2019/09/22 0

間接照明の効果とは?

間接照明の効果とは?

 

友人が台湾旅行で訪れた茶芸館(伝統的な作法で台湾のお茶を味わえるティーハウス)の話を聞かせてくれました。その茶芸館のアンティークでまとめられた店内には、ごく小さな間接照明が数か所にあるだけ。最初に店内に入ったときは、「なんだか薄暗い店ね」と思ったようです。

 

けれども、好みの台湾茶を飲みながら友人との会話を続けているうちに、間接照明の効果なのか、とても落ち着けることに気付いたのだそう。「自然にリラックスできる感じで、意外に安心感を感じたのよ」と話してくれました。

 

ワタシもその茶芸館に行ってみたい! けれども、残念ながらすぐには行けそうにないので、部屋を間接照明で演出してお土産にもらった台湾茶を楽しんでみようと思います。間接照明の効果についても興味が出てきたので、さっそく調べてみることにしました。

 

調べてみて初めて知ったのですが、間接照明についてちょっとした勘違いをしていたことがわかりました。部屋の隅や、植物などスポット的に当てる照明を間接照明だと思っていたのですが、どうやら違うようです。

 

テーブルや机などに直接光を当てて明るくするのは、直接照明といいますが、間接照明は、光を天井や壁などに当ててその反射した光を利用した照明のこと。1か所だけを照らす場合もあれば、床下や天井に近い部分を照らして、部屋や廊下などの光を確保するために使われることもあります。

 

間接照明の効果ですが、直接照明とは違い光が直接目に入らないのでまぶしさが抑えられるほか、柔らかい光が副交感神経に作用してリラックス効果が期待できるのだそうです。友人が言っていたリラックス効果とは、このことだったのですね。

 

ほかに、間接照明の視覚効果を上手に利用することで、部屋の天井を高く見せたり部屋の奥行きを出して、部屋を広く見せたりすることもできるとか。

 

また、人は光の当たっている場所に視線を集中する傾向があり、それを利用する方法もあります。例えば部屋が散らかっていたりするときなど、見られたくない場所とは別のところに間接照明を当てるように工夫して、わざとそちらに視線を集めるようにするのです。

 

間接照明を使って、我が家も広くきれいになったような気持ちになるかも。

 

間接照明用に作られたライトも市販されているようなのですが、ワタシは、押入れにしまっていた照明器具を利用してみようと思っています。間接照明の部屋で台湾茶をいただいたら、非日常のひとときが楽しめそう!?

 

■人気記事はこちら!

知ってるようで実は知らない? 

素朴な疑問ランキング

 


 

参照:houzz

   iemiru

   中野照明商店

 

間接照明よ。この顔のシミも隠しておくれ!
間接照明よ。この顔のシミも隠しておくれ!

 

イラスト:飛田冬子

 


人に話したくなる面白雑学「素朴な疑問」

 

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ