横浜中華街の絶品肉まん(9)|華正樓 新館売店

中華街の達人たちが絶賛する肉まんを食べてみたら…

坂井 淳一

横浜中華街の南門近く、南門シルクロード店でお土産として売っている「華正樓(かせいろう)」の肉まん。消費期限は3日、ふかし時間20分ながら、多くの肉まんのファンが大量に買い込んで家路につきます。その理由とは?

横浜中華街「華正樓 新館売店 」の肉まん
【目次】
  1. 横浜の通人たち全員がイチオシ!

横浜の通人たち全員がイチオシ!

横浜在住の中華街の達人たち聞いてみて全員が「間違いなくおいしい!」と太鼓判を押したのが、中華街でも古株の「華正樓」。肝心の肉まんは、実はふかしたものを買ってその場で食べることはできません。新館の売店、南門近くの南門シルクロード店でお土産として売っています。ふかす時間はなんと20分、消費期限はたったの3日、それでもこの肉まんのファンはたくさん買い込んでいそいそと家路につきます。

お値段も納得! 味はもちろん、圧倒的なボリュームも魅力
お値段も納得! 味はもちろん、圧倒的なボリュームも魅力

肝心の味はどうでしょう。皮は厚めですが、20分かけて蒸し上げたかいあってふっくらと柔らかで、弾力もあります。直径が12cmくらいある大きな肉まんですから、かぶりつくのは難しいですね。ということで切ってみましょう。包丁を入れた瞬間に、あんの断面にキラキラと輝く肉汁が! 

食べてみると、ちょっと濃いめの醤油味ですが、その味付けに負けないくらい豚肉の旨味も活きていますし、タケノコの食感がアクセントになっています。下側の皮には肉汁が染みていて、これがまた絶品のおいしさ! ひとつでおなかいっぱいになるくらいのボリュームで、ひとつ486円の値段も納得です。

中華街通がこぞって褒めるのもうなずけます。横浜に立ち寄るなら、絶対に買って帰るべき肉まんですよ!

肉まん1個486円。持ち帰りも1個からOK
肉まん1個486円。持ち帰りも1個からOK

※お詫びと訂正
「華正樓 新館」の外観写真が間違っておりました。お詫びして、訂正させていただきます。

 

■華正樓(かせいろう)新館売店
住所:神奈川県横浜市中区山下町164
電話:045-641-7890
営業:日〜金・祝日10:00〜21:30 土10:00〜22:00 無休

■こちらの記事もおすすめ

横浜中華街の行例肉まんを食べ比べてみた

 

 


 

 

坂井 淳一

「今日なにを呑む?」から始まる食事の新しいスタイルを提案する酒ごはん研究所主任研究員。ワイン、日本酒、本格焼酎やスピリッツ、カクテルとあらゆるお酒を研究している。料理はもちろん、旅行、アウトドアやIT、ガジェットなど幅広くカバーする。

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクライフスタイルメールマガジンを受け取る

毎日の暮らしを楽しく心豊かにする情報をお届けします。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ