育てて縫って愛おしむ ガーデンダイアリー

素敵なバラの庭づくりは、冬の剪定と誘引が決め手

公開日:2020/01/20

109
会員限定

バラ栽培のコツや花に囲まれた暮らしを発信するブログが人気のバラ愛好家・奥野多佳子さん。5月に奥野さんの庭は、たくさんのバラの香りで満たされますが、そのためには寒い時期の剪定と誘引がポイントなのだそう。さて、どのようにするのでしょうか?

素敵なバラの庭づくり
素敵なバラの庭づくり

作品「カラー」

作品「カラー」
作品「カラー」

バラのお話をする前に、今回の作品「カラー」をご紹介します。
カラーって フォルムがとても美しくて大好きな花です。
手に持ちきれないほどのカラーの花束が欲しいな~……

そんなカラーを一本一本立体的に、花びらは内側と外側の布を別々に染め、エッジに細い針金を入れて花びらの細やかなカーブを表現しました。また、サテンも使って質感を変えています。

作品「カラー」

1mほどの茎を筒状にして中に綿を入れるのが大変でしたが、ギュッと茎を束ねて……半立体的なレリーフ作品です。横幅170cmもある大きな、そして重たい作品なので、移動が大変! でもお正月にはリビングによく掛けています。

剪定って難しい……?

...

この記事の続きはハルメクWEB会員(無料)に登録すると読むことができます。

奥野多佳子

1952(昭和27)年、兵庫県生まれ、大阪府在住のバラ愛好家。82年にタペストリー制作を始め、2000年に陶芸、04年に庭づくりを始める。豊中市美術協会会員。兵庫県立美術館で解説ボランティアに参加。ブログ「Soleilの庭あそび…布あそび♪」は人気です。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ