公開日:2019/04/03

41

素朴な疑問

納豆に酢を入れて食べると老眼に効くって本当?

納豆に酢を入れて食べると老眼に効くって本当?

 

最近、小さい字が読みづらいことが増えてきました。もしかして老眼かしら?

 

「何かいい対策はないかしら……」と友人に相談してみると、「老眼にはスナットウがいいわよ!」とのこと。スナットウって何? と思って詳しく話を聞いてみると、納豆にお酢をかけたものをそう呼ぶんですって。漢字で書いたら「酢納豆」。そのままでわかりやすい!

 

友人いわく、酢納豆は疲れ目やかすみ目、老眼に効果を発揮するとのこと。でも、本当に普通の納豆にお酢をかけただけで老眼に効果があるのでしょうか? さっそく家に帰ってから「酢納豆」をネットで検索してみると、確かに「酢納豆は老眼に効く」という説や「酢納豆にはダイエット効果がある」という説がありました。

 

確かに納豆もお酢もダイエット食材としては有名ですが、目にいいという話は初耳……。どうして酢納豆に老眼改善効果があるとされているのか、詳しく調べてみたところ、お酢と納豆それぞれに共通の効果があることがわかりました。

 

おかめ納豆で有名なタカノフーズ株式会社のホームページによると、納豆にはナットウキナーゼという酵素が含まれているのだそう。そして、このナットウキナーゼが全身の血栓を溶かしてくれるんですって! 血栓を溶かしてくれるということは、全身の血流がよくなるということですよね。

 

さらにオムロン株式会社のホームページによれば、お酢に含まれているクエン酸も血流改善効果があるのだとか。クエン酸は、ナットウキナーゼのように血栓を溶かす効果はないものの、血小板が必要以上に集まるのを防いでくれるのだそう。ちなみにクエン酸はどのお酢にも含まれているので、お酢の種類は問わないんだとか。

 

そして沢井製薬株式会社のホームページによると、老眼は目のピント調節機能が低下することによって起こるのだそう。そして、このピント調節機能の改善には血行促進が効果的とのことでした。毛様体筋と呼ばれる目の周りの筋肉が、血流によってほぐされる効果があると書かれていました。

 

つまり、どちらも血流改善効果のある納豆とお酢を一緒に摂取すれば、全身の血の巡りがよくなり、その結果目の周りの筋肉がほぐされて、老眼が改善する可能性があるというわけですね!

 

ということは、納豆にお酢を入れて食べることによって期待できるのは、老眼改善効果だけでなく全身の血流改善ということなのかしら? 血液がサラサラになれば、老眼だけでなく他の病気や悩みも解決できそうですよね。

 

今日の夕飯には、さっそく納豆にお酢をかけて出してみようと思います。

 

 

■人気記事はこちら!

 


 

参照:タカノフーズ株式会社

   オムロン株式会社

   沢井製薬株式会社

 

酢を入れると納豆特有の匂いも和らぐみたい
酢を入れると納豆特有の匂いも和らぐみたい

 

イラスト:飛田冬子

 


この記事をマイページに保存

\この記事をみんなに伝えよう/

ページ先頭へ