モデル青木沙織里の晴れ、ときどき ずぼら

クリスマスに飾るスワッグを簡単おしゃれに作るコツ

公開日:2019/12/12

51
会員限定

ハルメクでもおなじみのモデル・青木沙織里さん(50歳)が、ずぼらな性格ゆえに生み出した暮らしの知恵を伝えます。今回はクリスマス飾りの作り方をお伝えします。クリスマスといえばリースですが、今の流行は簡単に作れておしゃれな「スワッグ」なんです。

クリスマスに飾るスワッグを簡単おしゃれに作るコツ

リースよりもスワッグの方が手軽です

クリスマスのシーズンになると、スワッグを作ります。

スワッグとは、簡単に言うと花や葉を束ねて逆さにつるした飾りのこと。

以前は、アケビのつるが柔らかくなるまで水に浸し、くるくる輪っかにしてクリスマスリースを作っていましたが……。リース作りは時間がかかるけれど、飾れる期間はクリスマスが終わるまでのせいぜい1か月。

保管にも気を使います。

スワッグを素敵に作るコツは、全体をひし型に仕上げること

スワッグを作るのは、とっても簡単です。

壁に掛けやすいように、花束の裏側を平らに作ることと、なんとなく全体をひし形に仕上げることだけ注意すれば、おしゃれな印象になる……ような気がします。

飽きるまでそのままつるしておけるし、手間がかからない手軽さが気に入って、ここ数年スワッグを作ってはお友達にもプレゼントしています(いや、正確には押し付けています)。

 

スワッグの作り方

作り方をご紹介します。

...

この記事の続きはハルメクWEB会員(無料)に登録すると読むことができます。

青木 沙織里

あおき・さをり カフェ巡りとあんこが大好き。19歳よりモデルを始め「nonno」などの雑誌、CM等を中心に活動。30代から「いきいき(現・ハルメク)」のモデルに。バッグ製作も行う。趣味はキックボクシング、ピラティス、陶芸など。現在、ホットフラッシュ真っ最中&グレイヘア育成中。

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ