公開日:2018/09/10

更新日:2021/07/30

5

素朴な疑問

サッカーボールはなぜ白黒なの?

サッカーボールはなぜ白黒なの?
サッカーボールはなぜ白黒なの?

 

こんにちは! 好奇心も食欲も旺盛な50代主婦、ハルメク子です。

 

2021年の夏、オリンピックの中でサッカーの試合も楽しみですね!ところでサッカーのボールって何で白黒なのかな? にわかファン日本代表として早速調べてみました!

 

サッカーが本格的に始められたのは1800年代後半、発祥の地はイギリスでした。

 

その当時、サッカーボールは茶色だったようです。なぜなら、天然革(茶色)を縫って作られていたから。

 

一方、日本でサッカーが普及し始めたのは1960年代のこと。もちろん当時もサッカーボールの色は茶色。そのころのグラウンドは、今のような芝ではなく土だったから、茶色のボールはグラウンドの色と同化して、蹴るときに見えづらいという難点があったみたいです。

 

そして1960年代といえば、そう、白黒テレビが普及しつつある年代でもありましたよね(画面にブルーフィルムが貼ってあって。なつかし~)。当時は、近所のおうちにテレビを見に行かせてもらってたっけ。電話もテレビもご近所で借りてなんて、平和な時代だったわ~(遠い目)

 

(しばし、思い出にふけるワタシ)

 

おっとと。サッカーボールの話でしたね。

 

白黒テレビだと、テレビでもボール白くなってしまってが見えづらい。だから、プレーしている選手も、応援する観客も茶色のボールには不満があったというわけ。

 

そこに目をつけたのが、1958年創立のモルテンという広島のスポーツメーカー。白と黒の樹脂を縫い合わせて白黒のボールを作ったところ、全世界的に流行り始めたんだそうです。

 

スゴイ! サッカーの白黒ボールの始まりは、なんと日本だったんですね!

 

モルテンは、いまも広島をはじめとする日本各地で、サッカーボールやバスケットボール、バレーボール、ラグビーボールなどを手縫いで作り続けていて、ボール競技を楽しむ人たちには身近なスポーツメーカーなんですって。

 

ちなみに1970年のメキシコワールドカップで、アディダス製の白黒のサッカーボールが公式試合球となって、モルテン製の白黒ボールも1973年にはFIFAの認定球になったそうよ。

 

公式戦で長年使われてきた白黒のサッカーボールだけど、ここ最近は、もっとハデなカラーボールが登場し始めてますね。

 

でも、白黒のサッカーボールの始まりが日本だったなんて、ちょっと自慢したくなりますね。(エッヘン)

 

 

■人気記事はこちら!

 

オリンピックが中止になったことはあるの?

  オリンピックが中止になったことはあるの?

 

 

ジョギングとランニングの違い

 ジョギングとランニングの違い

 

 

相撲の化粧まわしっての値段は?

 相撲の化粧まわしっての値段は?

 

 

 


 

ベッカムさま、知ってるかなあ
ベッカムさま、知ってるかなあ

 


イラスト:飛田冬子

 


この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ