公開日:2020/07/10

更新日:2022/05/16

3

素朴な疑問

振るだけでできる!? アイスクリームレシピとは?

 

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

 

暑い日はもちろん、冬もお風呂上がりも食べたくなるアイスクリーム。家でテレビを見ていたら、自宅でもできるアイスクリームがあると紹介されていました。そういえば子どもが小さい頃に何度か作ったような気もするけれど、すっかり作り方を忘れてしまいました。この機会に作り方を調べてみたいと思います!
 

基本的なアイスクリームの作り方


アイスクリームの材料はとてもシンプルです。生クリームと牛乳を温めたものと、よく混ぜ合わせた卵黄と砂糖を合わせ、滑らかになるまでかき混ぜたら容器に移して冷凍庫で冷やすだけ。冷やす過程で何回かかき混ぜて空気を含ませることで、アイスクリームらしいスムースな食感になります。冷やす前に抹茶やチョコレートを混ぜ込んで、好みの風味のアイスを作ることもできます。

 

手作りアイスクリームの作業工程自体はとても簡単で、冷凍庫に入れるまでなら15分もかかりません。問題は冷凍庫に入れてからです。容器の大きさにもよりますが、完全に凍らせるには6~7時間は必要です。その間も小まめにかき混ぜる必要があるので、冷凍庫に入れておしまいというわけにはいきません。そこで試してみたいのが、冷凍庫に入れずに振るだけでできるアイスクリームのレシピです!

 

振るだけでできるアイスクリームの作り方

振るだけでできる!? アイスクリームレシピとは?

振るだけでできるアイスクリームに必要なのは、アイスクリームの材料に加え、塩と氷だけ。材料を加熱しないので、卵の鮮度には特に気を付けましょう。

材料(2人分)

  • 成分無調整牛乳……150mL
  • 乳脂肪分の高い生クリーム……75mL
  • 卵……1個
  • 砂糖……40g ※上白糖だとコクが出ます。グラニュー糖だとすっきりした風味に
  • バニラエッセンス……2~3滴
  • 氷……600g
  • 塩……200g
  • 水……少量

 

作り方

  1. ボウルに卵を入れ、泡立て器でよく混ぜる。
  2. 1に生クリーム、牛乳、砂糖、バニラエッセンスを入れてよく混ぜる。空気をよく含ませて、白っぽくふわふわになるまで泡立てるのがコツです。
  3. 出来上がったアイスの素は、ジッパー付きのプラスチック保存袋に入れる。
  4. アイスクリームの材料を入れたものより二回りほど大きな袋に、氷と塩、少量の水、先ほどのアイスクリームの材料を入れた袋を入れて、きっちりと封をする。
  5. 袋をバスタオルで包んだら、あとは中身が固まるまで振り続けるだけ! 室温にもよりますが、5分以上は振ること。

 

注意点
手作りアイスクリームは、市販品と比べて冷凍庫の匂いが移りやすいので、作ったらできるだけ早く食べるようにしましょう。また、保存する場合は、しっかりとアイスを密閉して冷凍庫に入れましょう。

 

このレシピのポイントは、塩が持つ性質にあります。塩には氷を早く溶かすという特性があり、急激に氷が溶けだすことで一気に超低温になります。アイスが固まる温度は-5℃程度といわれていますが、塩を入れた氷は-20℃にもなるので冷凍庫なしでもしっかり固まります。

 

塩にこんな特性が隠れていたなんて! 小さいお子さんと一緒に実験みたいに作ってみるのも楽しそうですね♪

 

 

■人気記事はこちら!

 


 

参照:親子の時間研究所

   白ごはん.com

 

夏休みの自由研究にもいいわね。
アイスを振るのは、息子にお願いしようっと♪

 

イラスト:飛田冬子

 


この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ