横森美奈子の目からウロコのおしゃれ塾・20

第一印象アップ!ヘア&メイクを工夫して読者が変化

公開日:2022/02/10

10

ファッションデザイナー・横森美奈子さんが50代からのおしゃれのコツをアドバイスする連載企画。今回のテーマは“ヘア&メイク”です。髪とメイクを工夫することで見え方が変わり、第一印象が良くなることを読者モデルの実例で解説します!

横森美奈子の目からウロコのおしゃれ塾・20
横森美奈子の目からウロコのおしゃれ塾・20

髪やメイクがいつも同じでは“おしゃれ時差”が……

髪やメイクがいつも同じでは“おしゃれ時差”が……
「服より髪!が私の持論」と言う横森さん。状況に応じて髪型を変えています

長年ファッションデザイナーとして活躍している“服のプロ”である横森さんが、撮影のたびに必ず読者モデルにお願いしているのが「髪とメイク」の手直しです。

「実は、服よりも変えにくいところが髪型とメイクです。顔まわりは見慣れ過ぎているせいか、何年も同じ髪型、同じメイクをしている人が本当に多いんです」と横森さん。

実際に、読者モデルに話を聞くと「髪型は10年以上ほとんど同じです」「ずっと近所のなじみの美容院に通っていて、ヘアスタイルもほぼ変えていません」といったケースがとても多いのです。

「髪やメイクにも流行があるのですから、それではいくら服を選んでも、今風のおしゃれにならず“おしゃれ時差”が生じます」と、撮影現場ではいつも横森さんとヘアメイクさんとで本人の希望も聞き、時には厳しいダメ出しもして、読者モデルの髪とメイクを変身させてきました。

「この連載、本当は服のことがメインですが、読者モデルを拝見すると、まず髪を……という場合が多く、その了承を取れないと仕事にかかれません(苦笑)」と横森さん。それほど大事なポイントなので、今回は髪とメイクを素敵に変えるコツについて、実例を交えて紹介します。

「何だかおしゃれがマンネリ……」と感じている方は、ぜひ参考にして髪とメイクを見直してみましょう。今からでもいくらでも変えられるので、思い切って挑戦を!

髪もメイクもポイントは明るく健康的に見せること

■読者モデル:川城美喜子さん(66歳)

読者モデル:川城美喜子さん
【Before】雰囲気が今風ではなく残念な感じ→【After】髪型とメイクを変えて明るく元気に

「20年くらい髪型を変えていない」という川城さん。Beforeの写真では、髪が額縁のようになって顔の輪郭と頭の形を四角く強調してしまっています。

また、濃いローズ系のリップは1980年代の流行でした。今は顔色をくすませて見せるので損。ご自身の服は全然悪くないのに、雰囲気が今風ではなく、全身で見ると頭も顔も大きく見えていて、残念な感じです。

Afterの写真では、ウィッグを使ってヘアスタイルを一新。全体を縦長のひし形シルエットに整えて、頭も顔も小さく見えているのが、全身で見ると歴然です。リップはコーラル系にすると、顔も明るく元気に見えて、Beforeと印象がまったく違いますね。

コレも素敵!

コレも素敵!(川城さん)
明るい色のウィッグにも挑戦!

ちょっと遊び心で明るめの髪の色にするのも素敵。さらに顔が明るく見えていますね。髪色は肌色の見え方とも関係します。

挑戦した川城さんの感想は? 

撮影後、すぐに髪型を変えました!横森さんから「服より髪」と言われてハッとして、撮影が終わってから、すぐに美容院で髪を切りました。今はベリーショートを楽しんでいます。

コーラル系のヘルシーなカラーのメイクで顔色を明るく!

■読者モデル:夛田精子さん(72歳)

読者モデル:夛田精子さん
【Before】顔色がくすんで老けた印象→【After】ポイントメイクだけで明るく元気に

普段は、ほぼノーメイク派の夛田さん。せっかくいい感じできれいなグレイヘアも、Beforeの写真のようにメイクをしないと顔色がくすんで老けた印象になりがちです。

Afterの写真では、コーラル系のリップとチーク、眉をしっかり上げて描き、ナチュラルなつけまつ毛で目元はっきり、というポイントメイクだけで明るく元気に若返りました。

挑戦した夛田さんの感想は? 

撮影で素敵にメイクをしてもらって、まったく違う自分を発見したようでうれしかったです。今はメイクも服も明るく元気に変わりました。

ロングヘアは小さく見せてスタイルアップを!

■読者モデル:齋藤美砂さん(60歳)

読者モデル:齋藤美砂さん
【Before】髪を下ろしたままだと重たい雰囲気→【After】まとめるだけですっきり

「若い頃からずっとロングヘア」と言う齋藤さん。本人的には“見慣れ過ぎ”ていて何も疑問はないという感じでしたが、若い頃の髪そのままというのは、年齢との違和感が出がちです。また、黒い長い髪の重たい雰囲気のせいで、きれいなブルーのニットもあまり引き立っていません。

Afterの写真のように髪を今風にラフな感じでちょこっとまとめるだけで、顔の見え方もすっきり。おとなしめだったリップもコーラルピンクにして顔色も明るく、健康的な雰囲気になりました。ブルーが引き立つ、元気で若々しい齋藤さんに変身です。

コレも素敵!

コレも素敵!(齋藤さん)

首元が気になる場合は、ストールをプラス。きちっと巻かずにふんわりと優しい感じも素敵です。

挑戦した齋藤さんの感想は? 

真っ黒だった髪を明るいブラウンに変えました。頬紅の入れ方やアイメイクを工夫するようになり、家族からも明るくなったと評判がいいです。

ショートヘアはほんの少しのアレンジでも印象アップ

■読者モデル:内藤輝美さん(61歳)

読者モデル:内藤輝美さん
【Before】額を覆う前髪がぽっちゃり感を強調→【After】前髪を斜めに流して顔瘦せ効果

「昔からある近所の美容院に9歳から通い、スタイルはおまかせ」と言う内藤さん。Beforeの写真では、額を覆う前髪のせいで顔のぽっちゃり感を強調してしまっています。

同じ美容院に通うことが悪いわけではありませんが、自分を「どう見せたい」という意志がなくてはダメ。顔を小さく見せたいなら、Afterの写真のように前髪を斜めに流しただけですっきり“顔痩せ” がかないます。

耳に掛けるだけでもおしゃれ!

読者モデル:内藤輝美さん-2
【Before】素敵と思わせるキメがない→【After】髪を耳に掛けるだけでも変化!

Beforeの写真は、パッと見、別にどこが悪いわけでもありませんが、“素敵!”と思わせるキメがない……。髪の重さと暗いリップの色が、顔色を悪く見せてしまっています。

そこで、Afterの写真のように一方の髪を耳に掛け、リップをツヤ感のあるコーラル系にすると、若々しくヘルシーな印象に。パールのネックレスにも顔色を明るく見せる効果あり!

挑戦した内藤さんの感想は?

思い切って美容院を変えて、ヘアスタイルも一新。撮影後、マスカラをするようになったら、友人から「どうしたの?何だか素敵ね」と言われました。

構成=五十嵐香奈(ハルメク編集部) 撮影=中村彰男、日高奈々子、元木みゆき ヘアメイク=木村三喜、梅沢優子

※この記事は雑誌「ハルメク」2021年3月号に掲載された内容を再編集しています。

■もっと知りたい■

▼横森さんの記事はこちら!

雑誌「ハルメク」で目からウロコのおしゃれ塾連載中!

横森美奈子の目からウロコのおしゃれ塾

「横森美奈子の目からウロコのおしゃれ塾」は、雑誌「ハルメク」で毎月好評連載中! 最新情報もあわせてチェックしてくださいね。
 
※雑誌「ハルメク」は定期購読誌です。書店ではお買い求めいただけません。詳しくは雑誌ハルメクのサイトをご確認ください。

横森 美奈子

よこもり・みなこ 1949(昭和24)年生まれ。BIGIで「MELROSE」等のチーフデザイナーを歴任。2002年「smart pink」ブランドディレクター、13年にはショップチャンネルで「MINAKO★YOKOMORI」を開始。おしゃれに関する本も多数出版。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ