!

 

「つつじ」はツツジ科ツツジ属の植物の総称を指し、「さつき」はツツジ科ツツジ属に分類される植物の一つなんだそうです。

 

つつじとさつきの見分け方は、実は簡単! 花も葉っぱも、大きい方が「つつじ」です。

 

つつじ

【つつじ】

  • 品種:ツツジ科ツツジ属の植物の総称
  • 見た目:花びらが大きく、枝先に2〜4つほどの花を咲かせる。葉が大きめで、ツヤがない。
  • 開花時期:4月〜5月中旬
  •  

さつき

【さつき】

  • 品種:ツツジ科ツツジ属に分類される植物の一つ
  • 見た目:花びらが小さく、肉厚。1つの蕾(つぼみ)から2~3つの花を咲かせる。葉は小さめで、ツヤがある
  • 開花時期:5月下旬〜6月上旬

 

日本人に最も親しまれている植物の一つであるつつじは、江戸中期に大きなブームが起きました。

 

このときにいくつもの園芸品種がつくられましたが、それらを大まかに区別するために4月〜5月中旬に咲くものを「つつじ」、5月下旬〜6月上旬咲くものを「さつき」と呼び始めることにしたそうです。

 

つつじは「春」、さつきは「夏」季語も違う!

つつじは「春」、さつきは「夏」季語も違う

つつじとさつきでは、季語も違います。4月〜5月中旬に咲くつつじの季語は「春」、5月下旬〜6月上旬に咲くさつきは「夏」の季語です。

 

つつじが咲き終わった頃、気温が上がり始めて、梅雨に差し掛かる頃に咲くのがさつきというわけね!

 

つつじもさつきも、耐寒性 ・耐暑性に強く、栽培しやすい庭木・花木に分類されるそうなので、お家で栽培に挑戦してみようかしら♪

 

■人気記事はこちら!


参照:Green Snap

   ニワショナル

   みんなの趣味の園芸

   きごさい

つつじもさつきも、蜜がおいしいのよね!
つつじもさつきも、蜜がおいしいのよね!

 

 

イラスト:飛田冬子


この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ