プロの掃除・片付けワザ・13

玄関掃除から始める!人を呼べる家づくりの3ステップ

公開日:2021.11.30

家事代行サービス「カジタク」スタッフが掃除・片付けのコツを紹介する連載企画。今回からは特別編として、大掃除で「人を呼べる家づくり」をするポイントを紹介します。玄関・ダイニング・トイレの3か所掃除で、家族・友人と新年を迎える準備をしましょう!

人を呼べる家のポイントは清潔感!3か所掃除でOK

家事代行サービスを依頼した理由を聞いたとき、「人を呼べる家にしたい」そうおっしゃる方は、とても多いです。

その言葉の中には「部屋が散らかっていて恥ずかしい」という思いや「きれいにしなくちゃ」という義務感や焦りもあるのではないでしょうか。そのような気持ちを感じたときに、具体的な行動につなげると、家を整えるスピードが速まります。

「人を呼べる家」は、モデルルームのような見栄えのよい家のことではありません。何よりも、その家に住む人にとって居心地の良い空間であることが大事です。見栄を張るような装飾を施したり、無理に立派に見せたりする必要はありません。

大事なのは、「清潔感」です。身だしなみと一緒なのです。飾らなくても「清潔感」があれば、そこに自然と品格が芽生えます。

人を呼べる家にするには、家中を片付けないといけない、ということはありません。ひとまずは、お客さまが使う場所である玄関、ダイニングテーブル(お茶をする場所)、お手洗いの3か所だけきれいにすれば大丈夫です。

人を呼べる家のポイントは清潔感!3か所掃除でOK

今回は、家の顔である玄関を、清潔な空間にするヒントをお伝えできればと思います。

片付け・掃除・インテリアの順に整える

玄関に限ったことではありませんが、人を呼べる空間をつくるために必要な手順は3つあります。

  1. 片付け 
  2. 掃除
  3. インテリア

中でも「片付けが8割」と言えるのではないかと思います。

「出しっぱなしのもの」と「収納棚に入りきらないもの」が目に入らなければ、パッと見はきれいに見えるはず。つまり、(1)の片付けさえしっかりできていれば、あとは掃除機をかけるだけで、人を呼べる家にできるのです。

玄関の大掃除・手順1:片付け

人を呼べない原因は、モノが出しっぱなし状態になっていることです。要は散らかっているから恥ずかしいわけです。対策としては、増え過ぎたものを見直し、適正な量にまで減らしていくことに尽きます。

下記のようなものが玄関にある場合は、どんどん取り除きましょう。

  • 段ボール
    段ボールがあると一発でアウト、というほど景観への破壊力があります。速やかに玄関から移動しましょう。
     
  • 見た目が微妙なもの
    靴箱に新聞紙などを敷いてから靴を並べる方法は、どうしても野暮ったく見えてしまいがち。湿気や汚れ対策だとしても、長時間敷きっぱなしだと逆に掃除しにくい原因に。取り除くとスッキリきれいに見えます。
     
  • 実は役に立っていないもの
    使われていない靴のお手入れ用品、消臭・除湿効果が切れているグッズなどを取り除きます。
     
  • ホコリをかぶっているもの
    ホコリをかぶった装飾品は、片付けられないことをアピールしてしまうことになります。
     
  • 生活感丸出しの雑貨
    玄関に雑貨(ハンカチ・マスクなど)がむき出しで置いてある場合は、目立たないように収納するか、収納を玄関以外の場所に変えます。
     
  • お役目が終わっているもの
    まったく履いていない靴、余分な傘、疲れ切っているスリッパなどは、お別れの時です。
     
  • 季節外れのもの
    タイミングがずれている感じがする装飾品などは取り除きます。すがすがしい玄関にするためには、今日という日を生き生きと暮らしている感じが大事なのです。
     
  • 「終わっている」「死」をイメージさせるもの
    玄関は「明るく」「新鮮」な空気感が伝わる場所にしたいものです。亡くなったペットの写真などは別の部屋へ移動を。古いドライフラワーやかなり時間がたっている作品の展示なども、交代を考えましょう。
     
  • 人にまつわるもの
    玄関はさまざまな人が出入りする場所。家族写真は防犯的な観点からも玄関には置かないで、リビングや寝室に飾る方が良いでしょう。人形・お面・人物画など、人を連想するものも玄関に置かないのがベター。

以上のように、できるだけ玄関に置くモノを減らしてみましょう。ちょっと物足りないくらいの方が、むしろ品格が高まります。

玄関の大掃除・手順2:掃除

玄関の大掃除・手順2:掃除

玄関は、年始にお客さまを迎える場所であるのはもちろん、家の中にお正月の神様(歳神様)をお迎えするための入口でもあります。いつものお掃除に、水拭きで清潔感をプラスしましょう。

  • 掃除機をかける・掃く
    普段の玄関掃除は、掃除機と掃くだけの場合が多いと思います。もちろんそれで十分、人を呼ぶことができます。
     
  • 拭く
    余裕があれば、水拭きをすることで、格段に清潔感が高まります。水拭きは最大の浄化をもたらしてくれるのです。高い所から低い所へ。汚れの軽い所から重い所へ。5分ほどで終わらせる感覚で、気楽に取り組んでみましょう。

    拭くという行為ができるということは、かなり心穏やかで、時間にも余裕がある証拠です。拭き掃除をしていると隅々まで目が行き届いて、いろいろな気付きがあるものです。また一生懸命拭くことは、磨くことにも通じます。玄関を拭くことで、より一層、すがすがしい清潔感を感じられるようになるでしょう。
     
  • 空気を入れ替える
    掃除中は玄関の扉や靴箱も開けて、こもった臭いを外に出して、空気を入れ替えましょう。

玄関の大掃除・手順3:インテリア

玄関の大掃除・手順3:インテリア

片付けで余分なものを取り除き、掃除でスッキリ清潔感のある玄関になったら、最後にご褒美として、インテリアを楽しみましょう!


  • 鏡を玄関に取り付けることで、広さを感じられるようになって開放感が増します。また身だしなみのチェックができるので実用的ですね。
     
  • マット
    できれば天然素材のマットを置くことで、ぬくもりが感じられる空間となります。
     
  • 花・観葉植物
    お花や観葉植物は、「生」と「自然の美しさ」をもたらしてくれます。
     
  • 香り
    香りに抵抗がなければ、ディフューザーなどを置いて、玄関にさわやかな香りを添えるのも一つのインテリアとなります。

以上の中から、無理せずできることを取り入れてみましょう。玄関を通して、風の流れ・人の流れを作ることが、家全体を元気にすることにつながります。

ぜひ、大掃除で年末年始に人を呼べる家にして、家も自分も輝かせましょう。人を呼べる家になると、間違いなく自信がつきます。「いつでも遊びに来てくださいね」笑顔で、そんなふうに言えたら素敵ですね。

もし自分だけで進めるのが大変だと感じる場合は、プロに相談してみるのもおすすめ。カジタクでも「片付け名人プラン(プロの整理収納サービス)」を実施しています。一人で悩んでいる人は、ぜひ気軽に相談してくださいね。

ライタープロフィール:「カジタク」山口奈穂子さん

家事の宅配「カジタク」

やまぐち・なおこ アクティア株式会社が提供する家事代行サービス「カジタク」で活躍する、掃除・片付けのプロ。定期家事代行、整理収納サービスの経験を活かして、現在は新人スタッフの教育を行うトレーナーも担当している。

■もっと知りたい■

\ この記事をみんなに伝えよう /

365会員特典

365会員に登録する
お試し会員に登録する
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line

ハルメクのおすすめ記事がLINEに届く!LINE友だち追加