あなたの食生活をクイズでチェック

【腸専門医が教える新常識】腸にいい食品はどっち?

公開日:2021/02/10

4
会員限定

腸内環境は、便秘や下痢、肌荒れや肥満、さまざまなアレルギー症状、動脈硬化やがんといった病気とも深い関係があることが明らかになっています。腸内環境を整えるには、何を食べたらいいのでしょうか。大竹真一郎医師監修、二者択一のクイズ形式でチェック!

【腸専門医が教える新常識】腸にいい食品はどっち?

サラダを作るなら「レタス」か「サニーレタス」か?

サニーレタス

答えは「サニーレタス」。レタスとサニーレタスでは、腸内環境と深い関係がある食物繊維の量が違います。

  • レタス…100g当たり1.1g(水溶性0.1g/不溶性1.0g)
  • サニーレタス…100g当たり2.0g(水溶性0.6g/不溶性1.4g)

水分を含みやすく、便秘解消効果の高い水溶性食物繊維の量からいっても、サニーレタスに軍配が上がります。

 

果物を取るなら「生の果物」か「ドライフルーツ」か?

フルーツ

...

この記事の続きはハルメクWEB会員(無料)に登録すると読むことができます。

雑誌「ハルメク」

創刊22年目、女性誌売り上げNo.1の生活実用情報誌。前向きに明るく生きるために、本当に価値ある情報をお届けします。健康、料理、おしゃれ、お金、著名人のインタビューなど幅広い情報が満載。人気連載の「きくち体操」「きものリフォーム」も。年間定期購読誌で、自宅に直接配送します。雑誌ハルメクサイトはこちら

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ