公開日:2021/04/22

1

素朴な疑問

濡れた靴を早く乾かす方法とは?

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

 

出先で夕立に遭ってしまい、靴まですっかりビショビショです。明日も履く予定なのに、自然乾燥は難しそう……、困ったわ。そうだ! 濡れた靴を早く乾かす方法について調べてみましょう!

 

濡れた靴を早く乾かす|基本の方法

濡れた靴を早く乾かすには、まず、水気を切り、風通しのいい場所で、乾きやすい工夫をして干すことがポイントです。また、干す場所の環境は、温かい場所、湿度の低い場所が適してします。

  1. 水気を切る
    乾いた雑巾で水気を切ります。泥や汚れが付いていたら、靴ブラシで払い落しておきましょう。スニーカーなど布地が丈夫な靴は、雑巾やタオルでくるんで、洗濯機の脱水にかけてもいいです。
     
  2. 風通しのいい場所で
    靴は玄関で乾かすという人が多いと思いますが、玄関は湿気がこもりやすいため、乾きにくい場所です。晴れていればベランダなど屋外に出し、室内の場合は、靴の下に新聞紙などを敷き、換気のいい場所に置いて乾かします。
     
  3. 乾きやすく干す
    靴の中全体に風が通るよう、靴ひもは外し、壁際に立て掛けて干します。乾きやすいのは爪先が上ですが、型崩れする可能性があります。形崩れが気になるなら爪先を下にして干します。新聞紙などを靴の下に敷いておくと、靴から染み出してくる水分を吸収することができます。

 

濡れた靴を早く乾かす|その他の方法

自宅にあるものを利用して濡れた靴を乾かす方法も紹介します。

  • ドライヤーを当てる
    干す前にドライヤーを当てると、乾くまでの時間が短縮できます。ただし、ドライヤーだけで完全に乾かすには時間がかかるので、あくまでも干す前の準備として行いましょう。スニーカーなど丈夫な靴は温風で乾かせますが、近づけ過ぎないよう注意してください。ドライヤ―の熱で靴の接着面が剥がれたり、靴が変形したりする場合があります。革靴などデリケートな靴は冷風で乾かします。
     
  • 靴の中に紙を詰める
    湿気を吸収するよう新聞紙やキッチンペーパーを丸めて靴の中に詰めます。湿ってきたら小まめに交換しましょう。靴の爪先部分は乾きにくいので、新聞紙やキッチンペーパーは、爪先まで詰めるのがポイントです。
     
  • 空中に干す
    空中に干すことで、靴の中に風がしっかり通ります。大きめのS字フックで吊るす、ペットボトルや瓶を立てて、履き口を差す、靴干し用ハンガーに吊るすなどの方法があります。靴干し用ハンガーは市販もされていますが、針金のハンガーの両端を上向けに折り曲げれば靴が掛けられます(なるほど!)。
     
  • 扇風機を当てる
    扇風機で常に新鮮な風を当てると、乾燥が早くなります。微風でも十分です。
     
  • カイロを詰める
    片足に一つずつ使い捨てカイロを詰めて放置すると、カイロの発熱作用で、靴に染み込んだ水分が蒸発します。6時間程度でかなり乾くので、一晩あれば翌日には履けそうです。

 

自宅にある物を利用して、靴を早く乾かせるのね! 今まで新聞紙を靴に詰めるくらいしかしてなかったから、今日は、他の方法を試してみます!

 


■人気記事はこちら!

 


 

参照:コジカジ

   くらしのマーケットマガジン

   StudioAlice ママノミカタプロジェクト

歌舞伎を見に行って「成田屋っ!」って叫んでみたいわ〜♪
靴を濡れたままにしておくと、形崩れの原因になるそうです。

 

イラスト:飛田冬子

 


 

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ