公開日:2021/05/19

1

素朴な疑問

カットできるまな板シートって何?

 

カットできるまな板シートって何?
カットできるまな板シートって何?

 

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

 

定期的にまな板を漂白するって、少し面倒ですよね。でも、衛生面には気を使いたいし……。そういえば先日友人が、カットできる「まな板シート」が便利だと言っていました。使い捨てができて、常に衛生的なんですって。気になるので、早速調べてみました!
 

 

カットできる「まな板シート」とは

 

まな板シートは、いつも使っているまな板の上にのせて使います。一般的なまな板サイズのシートもありますが、アルミホイルやラップのようなロールタイプがおすすめ。自由にカットすることができて便利です。

 

必要な長さのシートを引っ張り出して、箱に付いているスライドカッターを左右どちらかに滑らせてカットします。スライドカッターは、刃に触れなくても切れる仕様なので、子どもでも扱えます。

 

シートは、ある程度の厚みと強度があるので、包丁で切ってしまう心配はほぼないそうです。また、凹凸のエンボス加工が施されているため、食材がすべりにくくなっているのもうれしいポイント。

 

まな板シートを使えば、肉や魚の脂や血が、直接まな板に付かないので衛生的。特に、食中毒が増える季節には安心です。キュウリやナスなど、野菜を切ったときの色移りや、ニンニクやショウガの臭い移りも防げます。

 

ところで、切った食材を鍋やフライパンに入れるとき、ポロポロこぼれることってありませんか? まな板シートは丸められるので、こぼさず確実に食材を運べますよ!

 

シートには切れ目が付いてないので、パン生地やピザ生地をこねるときは、大きめにカットして敷くとよいでしょう。そうそう、調理だけでなく、引き出しの中のすべり止めシートとしても使えますよ!
 

 

まな板シートはアウトドアでも使える

まな板シートは、バーベキューやキャンプなどのアウトドアシーンでも大活躍します。肉魚用、野菜用のまな板を持って行くのかさばりますが、まな板シートならロール状のままか、あらかじめ何枚かカットして持っていけばいいですね。

 

バーベキューでは、子ども用のランチョンマットとしても使えますし、切り分けた料理をそのままお皿へのせれば、洗い物が減ります。野外では、洗い場まで距離がある場合が多いので、使い捨てできるまな板シートの存在はありがたいですよね。カットしたフルーツや、サンドイッチ程度の軽食なら、そのままお皿として使ってもよさそうです。

 


幅約25cm×3mのロールタイプは500円程度で購入できます。まな板シートがあれば、衛生面の心配がなく、ラクに家事ができたりして、お料理のプチストレスが解消されそうです。
 

 

 

■人気記事はこちら!

 


 

参照:CAINZ ONLINE SHOP

   えんウチ

   トクバイニュース

 

まな板シートを考えた人ってすごいと思います。
まな板シートを考えた人ってすごいと思います。

 

イラスト:飛田冬子

 


この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ