2019/08/07 1

スイカに塩をかけるとなぜ甘いの?

スイカに塩をかけるとなぜ甘いの?

 

ワタシが学生だったころ、TVで家族のドタバタをテーマにしたホームドラマが人気でした。そのドラマでよく見かけたのが、縁側に座って家族みんなでスイカを食べるシーン。「そのおっきいのはワタシのものよ!」「ダメ、ボクが食べる~」などとやりあいながら楽しそうに食べているんですよね。

 

その中で印象的だったのが、塩! 小さな瓶入りの食卓塩をスイカに振りかけて食べていたのです。じつは、ワタシが育った家にはそんな習慣がなかったため、「スイカに塩!?」とビックリしたものでした。

 

スイカに塩が定番だったという友人に聞くと、「あ、子どものころはよくやってた。塩をかけるとスイカが甘く感じるんだよね!」とのこと。

 

スイカに塩をかけると、なぜ甘くなるのでしょうか? さっそく調べてみることにしました!

 

その理由は、「味の対比効果」によるものだといわれています。これは、元の味に対して対比となる味わいを加えることで、元からの甘みや旨味がより強く感じられる効果のこと。あんこを作るときに塩を少しだけ加えるとおいしくなるのも、味の対比効果によるものです。

 

また、人の舌は塩辛さを先にキャッチするという性質があります。塩味を先にキャッチした舌が直後に甘みを感じることで、本来以上の甘さがあるように感じることも影響しています。塩をかけることで、実際にスイカが甘くなるわけではないのです。

 

スイカと塩の組み合わせは、他にも夏にぴったりの効能もあります。

 

夏の暑い時期に汗をかいたとき、人の体からは水分と同時に塩分も失われていきます。そのため、夏は適度な水分と塩分を補給する必要があります。スイカに塩という組み合わせは、夏に不足しがちな水分と塩分を補うのはもちろん、水分をしっかり吸収するために必要な糖分も含まれているという理想的な組み合わせだったのです!

 

スイカに塩をかけて食べるのは、昔の人が考えた夏バテ予防の知恵の一つだったのかもしれませんね。

 

ちなみにスイカには、スーパーアミノ酸と呼ばれるシトルリンがたくさん含まれているのだそう。シトルリンは血行を促す働きを持っており、老廃物の排出を促してくれます。おまけに、スイカにはビタミンCやビタミンE、リコピン、ベータカロテンなども含まれているとか。スイカって美容にもよさそう!

 

スイカに塩。今年の夏はぜひ試してみようと思います。

 

■人気記事はこちら!

知ってるようで実は知らない? 

素朴な疑問ランキング

 


 

参照:日本調理アカデミー

   高見台クリニック

   NIKKEI STYLE

 

北海道の友人がトマトに砂糖をかけているのを見たけど、あれも対比効果?
北海道の友人がトマトに砂糖をかけているのを見たけど、あれも対比効果?

 

イラスト:飛田冬子

 


人に話したくなる面白雑学「素朴な疑問」

 

この記事が気に入ったら「いいね!」ボタンを押してください。 

編集部へのご意見はこちら

ハルメクWEBメールマガジンを受け取る

更新された記事や最新のプレゼント情報、50代以上の女性のための情報が手に入ります。

※メールの送信をもって、「個人情報保護について」に同意したとみなします。

※受信制限をしている人は、info@halmek.co.jpからのメールを受け取れるようにしてください。

ハルメク halmek

ページ先頭へ