公開日:2021/03/03

0

素朴な疑問

防虫剤は洋服の上下どちらに置くのが正解?

 

防虫剤は洋服の上下どちらに置くのが正解?
防虫剤は洋服の上下どちらに置くのが正解?

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

 

春に向けて、冬物をしまっています。ところで、毎年悩むのですが、防虫剤って洋服の上と下のどちらに置くのが正解なのかしら? 今までなんとなく防虫剤を使っていたので、この機会に調べてみようと思います!

 

効果的な防虫剤の使い方

効果的な防虫剤の使い方

  • 防虫剤は一番上に置く
    防虫剤の防虫成分は空気より重いため、上から下へと広がります。つまり、防虫剤は衣類の上に置くのが正解です! 防虫剤を衣類の上に置くことで防虫成分がくまなく広がります。「引き出し用」は畳んだ衣類の一番上に、「吊り下げるタイプ」は、パイプの真ん中に掛けます(複数個の場合は、パイプに等間隔に)。
     
  • ウォークインクローゼットは非揮発性の防虫剤を
    ウォークインクローゼットは密閉性が低いので、揮発性(空気中に成分が蒸散する)ではない防虫剤がおすすめです。さらに、カバータイプやシートタイプを選びましょう。
     
  • 適正な使用量を確認する
    1個の防虫剤から得られる効果は、スペース(体積)によって決まります。パッケージに表示された適正な個数を確認して使いましょう。使用量が足りないと、せっかく防虫剤を置いても、虫食いの被害に遭うかもしれません。
     
  • 有効期間で使い分ける
    防虫剤の効果は、半年または1年間です。シーズンごとに定期的な衣替えをする場合は半年用、定期的な衣替えをしない衣類は1年間用と、有効期間によって使い分けるとよいでしょう。
     
  • 異なる種類を同時に使わない
    防虫剤の成分は、ピレスロイド、パラジクロルベンゼン、しょうのう、ナフタリンの4種類に分かれます。ピレスロイド以外は、併用すると化学反応で溶けてしまい、衣類にシミを残す可能性があるため、同時に使うのは避けましょう。
     
  • 湿気対策も忘れずに
    湿気が気になる場合は、除湿剤や防湿剤を併用しましょう。防カビ剤を配合した防虫剤も市販されています。

 

衣替えの前にしておくこと

  • 衣類の汚れは必ず落としておく
    衣類の汚れや皮脂をそのままにしておくと、シミや黄ばみ、害虫やカビの発生源になります。天然素材のものだけでなく、化学繊維でも同様です。クリーニングや洗濯で、しっかりと汚れを落としてから収納しましょう。
     
  • 収納場所も掃除しておく
    綿ぼこりには、虫の卵が産み付けられていることがあります。まずは、収納場所を清潔にすることが大切です。
     
  • 衣類はよく乾燥させる
    衣替えは、空気が乾燥した晴れた日がおすすめです。雨の日は湿気が多いので、カビの原因になります。また、クリーニング店から戻った衣類は、スチームアイロンなどで湿気を含んでいることがあるそう。ビニール袋は外して、乾燥させてから収納しましょう。


防虫剤を効果的に使うコツがあったのですね。全然知りませんでした。これからは正しく防虫剤を使って、衣類をしっかり守ろうと思います。
 

 

■人気記事はこちら!

 


 

参照:エステー株式会社

   マイカジ

   ココカラクラブ

 

収納ボックスも清潔に!
収納ボックスも清潔にしなくちゃね。

 

イラスト:飛田冬子

 


この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ