330人に年末年始の過ごし方をアンケート

2022年の正月は何人で集まる?おせち事情を調査

公開日:2020/10/20

更新日:2021/10/20

11

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、まだまだ大勢では集まりにくい2021年。2022年の正月は家族何人で集まる予定か、50代以上の女性330人にアンケート。みなさん「集まりたい」願望が高まっていることがわかりました。

コロナ禍の正月事情を調査
コロナ禍の正月事情を調査

コロナ禍の正月をどう過ごすかアンケートしました

正月の集まりのイメージ
正月の集まりのイメージ

2021年も、残りあと3か月。早いもので、年末年始も視野に入り始める頃です。今年は、離れて住むご家族やご友人などと、「集まる?集まらない?」「今年はおせち何人分にする?」なんて話題が出ている方もいるのではないでしょうか。
特に50代以上の方は、お子さんや孫と集まる特別な日として、楽しみにしている方も多いようですが、2022年はどのようなお正月を迎え、おせちを用意しようと考えているのでしょうか? 最新のおせち事情をリサーチしました。(2021年6月に実施。ハルメクのモニター組織「ハルトモ」へのインターネット調査。対象:50歳以上の女性/調査人数:330名))

2022年のお正月は昨年に比べて集まる人数が増えそう

質問「2021年、おせちは何人で食べましたか?」(有効回答数: 288 )
質問「2021年、おせちは何人で食べましたか?」(有効回答数: 288 )

まずは、コロナ禍だった2021年、今年のお正月は何人でおせちを食べたか尋ねると……。「3~5人」が48%、「2人」が32%、「6~9人」が12%という結果に。

質問「おせちを一緒に食べた人数は、例年より増えましたか?減りましたか?」(回答数: 288 )
質問「おせちを一緒に食べた人数は、例年より増えましたか?減りましたか?」(回答数: 288 )

「例年よりも一緒におせちを食べる人数が増えましたか?」という質問には「変わらない」49%、「減った」という人は47%でした。

質問「2022年、おせちは何人で食べる予定ですか?」(回答数: 318 )
質問「2022年、おせちは何人で食べる予定ですか?」(回答数: 318 )

2022年もまだまだ新型コロナの影響は続きそうですが、「おせちは何人で食べる予定ですか?」という問いには、「3~5人」42%、「2人」、「6~9人」それぞれ19%という結果に。昨年よりは、集まる人数が増える傾向になりそうです。

2022年は半数の人が「購入したおせちと手作りを使い分ける」

2022年は半数の人が「購入したおせちと手作りを使い分ける」

コロナ禍では、おせちの準備はどのように考えているのでしょうか。「購入したものと手作りを使い分ける予定」が約5割。「お重に詰めたおせちを購入する」25%、「すべて手作りする予定」が5%という結果に。しかし、約2割の方はまだ未定のよう。
 
しかし、2022年はどうしようか迷っている方、市販のおせちを買うならのんびりもしていられません。市販のおせちは、すでに販売が始まっており、「買おう!」と思った頃には欲しいものは売り切れている可能性も……。

早く買った方がいいのはわかるけれど、失敗したくない! そんな迷える方へ、「ハルメク」がベストな買い方をご提案します。

「何人前のおせちがいいの?」迷う方は、3人前を!

 
2022年のおせちのおすすめは、ずばり「3人前」!3人家族にぴったりなのはもちろんですが、気に入った品があっても、たくさん食べられないという悲しさも。夫婦2人で暮らす方が、もし2人でお正月を過ごすならば、多めの3人前を買っておくと、好きなメニューを遠慮なくしっかり食べられるので、ぜいたくさも満足感も格別です。

しかも3人前は、大勢が集まることになっても便利なサイズなんです。実はおせちって、小さいお子さんなどがいる場合、すべての食材を食べない場合もありますよね。

3人前は、好きなメニューをちょこちょこつまむのに、多くもなく少なくもない量。そして今は、便利な市販の冷凍食品やお惣菜がたくさん売っています。あらかじめ買っておき、おせちと併せて食卓に出せば、全員が楽しめるボリュームになるでしょう。

冷凍食品を購入するときのコツ

そして冷凍食品を買う場合も、ちょっとしたコツが。‟食べたい分だけ小分けして食べられる”ものを選びましょう。そうすれば集まれなかった場合でも、量を調節でき、その後の日常にも使えて無駄がありません。

ちなみにおすすめは、冷凍のお寿司や中華料理の点心。お寿司はおせちの主食として使え、点心は和のおせちから味を変えたいときにも便利。何より、どちらもお正月にふさわしい華やかさ! ぜひお店で見つけたらチェックしてみてくださいね。

感染予防の観点から、1人用も人気に!

複数人で同じ一つのお重をつつくのは不安という方におススメなのが、1人用のおせち。コロナ禍で迎えた2021年の正月のトレンドとして、一人前のおせちを、家族の人数分用意するというスタイルが注目を集めました。

「一人一重」なら、取り分けも必要ないので家事が減るという思わぬ利点もありますね。

例年、年末年始は、買い出しや料理、年始はお客様の対応など多忙な日々を過ごしていると思います。しかし昨年に引き続き2022年も、特別なお正月。「おせちやお正月料理は手作りで!」とがんばってきた方も、今回だけはおいしいおせちを購入して、ゆっくりお正月を過ごすのもいいかもしれませんよ。

■もっと知りたい■


 ※ハルメクオリジナルおせちは2021年12月5日時点で、販売終了しています

ハルメクWEB編集部

雑誌「ハルメク」の公式サイト。50代からも輝く女性の毎日を応援する、暮らしや美容に役立つ記事をお届けします。 無料会員登録をすれば、会員限定記事へのアクセスや豪華プレゼント応募などの特典も!

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ