横森美奈子の目からウロコのおしゃれ塾・3

大人女子の「メガネコーデ」ファッションのコツ!

公開日:2020/09/10

7

アクセサリーやメガネは、顔の印象をガラリと変えてくれるファッションアイテム。コーディネートのポイントに使えば、同じ服でもグンと素敵に、若く見えるものです。ファッションデザイナー・横森美奈子さんが、大人女子のメガネコーデのコツを紹介します。

大人女子の「メガネコーデ」

服より小物!メガネコーデで第一印象が変わる

おしゃれな人、普通の人、若々しい人、老けた人……誰かに会った瞬間、あなたはどう見られているでしょうか?

「おしゃれで若々しい感じ」というのは、“印象”の問題、つまり“パッと見”です。

その第一印象を大きく左右するのが、実は「服より小物!」というのが私の持論。特に、顔の見え方に影響するメガネはとても重要なんです。

ここで2枚の写真を見比べてみてください。

細いフレームのメガネや繊細なアクセサリーは損!
細いフレームのメガネや繊細なアクセサリーは損!

この写真の私、細いフレームのメガネと繊細なネックレスで、お上品ではありますが、何だか老けて見えませんか? 

太いフレームの黒メガネとネックレスで明るく元気な印象に!
太いフレームの黒メガネとネックレスで明るく元気な印象に!

一方、こちらはいつもの私。茶目っ気ある太めのメガネと重ねづけしたネックレスで元気に明るく、ちょっと小顔にも見えるでしょう? 

同じ服でも小物でこんなに雰囲気が変わるんです。

昔、「メガネは顔の一部です♪」というCMがありましたが、私は「メガネは顔の全部です」って言いたい(笑)。

そのくらいメガネは顔の印象を変える上、目元のしわやクマもカバーします。

華やかなアクセサリーをプラスして、さらに若見せ!

アクセサリーも、顔の印象を大きく変える重要なファッション小物。特にネックレスは、肌のくすみや首のしわを目立たなくして、顔を引き立てるありがたいアイテムです。

大人世代に言いたいのは、メガネもアクセサリーも繊細なものは損ということ。なぜなら、その繊細さが顔や首の加齢現象を目立たせてしまうから。

逆に存在感あるメガネとアクセサリーは顔や全体の効果的なアクセントになります。

それでは、読者モデル・内藤さんと一緒に、メガネを使ったコーディネート(メガネコーデ)のポイントを見ていきましょう!

 

読者モデルが実践!おしゃれなメガネ選びのポイント

■挑戦した人
内藤輝美さん (60歳)

内藤輝美さん
Before:なんだか寂しく「もっさり感」あり?

ないとう・てるみ 還暦を機に読者モデルに挑戦。体形に自信がなく「パンツスタイルが素敵に見えない」のが悩み。今知りたいのは「若作りで痛々しくならず、5歳若く見える着こなしや小物使い」。

まずは、メガネ選びからスタート!

メガネは、気になる目元をカバーし、年々弱くなる“顔ヂカラ”を補う格好のアイテム。

ただし、細いメタルフレームや小さめのフレームではその効果が薄いので、大人女子には、太めのフレームや顔を明るく見せるカラーフレームがおすすめです。

メタルフレーム
メタルフレーム

メタルフレームは上品ですが、顔がしまらず、老け感も……。

小さめのフレーム
小さめのフレーム

小さめのフレームは、顔を大きく見せてしまうので損です。

 

大人女子におすすめのメガネは、太め&カラーフレーム

「若々しく見せたい、小顔に見せたいなど、メガネ選びは自分の顔を『どう見せたいか』が重要。今は手頃な価格のものが多いので、いろいろかけてみることです」と横森さん。

ずっと顔につけるものだけに、ブランドや価格だけで決めるのは危険です。レディース向けのメガネは、特にさまざまな色・形があるので、お店で試着して選びましょう。

大人女子におすすめのメガネ

▼メガネ選びのポイント

  • 顔に合わせるのではなく、「自分の顔をどう見せたいか」を基準にする
  • お店では違うタイプのメガネをいろいろかけて、全身を鏡で見る

横森さんのアドバイスを元に、内藤さんが太め&カラーフレームのメガネを試着してみました!

存在感のある茶色のフレーム
存在感のある茶色のフレーム

濃い色のフレームは、しっかり小顔効果あり! コントラストで顔がスッキリ見えます。

大きめの水色のフレーム
大きめの水色のフレーム

カラーフレームは顔を明るく元気にします。全身の差し色としてもおすすめ。

遊び心のある赤いフレーム
遊び心のある赤いフレーム

老眼鏡を選ぶなら、デザイン性抜群のフレームでキャラ作りを楽しむのもいいですね。

最近は黒のラウンド型メガネなど、レトロ感のあるデザインも人気です。おしゃれのために伊達メガネをかける人も。

それだけ、メガネが顔の印象を左右するファッションアイテムだということですね。日常的にメガネを使わない人も、老眼鏡を選ぶ際は、ぜひ参考にしてみてください。

 

気になる肌のくすみもネックレス1本でカバーできる!

メガネが決まったら、次はアクセサリー選びです。

「アクセサリーは、3m離れて見えないものは、つけていないのと同じです」と断言する横森さん。

「繊細なプラチナのネックレスが似合うのは若い子だけ。年を取ったら軽くてボリュームあるロングネックレスの方が、顔映え効果がある上、着やせ効果も実現できます」

繊細なプラチナのネックレス
繊細なプラチナのネックレス

確かに、プラチナのネックレスをしても、遠目にはわからないので、つけていないのと同じ寂しい印象です。

チェーンネックレスの重ねづけ
チェーンネックレスの重ねづけ

一方、チェーンネックレスを重ねづけすると、タテ長ラインで上半身がスッキリ。スタイルアップ効果も狙えます。

▼アクセサリー選びのポイント

  • 鏡で全身を見て、「3m離れて見えないものは、ないのと同じ」と考える
  • ネックレスは全体のアクセントになるよう、存在感のあるものを

メガネ同様、3種類のネックレスを内藤さんにつけ比べてもらいました。

コットンパールの重ねづけネックレス
コットンパールの重ねづけネックレス

パールを重ねて顔色を明るく! 軽いコットンパールなので、程よくカジュアルな印象に。

赤いビーズのロングネックレス
赤いビーズのロングネックレス

ファッションの差し色になる、ビビッドカラーのロングネックレスなら、1本でも十分に顔映え効果があります。

存在感抜群!フラワーモチーフのネックレス
存在感抜群!フラワーモチーフのネックレス

首元にボリュームのあるネックレスは、これでも1万円以下。華やかな印象で、パーティーにもぴったりです。

ここまで変わる!メガネコーデでビフォーアフターを比較

こうして選んだメガネとネックレスを身に着けた内藤さんの姿がこちらです!

After:スッキリ小顔&明るい印象に
After:スッキリ小顔&明るい印象に

最初の写真と並べて、ビフォーアフターを比較すると、その違いは一目瞭然。シャツとパンツはそのままに、おしゃれ感あふれるきれいめコーディネートに仕上がりました。

メガネコーデのビフォーアフター比較写真
メガネコーデのビフォーアフター比較写真

この変わりぶりに、「服を買わなくても、小物で変身できるのはうれしいですね」と、内藤さんも満面の笑み。

「これまで、自分をもっときれいに若々しく見せたいと思ったら、新しく服を買うしかないと考えていました。でもメガネとアクセサリーを変えるだけで、こんなにおしゃれに見えるんですね! 赤いメガネはすぐに取り入れます!」

内藤さんのそんな姿をうれしそうに眺める横森さん。

「よく『パーティーにどんな服を買うべき?』と聞かれるんですが、服を買うより、小物使いや着方で印象を変える方が効果的でセンスよく見えたりするもの。まず『服より小物!』ですよ」(横森さん)

>>第4回をチェック!今ある服で素敵に!同窓会の服装・おしゃれコーデ4選

構成=五十嵐香奈(ハルメク編集部) 撮影=中村彰男 ヘアメイク=木村三喜

※この記事は雑誌「ハルメク」2019年10月号に掲載された内容を再編集しています。記事内の年齢は、掲載時のものです。


横森さんも登場!10月号のおしゃれ特集をチェック!

10月号のおしゃれ特集

雑誌「ハルメク」2020年10月号のファッション特集は、「今ある服で何だか素敵に見えるコツ」がテーマ。今回、ストールの巻き方を一部ご紹介した「小物使いでいつもの服を新鮮&上品に!」の他、

  • 体系カバーしながら、10秒であか抜けるコツ
  • 3色で、地味色服をきれいに明るく!
  • タンスの肥やし服がよみがえるコーディネート
  • 髪型が素敵に変わるホームケアのコツ10

などをご紹介!

>>立ち読み・お申し込みは、雑誌「ハルメク」のサイトから

ハルメク10月号

 

雑誌「ハルメク」で目からウロコのおしゃれ塾連載中!

目からウロコのおしゃれ塾

「横森美奈子の目からウロコのおしゃれ塾」は、雑誌「ハルメク」で毎月好評連載中! 最新情報もあわせてチェックしてくださいね。
 
※雑誌「ハルメク」は定期購読誌です。書店ではお買い求めいただけません。詳しくは雑誌ハルメクのサイトをご確認ください。

■もっと知りたい■

横森 美奈子

よこもり・みなこ 1949(昭和24)年生まれ。BIGIで「MELROSE」等のチーフデザイナーを歴任。2002年「smart pink」ブランドディレクター、13年にはショップチャンネルで「MINAKO★YOKOMORI」を開始。おしゃれに関する本も多数出版。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ