公開日:2021/06/21

4

素朴な疑問

なすを長持ちさせる保存方法とは?

 

なすを長持ちさせる保存方法とは?
なすを長持ちさせる保存方法とは?

 

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

 

なすは、煮ても焼いてもおいしくいただける上に、どんなジャンルとも相性がよく、冷蔵庫の中にあると重宝する食材の一つですよね。

 

でもすぐにしなびてしまうし、中の種が黒くなったり断面が黒ずんだりと、日持ちしないのが困りものです。もっと上手に保存する方法はないのでしょうか? 早速調べてみました!

 

新鮮ななすの選び方

新鮮ななすの選び方

見た目や触感でわかる新鮮ななすのチェックポイントをまとめてみました。

 

  • 皮に張りとつやがある
  • 皮が濃い黒紫色で傷や色ムラがない
  • トゲのある品種の場合は、トゲがとがっている
  • ヘタの切り口がしなびていない
  • ガクの下が白い
  • 持ったときにずっしりとした重みがある

 

見た目だけでもこんなに見分けるポイントがあるんですね。それでは、保存方法についても見てみましょう!

 

なすの正しい保存方法

なすの正しい保存方法

  • 冷蔵保存

冷蔵庫や野菜室であれば、1週間から10日ほど保存可能です。ただし、寒さに弱いなすは、冷蔵庫のような寒い場所で保管すると、低温障害(寒さにより傷んでしまうこと)を起こしやすい野菜です。また、なすは乾燥に弱いため、冷蔵庫の風が当たっていると、乾燥してしなびてしまいます。こうした状況を予防するための冷蔵方法の手順を紹介します。

 

  1. なすを一つずつラップに包む
  2. ジッパー付きの保存袋やビニール袋に入れて野菜室(5~7℃程度)で保存する

 

  • 冷凍保存

【生のまま冷凍する場合】
なすを長期保存したい場合は冷凍するのがおすすめです。冷凍する際は、冷凍ヤケを予防するのが大切です。きちんとした保存方法であれば、1か月ほど日持ちします。自然解凍をすると水っぽくなってしまうため、冷凍のまま調理をするのがなすをおいしく食べるコツです。

 

  1. へたをカットして、ひと口サイズの輪切りや乱切りにカットする
  2. 水を張ったボウルに入れて10分ほどアクを抜く
  3. キッチンペーパーで水気をふき取る
  4. ジッパー付きの保存袋に、重ならないように並べて冷凍する(アルミトレイに載せると早く冷凍できる)

 

【調理したものを冷凍する場合】
焼きなすにして冷凍すると、ほとんど味が落ちることなくおいしくいただけます。調理済みのため、あと一品欲しいときや忙しいときなど、さっと出せて便利ですね! 使うときは、自然解凍でもレンジで解凍してもOKです。

 

  1. グリルや焼き網などでなすの皮が黒くなるまで焼く
  2. 皮をむいてよく冷まし、食べやすい大きさにカットする
  3. 調理したなすをよく冷まし、1回分ずつラップで小分けにする
  4. ジッパー付きの保存袋に入れて、できるだけ空気を抜いて冷凍する

 

なすって、生だけじゃなく調理してから保存しておくこともできるんですね。賢く保存して、おいしくいただきたいと思います!

 

 

■人気記事はこちら!

 


 

参照:カゴメ株式会社

   旬の食材百科

   旭化成ホームプロダクツ株式会社

   株式会社ニチレイフーズ

   オリーブオイルをひとまわし

 

これからは、たくさん買っても無駄にしないで済みそうね!
これからは、たくさん買っても無駄にしないで済みそうね!

 

イラスト:飛田冬子

 


この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ