日常に取り入れられるトレーニングや体の使い方

驚きの70代谷玉惠さん伝授!ひざ・腰悩みゼロの秘訣

公開日:2022.01.18

更新日:2022.10.17

シャキッとした若々しい歩き姿——運動健康指導士・谷玉惠さんです。2022年8月に77歳を迎えた谷さんは、なんと、多くの読者世代が抱える“ひざ・腰のつらさ“知らず!谷さんの”ひざ・腰シャキッ“の秘密を聞きました。

谷 玉惠(たに・たまえ)さんのプロフィール

1945(昭和20)年生まれ。健康運動指導士。85年、東京・青山に体操教室を開業し、以来、約30年にわたり、整体、鍼、ダイエット体操などを通して、“骨盤のゆがみ”を整える健康な体づくりと生活習慣を指導。70歳を機に教室を閉じ、現在は講演会や講座などで指導を続けている。

“ひざ・腰シャキッ”の秘訣は、とにかく「動くこと」!

77歳にしてひざ・腰につらさを感じないという谷さん。その理由をたずねると、ズバリ「運動」といいます。
「私の場合は、週2〜3回はジムで筋トレをしています。脚〜お尻5〜6種、腕3〜4種、お腹2種などですね。所要時間1時間少々です」

谷さんのトレーニングの様子がこちら。

見るからにハードなトレーニング! かなり若い頃から鍛えられていたのではと思いますが……。

「いえいえ、始めたのは40代。青山に体操教室を開業した頃ですね。年を重ねてから筋肉を増やすためには、自分で負荷をかけなければいけないことに気付いたんです」と谷さん。筋力が低下し筋肉繊維が弱まると、ゆくゆくはひざ・腰の痛みの原因につながると指摘します。

「加齢や運動不足によって、筋力はどんどん落ちていきます。また長時間、悪い姿勢でいると筋肉のつき方もゆがんできます。そうなると全身の筋肉バランスが崩れて、踏ん張りがきかなくなってくるんです。すると、弱い部分を補うように腰・ひざなど、一部分に負荷がかかって痛みにつながります」

なるほど、筋肉繊維を太く、筋力を強く育てることが、ひざ、腰の痛みやつらさを防ぐためには必要ということですね。でも、 ひざと腰が”シャキッ”とした若々しい姿をキープするためとはいえ、谷さんくらいのハードなトレーニングはこなせない!思う方も多そうですが……。

「続けられないような、ハードなトレーニングは必要ありません。大事なのは動くことで、簡単でいいんです。でも何より大切なのは“やろう”という気持ちです。筋肉は、何歳からでも鍛えられますよ!」

それは希望を持てる言葉です!では、あまり運動に慣れていない方たちは、どんなことから始めるといいでしょうか?

トレーニングは「ウォーキング」でいい

トレーニングは「ウォーキング」でいい

「いちばん簡単な方法は、歩くことです。ウォーキングを3000〜4000歩、時間として30〜40分が目安です。週3回くらい歩くといいですね」と谷さん。

「50代以降は内ももの筋肉が落ちやすく、サッと歩けなくなってくるので、歩くことはとても大事。ポイントは、“お散歩”ではなく“ウォーキング”をすることです。軽く汗をかくくらいの速足のイメージです。厳密にいうと、時速3.5~4kmくらい。スマートフォンのアプリを利用して、測ってみるのもいいですね」

買い物のときに少し遠いスーパーに行く、1駅分歩くなど、30分なら、外出のついでにちょっとした工夫でできそうです。
 
「さらに日常的にできる方法は、常にお腹に力を入れること。ウォーキングのときはもちろんですが、普段電車に乗っているとき、家にいるとき、気付いたらお腹にぐっと力を入れてみましょう。これだけで、かなり効果が変わってきますよ」と谷さん。

いつでもできて手軽なトレーニングです!ずっと力を入れ続けるのは大変そうですが、気付いたときだけでも力を入れるようにしたいものです。さらに、日常的にひざ・腰に不安を感じやすいシーンにも、“動き方のコツ”があるそうです。

ひざ・腰のつらさを防ぐ体の動かし方

階段の上り下りで気を付けるポイント

読者世代からよく聞かれるのが、階段を下りるときの不安。聞いた話では、階段を下りるとき、ひざには体重の約3倍の負荷がかかるといいます。

「上がるときは、手すりにしっかりつかまって、手で体を引き上げるようにしてください。お尻に力を入れ、お尻から上がることをイメージ。下りるときは、体を前傾にすると、ひざに一気に負荷がかかります。体を少し後ろに反るようにして降りると、ひざに負担をかけるのを防げますよ」(谷さん)

立つ・しゃがむは、家具を使って負荷を分散!

立つ・しゃがむは、家具を使って負荷を分散!

おうち時間が長くなり増えたのが、立ったりしゃがんだりするときのつらさ。家事をする際に欠かせない動作なので、何とかしたいものです。

「立つときは、テーブルがあればテーブルに手をついて立ちましょう。なければ太ももに手を当てながら立ち上がると、ひざや腰への負荷を分散できます。しゃがむときは片ひざをつくのがいいです。本来は痛いときはしゃがまない方がいいのですが、どうしてものときは低めの台を準備して、腰を下ろしましょう。例えば草むしりなどは、その台を持っていって腰かけましょう」(谷さん)

立ちっぱなしのときは、お腹・お尻・脚のスタンスがポイント

立ちっぱなしのときは、お腹・お尻・脚のスタンスがポイント

最後は立ちっぱなしです。特に台所仕事をするときは、何十分も立っている場合もありますが……。

「立つときに、ひざを少し曲げてみましょう。お腹を締めて、お尻もキュッと締めると体幹が立つのでなおいいですね。脚はやや開き、地面に足裏を押つけてバランスをとりましょう。ちなみに台所ならば、風呂場の腰かけなどに片足を乗せるとラクですよ」(谷さん)         

あらゆる動作をラクにしたいなら、スパッツがおすすめ!

あらゆる動作をラクにしたいなら、スパッツがおすすめ!

それでも、毎日ふとした瞬間につらさを感じたり、つらくなくても「もっとシャキッと歩きたい」という方も。そんなときに手軽なケアは、「着圧タイツ」や「サポートスパッツ」をはくことです。

「サポートで下半身の負荷を分散してくれるので、あらゆる動きがラクになります。動作が楽になれば、『動きたい!』というスイッチも入るはず。

筋肉や骨の正しい動きを助けてくれるので、普段の動きもいい運動になりそうです。いわゆるスポーツ用のきつい矯正スパッツではなく、読者世代向けに日常的にはきやすいスパッツもあるので、活用してみるのもいい方法ですよ」(谷さん)

自分の足で歩ければ、行きたいところに自由に行ける!

最後に、谷さんからメッセージです。

「いつまでも自分の足で動けることは、とっても大切です。杖を使うことになったり、行きたいところにも行けなくなったりすると、徐々に引きこもり気味になり、結果、認知症や老人性鬱(うつ)を併発することもあります。また、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の予防にもなり、寝たきりにもなりません。自分で動くことで、日々が快適に過ごせて、家族や身内に迷惑をかけないことにつながりますよ!」

次回は、筋力をUPするトレーニングを谷玉惠さんに教わります!

取材・文=水野 愛(ハルメク 健康と暮らし編集部) 撮影=渡辺裕之 ヘアメイク=小島けさき
■もっと知りたい■


ブラック

新機能お尻サポートでもっと歩きやすくなった!「ハルメク 健康サポート・バランスサポートスパッツ」ハルメク通販で見る

水野 愛

2019年12月より「ハルメク 健康と暮らし」食品記事編集に携わる。好きなものは漫画・歴史・音楽・一人旅。特技は赤ちゃんをあやすこと。今の夢は、習い始めた三線で、沖縄のおばあ・おじいたちとセッションすること!

マイページに保存

\ この記事をみんなに伝えよう /

みんなのQ&A みんなのQ&A

いまあなたにおすすめ

注目の記事 注目の記事

365会員特典

365会員に登録する
無料会員に登録する
  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • line

LINE友だち追加