サンキュー♥ちばフリーパスで1泊2日旅_後編

「いすみ酒BAR列車」で日本酒と房総うまいもの旅

公開日:2020/09/20

52
会員限定

マンガ家・文筆家のYASCORN(やすこーん)さんが、気軽に行ける1泊2日の女性一人旅を紹介。今回は、お得な切符を活用して千葉を横断!2日目は日本酒を楽しむイベント列車に乗車。フリーパスを存分に使って旅をします。

いすみ鉄道の自動販売機

千葉旅2日目は「いすみ酒BAR列車」に乗車!

1日目のルート。五井から大多喜まで移動した後、養老渓谷まで戻り宿泊しました
1日目のルート。五井から大多喜まで移動した後、養老渓谷まで戻り宿泊しました

千葉県を旅するのにおすすめの「サンキュー♥ちばフリーパス」を使って1泊2日の旅。

養老渓谷に泊まった翌日は、再び小湊鐡道の養老渓谷駅から上総中野駅でいすみ鉄道に乗り換え、終点大原駅まで行きました。

いすみ鉄道大原駅改札口から見たホーム
いすみ鉄道大原駅改札口から見たホーム

今日は大原駅を12時37分に出発する「いすみ酒BAR列車」に乗車します。車内で房総の日本酒とおいしいお料理を楽しめる、おとな限定(20歳以上)の日本旅行のツアーです。11月末まで毎週土曜日に運行されています(1人・9800円)。

レストラン列車に使用されるキハ28
レストラン列車に使用されるキハ28

週末だけ運行している、いすみ鉄道のレストラン列車「レストラン・キハ」には、何度か乗車したことがありました。スイーツ・ワイン列車や、伊勢海老特急お寿司列車など、は実にさまざまな企画があるので、何度来ても飽きません。

いすみ鉄道

レストレラン列車「キハ・レストラン」
レストラン列車でない場合は全車両自由席

車両は2両編成で、急行となっています。急行は土日祝日のみ運行、1号車は自由席(別途急行料金300円)、2号車はレストラン列車の指定席です。

レストラン列車用のキハ28車内
レストラン列車用のキハ28車内

国鉄形気動車キハ28は、かつてJR西日本で活躍していました。国鉄車両らしい青いモケットの座席が大好きです。ボックス席の片側に特製テーブルが設置されているので、座席数は半分となっています。テーブルにはすでにお酒と食事がスタンバイしていました。

日本酒3種と豪華な料理
日本酒3種と豪華な料理

乗車してまもなく出発。さっそく目の前の重箱を開けると……豪華なお料理とお酒の数々! ツアー記念の枡もついています。日本酒は地元房総の酒蔵から3種、オリジナルお重は茂原市の「古民家居酒屋もんしち」特製。どれからいただこうか目移りしてしまいます。

...

この記事の続きはハルメクWEB会員(無料)に登録すると読むことができます。

YASCORN

駅弁・駅そばが好きな鉄道好き漫画家&文筆家。温泉ソムリエ。児童誌から鉄道誌まで幅広く活動中。著書に「おんな鉄道ひとり旅」(小学館・プチコミック増刊で連載中)、「メシ鉄!!!」電子書籍1〜3巻(集英社)他。「鉄道漫遊記」を東洋経済オンラインで連載中。HP: yascorn.com

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ