脱ぺたんこ髪!ふんわり髪作りの簡単テクニック

簡単!朝の3分セット&ブローで髪をボリュームアップ

2019/12/06

9

髪のボリュームをアップする朝の3分ヘアセット&ブローのやり方を解説します。年を重ねるごとに髪のボリュームがダウンしますが、夜のドライヤーと朝のセットするときの簡単なテクニックでふんわりヘアは取り戻せます。

頭頂部のボリュームで全体ふんわり!前髪につやで若見え!(撮影=中西裕人、モデル=関裕子、ともに以下同)
頭頂部のボリュームで全体ふんわり!前髪につやで若見え!

簡単朝の3分ヘアセット。カーラーで頭頂部にボリュームを出し、前髪を整えれば完成!

忙しい朝にもたった3分で完成するのが、小島けさきさん流、簡単へアセット術です。

「前日にボリュームを出して乾かしているので、就寝中に多少髪がつぶれても、復元しやすいんです。また最近はヘアカットの技術が向上し、ボリュームが出やすいスタイルにしてくれる美容室も多い。だからヘアセットは、ボリュームをちょっと出すだけですぐ完成します」

ポイントは頭頂部。そこにボリュームが出れば、全体がふんわり見えるのだそう。髪が根元から立ち上がることで、伸びかけの白髪も目立ちにくくなります。

「ただし、ただのボサボサ頭に見えないよう、前髪はなでつけて、つやを出すことが大切です」"



1 まずは頭頂部の髪の根元に整髪料を一吹き

まずは頭頂部の髪の根元に整髪料を一吹き

髪の根元を立ち上げるため、片手で髪を一束つかみ、髪の根元に整髪料を吹きかけます。スプレーなら、さまざまなキープ度がありますが、固めすぎないものを使って。

2 そのままくるくるとカーラーを巻いて放置

くるくるとカーラーを巻いて放置

髪をひっぱりながら、根元から毛先までカーラーを巻きつけ、最低約2分置きます(もっと長くてもOK)。さらにボリュームを出したい人は後頭部や前髪にも(右写真)。

3 分け目をジグザグにして、さらにボリューム!

分け目の髪の毛をひとつまみし、左右交互に分けていきます


カーラーを外して髪をほぐします。その際、いつもの分け目で髪を押さえつけるのはNG。くしの先端で分け目をぼかせば、さらにボリュームが出ます。
 

4 ボサボサに見せないために前髪だけなでつける!



若々しさにもつながる、最後の大事な仕上げがこちら。ボサボサ頭に見えないよう、ブラシやくしで前髪だけをなでつけ、つやを出します。
日中にボリュームがダウンしたら、手ぐしで髪の根元から立ち上げるように整えます。もともと髪の根元に整髪料がついているので、再びふんわり。

くっつくタイプのカーラーを使って、もっと髪をボリュームアップ

ホットカーラーだと強く癖がつくため、温めない、くっつくカーラーがおすすめ。カーラーの太さは髪の長さに応じて選んでください。

アンケートでは、耳が隠れるくらいのショートヘアの人が第1位(152人)でしたが、その方には細めをおすすめします。100円ショップでも売っています。

100円ショップでも売っているボリュームアップアイテム

もっと髪をボリュームアップしたいならヘアセット時の整髪料を見直して!

1位 何も使わない 127票
2位 ヘアスプレー 90票
3位 ヘアオイル 67票
※複数回答あり


「ふんわりキープにもっと使ってみて!」
読者アンケートでは整髪料を使わない人が多数でしたが、「ふんわり感のキープには整髪料が便利です」(小島さん)。ムースやワックスよりも、実はスプレーやミストの方がおすすめ。
 

取材・文=野田有香、田渕あゆみ(ともに編集部)、撮影=中西裕人、スタイリング=大貫まりこ(モデル)ヘアメイク=小島けさき モデル=関裕子

※この記事は、「ハルメク」2018年1月号(32~37ページ)に掲載した「夜ドライヤーと朝の3分セットで1日中ずっと、ふんわりヘアに」を再編集、掲載しています。


■この記事の前編>> 髪をボリュームアップ!正しい洗髪&夜のドライヤー術

50代の悩みNo.1の毛髪問題の対策を。アンチエイジング「頭髪」ジャンルTOP

グレイヘア、ぺたんこ髪対策など50代からのヘアスタイルジャンルTOP

見た目年齢マイナス5歳! 50代からのメイク術とは?メイクジャンルTOP


■グレイヘア関連記事はこちら

白髪を生かすかっこいいいグレイヘアの作り方(1)

白髪を生かすかっこいいグレイヘアの作り方(2)

グレイヘアを目指すあなたへプロのアドバイス

50代からのすてきな白髪との付き合い方

 

雑誌「ハルメク」

創刊22年目、50代以上の女性誌売り上げNo.1の生活実用情報誌。前向きに明るく生きるために、本当に価値がある情報をお届けします。健康、料理、おしゃれ、お金、著名人のインタビューなど、幅広い情報が満載。年間定期購読誌で自宅に直接配送します。https://magazine.halmek.co.jp/

この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ