鉄道食べすぎひとり旅

観光特急しまかぜで伊勢志摩旅へ(前編)

YASCORN

大の鉄道好きマンガ家・文筆家のYASCORN(やすこーん)さんが、食べて食べて、また食べる鉄道旅の楽しさをご紹介します。今回は特別編。雑誌の取材に同行したYASCORNさんが、「伊勢志摩」エリアを堪能し尽くす1泊2日旅です。

しまかぜの車内
【目次】
  1. 初めてのひとり旅を振り返りながら、しまかぜへ
  2. 鳥羽駅でひとり途中下車。向かった先は、思い出の鳥羽水族館
  3. 鳥羽駅から、賢島駅に移動。志摩観光ホテルへ

初めてのひとり旅を振り返りながら、しまかぜへ

こんにちは、YASCORN(やすこーん)です。

思えば初めてひとりきりで行った旅は「伊勢志摩」でした。その頃は実家暮らしで、このままでは自立できないと焦り、行ってみたのが伊勢神宮。かつて伊勢神宮には妹と旅行したことがあり、一度行った場所ならひとりで旅ができるだろう、と考えた次第です。

まだ鉄道好きになる前のお話。なのでその頃の写真には、鉄道は一枚も写っていません。

名古屋駅に停車中の近鉄特急「しまかぜ」
近鉄名古屋駅に停車中の観光特急「しまかぜ」


その後、伊勢神宮へは何度もひとりで訪れるようになりました。伊勢志摩は海の幸もお肉も、いろいろと美味しいものが揃っているので大好きです。

そして名古屋から伊勢への足といえば、近畿日本鉄道、略して「近鉄」。近鉄の車両は楽しいものが多く、鉄道好きになってからはいつもどれに乗ろうか……と迷います。

しまかぜ車内にて。1列シートはひとり旅にオススメです
しまかぜ車内にて。1列シートはひとり旅にオススメです

 

乗車したのは、2013年に登場し大人気の近鉄の観光特急「しまかぜ」。

大阪難波〜宇治山田間に1度乗りましたが、人気でチケットを取るのが大変でした。

実は今回、ひとり旅……ではなく、「ハルメク」本誌の編集さん、カメラマンの阿部了さんと同行する旅となりました。まさに「旅は道連れ」ですね。「ハルメク」2018年11月号(117ページ~)では阿部さんの素敵な写真とともに、伊勢志摩の旅を紹介する記事が掲載されていますので、ぜひ併せてご覧ください。

プレミアムシートは1列と2列の3列配置でゆとりある設計
プレミアムシートは1列と2列の3列配置でゆとりある設計


しまかぜのプレミアムシートで特に人気なのが1・6号車の展望車。特に週末などはチケットが入手しづらいと聞きます。前日・当日に空きが出ることもあるので要チェックです。

本革を使用したふんわりと柔らかいシートは大変ゆったりとしていて、なんと電動のリクライニング機能・エアクッションなども付いています。もちろんコンセントもありますよ。

6枚のガラスを用いた多面体のフロントデザイン


前面が全部ガラスなので、景色もこの迫力。子供達がおおはしゃぎするのもわかります。もちろん私もテンションが上がりっぱなし。1度、1番前に座ってみたいものです。

 

車内で販売されている松浦商店の「しまかぜ弁当」
名古屋発のしまかぜ車内で販売されている松浦商店の「しまかぜ弁当」

 

こちらのしまかぜ弁当は、鰻のせご飯ほか3種類のご飯に、きしめんサラダ、名古屋コーチン入り時雨煮、豚ヒレカツなど名古屋の名物を中心とした豪華な幕の内風お弁当。

購入したお弁当は座席で食べることができますが、カフェ車両で食べることはできません。そしてカフェ車両のメニューのほとんどは、カフェ車両内でしか召し上がれませんのでご注意を。

カフェ車両で神都ビール(伊勢)と、ととかま(笹かまぼこ)を
カフェ車両で神都ビール(伊勢)と、ととかま(笹かまぼこ)を


カフェ車両は大人気! 特に宇治山田駅までは混んでいることが多いです。

今回も、しばらく並んでやっと座れた……と思ったら、混み合っていて調理に30分程かかり、私の下車までに提供が間に合わないとのことで、お料理を注文することができませんでした……。なのですぐ出てくる地ビールとおつまみのみを注文。

確実にこちらで食事したい方は、乗車して間もなく、カフェ車両に行くことをおすすめします。名古屋発の場合、カフェ車両の営業時間は11時からです。

鳥羽駅でひとり途中下車。向かった先は、思い出の鳥羽水族館

開館63年、飼育種類数約1200種の鳥羽水族館
開館63年、飼育種類数約1200種の鳥羽水族館

 

さて、「ハルメク」本誌のおふたりは賢島(かしこじま)駅まで直行しましたが、私のみ鳥羽駅で途中下車。鳥羽駅から徒歩10分ほどの鳥羽水族館にやってきました。

こちらは日本で唯一、ジュゴンがいる水族館として有名です。ジュゴンの長期飼育世界記録も達成しています。他、世界初のスナメリの飼育下での繁殖成功や日本初のラッコの赤ちゃん誕生、世界初のオウムガイ3世誕生など、研究や飼育実績の多い水族館なのです。

顔やしぐさがかわいらしいジュゴン
顔やしぐさがかわいらしいジュゴン

 

鳥羽水族館は、妹と「小さい頃、2人で憧れた人魚姫の元になったジュゴンを見たい!」と、初めて伊勢志摩旅行した際に来た思い出の場所。

実際に見たジュゴンは、人魚姫とはだいぶイメージが違っていました。

ジュゴンは今では輸入が難しいそうなので、この1頭はとても貴重な存在です。ちなみにどの水族館にでもいるイメージのラッコも、現在日本で10頭しかいないとのこと。そのうち2頭が鳥羽にいます。なんとか繁殖に成功してほしいですね。

トドのダイビングフロート、ソーダ水の上にソフトクリーム
トドのダイビングフロート、ソーダ水の上にソフトクリーム


この日は大変暑い日だったので、館内のレストラン・ベイサイドでちょっと休憩。

ソーダ水の色、先ほどのジュゴンの水槽の色にそっくり⁉ しかしソフトクリームにさしてあるクッキーは、ジュゴンでなく、トドの足を表しているようです。

鳥羽足湯処「とまり湯」
鳥羽足湯処「とまり湯」

 

水族館を堪能した後は、再び鳥羽駅へ。駅近くの佐田浜東公園の海側には、無料で入れる足湯があります。こちらのお湯は鳥羽本浦温泉のアルカリ性単純温泉。ちゃんとした温泉なのです。

私はいつも、すぐ横にある農水産物直売所鳥羽マルシェで、大内山コーヒー牛乳やヨーグルトを買います。それを飲みつつ、海を見ながらのんびりと足湯に浸かるのが好きです。

鳥羽駅から、賢島駅に移動。志摩観光ホテルへ

賢島駅に並ぶ特急しまかぜ。シンメトリーが美しい
賢島駅に並ぶ観光特急「しまかぜ」。シンメトリーが美しい

 

鳥羽駅から近鉄の普通列車に乗り、賢島駅に到着しました。

駅には2編成のしまかぜが。しまかぜは、賢島からそれぞれ、近鉄名古屋、京都、大阪難波と3区間を3編成が走っています。

ちなみに近鉄は、JRを除く日本の鉄道事業者の中では路線が最長。私もいまだに全部乗りつぶせていません。

「ザ ベイスイート」の屋上庭園から見た志摩観光ホテル
「ザ ベイスイート」の屋上庭園から見た「ザ クラシック」(左)と「ザ クラブ」(右)


この日、お世話になる志摩観光ホテルは、「ザ クラシック」「ザ ベイスイート」「ザ クラブ」という趣の異なる3つの館で構成されています。

宿泊したのは「ザ クラシック」。木を基調とした文化の香り漂う雰囲気が特徴です。ちなみにレストランや館内施設は、どちらに宿泊しても利用できます。

※ザ ベイスイートのレストランのご利用は小学生以上

実際に各国首脳との会食に使われた円卓
実際に各国首脳の会食に使われたサミットテーブル

 

賢島といえば、2016年に行われた「G7伊勢志摩サミット」を思い出される方も多いのではないでしょうか。そのメイン会場となったのが「志摩観光ホテル」です。

レストラン「ラ・メール ザ クラシック」では、予約すればこのサミットテーブルで伊勢志摩サミット記念ディナー・ランチなどをいただくことができます。

ディナーの前に、ホテル敷地内の階段を降りてすぐの桟橋から、英虞(あご)湾のサンセットクルーズに向かいます。伊勢志摩といえばリアス海岸で有名。その海岸線や島々を眺めながら、賢島の周りを一周するクルーズです。

こちらは有料のホテルアクティビティ。完全予約制のチャータークルーズで、季節などによって、表情を変える美しい英虞湾が楽しめます。

サンセットクルーズへ。ホテル敷地内の階段を降りてすぐの船着場から出発します。(写真提供=志摩観光ホテル)
船から見た賢島橋
船から見た賢島橋


陸続きに思えますが、この橋を見ると、賢島って本当に島なんだとわかります。本州と賢島との間の距離はわずか10メートル未満。列車に乗っているとあっという間に通り過ぎてしまいます。

今日のルートと賢島

地図でみると更によくわかります。この部分が賢島橋です。

英虞湾からみる夕日
英虞湾からみる夕日

 

少し曇り気味だったので、オレンジ色に染まる英虞湾は見られませんでしたが、それでも穏やかな海面に映る陽は大変美しかったです。

『陽が傾き、潮が満ちはじめると、志摩半島の英虞湾に華麗な黄昏が訪れる』

これは作家の山崎豊子さんの小説、「華麗なる一族」の冒頭文です。

山崎豊子さんお気に入りの場所
山崎豊子さんお気に入りの場所

 

山崎豊子さんはこちらのホテルを大変愛していらしたそうで、何度となく訪れたとか。先ほどのサミットテーブルがあったレストラン「ラ・メール ザ クラシック」の一角。こちらの席がお気に入りで、よくお食事をされていたそうです。

このお席に座り、数々の名作のアイデアを考えていらしたのでしょうか。

いよいよお待ちかねの豪華な夕食
いよいよお待ちかねの豪華な夕食

 

夕食の「麗」コースはアミューズ ブーシュ「蛸のガルシア風」から始まりました。

「伊勢海老サラダ仕立て」(写真左)は、コンソメジュレなどが添えられた爽やかな味。緑色のあっさりした味のソースは枝豆だそう。

「伊勢海老クリームスープ」(写真右)はホテルの名物。濃厚な伊勢海老のスープは、一口目から大好き!と感じる味でした。

メイン2皿。どちらも美味しすぎました
メイン2皿。どちらも美味しすぎました

 

「鮑のポワレ 2種類の香草バターソース」(写真左)もホテルの名物。2種のソースはエシャロットと白ワインのソースとか。ここまで柔らかい鮑も初めてです。
「三重県産黒毛和牛ステーキ マデラソース」(写真右)、こちらのお肉もまた柔らかく、少し甘めのソースと相まって、大変美味しかったです。

そして最後に上品なお味のデザート・コーヒーと続きます。
写真にはありませんが、もちちろんお料理に合わせて白ワイン、赤ワインといただいたのは言うまでもありません。お酒もいろいろと取り揃えられていました。

こちらの「ラ・メール ザ クラシック」の壁には藤田嗣治さんの大作「野あそび」が掲げられています。他にもここは美術館?と見まごうほどの充実した絵や作品が、ホテル内のあちらこちらに飾られています。

宿泊客限定のラウンジにはリーディングルームやリスニングルームも
宿泊客限定のゲストラウンジにはリーディングルームやリスニングルームも


食後はゲストラウンジでまったり。こちらでもお菓子や飲み物、アルコール類などがセルフスタイルでいただけます。しかしもうお腹いっぱい…最高に幸せな気分です。

ザ クラシックの部屋に引き上げ、ベッドに横たわってみると、ちょうどいい具合のマットレス。聞くとやはりシモンズだそう。
起きてないともったいないと思いつつ、すぐ深い眠りについてしまいました。

落ち着いた雰囲気の部屋は使い勝手もよく、リラックスできる

次回、伊勢志摩旅・後編に続きます。10月20日(土)に公開予定!
 

☆本記事に記載されている写真や本文の無断使用・ 無断転載を禁じます。また掲載情報は取材時点のものであり、最新の情報は施設等へお問い合わせください。

 

今回、ハルメクが厳選した旅「東京発 観光特急『しまかぜ』乗車・伊勢神宮両参り 志摩観光ホテル ザ クラシック連泊〈3日間〉」をご用意しました。詳しくはこちらまで。

YASCORN

駅弁・駅そばが好きな鉄道好き漫画家&文筆家。温泉ソムリエ。児童誌から鉄道誌まで幅広く活動中。著書に「おんな鉄道ひとり旅」(小学館・プチコミック増刊で連載中)、「メシ鉄!!!」電子書籍1〜3巻(集英社)他。「鉄道漫遊記」を東洋経済オンラインで連載中。HP: yascorn.com

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ