公開日:2022/02/05

2

素朴な疑問

精米店って何?どう利用すると便利?店主に聞いてみた

精米店って何?どう利用すると便利?店主に聞いてみた

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

昔は、町に何店舗もあってなじみがあった精米店。最近は、すっかりスーパーや通販でお米を購入することが多くなって、利用する機会が少なくなりましたよね。

最近、子どもに「精米店って何をする店なの?」と聞かれたけれど、ワタシもうまく説明できなかったんです。そこで、東京都杉並区にある小張精米店の店主・小張正就さんに、直接話を聞いてみました。

精米店はどんなサービスを提供しているの?

驚くハルメク子さん精米店でお米を買うメリットって何ですか?

小張さん:基本的に精米店では、玄米を仕入れて精米して販売しています。サービスとして、直接ご自宅まで配達をする場合も多いです。

精米店を利用するメリットは、揃えているお米の品種が多いことですね(お店にもよります)。あとは自ら精米ができるのが強みなので、鮮度が高い場合が多いと思います。

あとはお米にまつわるストーリーを聞けるので、食に対して思い入れを深めていただけるのではないでしょうか。

 

昔と今だと、精米店のサービスの内容は変化しているの?

猫のしなやかな動きがうらやましいわ~。精米店って、今と昔ってサービス内容に違いはあるのかしら?

小張さん:最近はひと世帯の人数も減ってきているので、少量の注文に対応するようになってきていますね。

近年は、お米の品種も「ダイバーシティ(多様性)の時代」といえるほど、たくさんの種類が登場しています。それに合わせてレベルも全体に底上げされていますが、品種ごとに味の個性があり、人それぞれで趣向が合うとは限りません。

「お米の嗜好品化が進み、どのお米がおいしいか」、という判断基準から「どのお米が自分の口に合うか」の時代になったといえるでしょう。

お米マイスターの資格を持った店主がいる精米店であれば、どのお米の品種が好みに合うかというご相談にもお答えできますよ。
 

精米は、好みでリクエストしていいのかしら?

驚くハルメク子さん精米してもらうときって、どうやって注文すればいいのですか?

小張さん:精米方法は、精白米、分づき米、胚芽米、無洗米などがあります。

3分精米(3分づき)・5分精米(5分づき)・7分精米(7分づき)など、分づきの前についている数が、削る割合を表しています。精白米は100パーセントぬかを削りますが、7分は70%削るという意味になります。

玄米は食べづらいのが苦手だけど、糠層にある脂質、ビタミン、無機質、機能成分などを残したいという方は3〜7分づきを試してみるといいでしょう。

そして、胚芽(はいが)のみを残すように精米したのが胚芽精米です。食感は白米とほとんど変わりませんが、ビタミンB1、ビタミンE、食物繊維が豊富で健康にいいと注目されています。

また、水を入れても一定レベルより濁りが少ないように加工したものが、無洗米です。
 

お米は搗(つ)きたての方がおいしいの?


がっかりするハルメク子さんコーヒーは挽きたてがおいしいけれど、お米も精米をしてもらってすぐの方がおいしいのでしょうか?
小張さん:コーヒーほど繊細ではないと思いますが、鮮度は高いに越したことはないですね。ぜひ、一度精米店を利用してみてください。

■取材・監修

小張精米店 小張正就さん

小張精米店 小張正就さん
昭和の始めに創業した小張(こばり)精米店。二代目ご夫婦と三代目の若夫婦が協力し合い、全国から選りすぐった米の卸売りや小売り販売をしている。
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/kobariseimaiten/

■人気記事はこちら!

 


 

丁寧に急須で入れたお茶は格別!
私の口に合うお米を、お米マイスターに相談してみよう!

イラスト:飛田冬子

 


この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ